スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食わず嫌いのタイトル

以前から興味はありました。
でも、芥川賞作家だしなー。
芥川賞受賞作とか読むと、たいてい「へ?何でこれが芥川?」とか思い、「芥川賞ってさ、純文学ってさ…なんだかなあ」と、ため息つくのが常でした。

もひとつ食わず嫌いだった理由は、タイトル。
「わたくし率 イン 歯ー、または世界」ですぜ。
こんなタイトルの小説、読みたいと思いますか、普通?
芥川賞受賞作は「乳と卵」だけど、「ちちとらん」ですぜ。
ラン…ってあんた…

これって、素材見たらおいしそうなのに、いかにもグロテスクな形したスィーツって感じ?
食わず嫌いになってもしょうがないと思う。

でも、今回はやっとマトモ?(いや、私が保守的すぎるのかもしれないけどね)なタイトルだったので、読んでみた。
これです↓


いやあ、まともなタイトルつけてくれてよかった。
ありがとう、作者!
また「イン 歯ー」なんてつけられたら、この作品に出会うことはなかっただろうから。

美しい小説でした。一言で言えば。
斜視ゆえに(と、主人公は思っている)、同級生から残酷ないじめを受ける主人公が、同じようにいじめられている女子生徒・コジマと手紙を交わし、話をすることから、彼らの世界は交わり、どうしようもない現実の中で、何かが終焉を迎える…

「すべてを受容する弱さ」の強さを信じるコジマ。
「世間の教訓なんか嘘だ」と言い切る、いじめる側の百瀬。
どちらの中にも真実を感じ、揺れる主人公。
そこに答えはない。
いじめる側の論理は無茶苦茶だけれど、「無茶苦茶だと思ってるあんたにはわからない」と、面と向かって百瀬に言われたら、私は、彼に何を説けるだろう。
コジマに、「すべてを受容する弱さ」なんか持たなくていいんじゃないかと言ってしまうかもしれない私は、主人公に、何を告げられるだろう。

この作品が美しいのは、大の大人である私に「自分に問う」ことをさせる「哲学」が充ち満ちていることと、
少年の心象風景の描写がとても映像的で、その映像が心にしみいること。
映画が好きな人なら、自分の心の中で映画が一本できるはずだ。
そう、それが「美しい小説」の美しい小説たるゆえんだな。

新しい出会いに感謝。
次からも、とりあえず手に取れるようなタイトル、つけて欲しい!


スポンサーサイト

テーマ : **本の紹介**
ジャンル : 本・雑誌

山本周五郎

もう一年近くもご無沙汰してしまったこのブログ。
読者がいるのやらどうなのやらわからないけれど、これからも時々、読んだ本の感想を書き続けていきます。

さて、ここのところ、通勤時間が長くなって、本でも読まなきゃやってられないという夫に勧めているのが、山本周五郎です。
え?今更?と言う人もいるでしょうが、先日も「樅の木は残った」がドラマ化されてました。
日本人の心の琴線に触れるっつうか、揺らすっつうか、かき鳴らすんですよね、山本周五郎の作品は。
昔のサムライが持っていた「人としての美学」みたいなものが心地よくて。
でも、この心地よさがわかる人って、もう少なくなっているのかも。
「何、この主人公、馬鹿みたい」って言う人とは、友達になれないだろうなあ。
友達作りのリトマス試験紙みたいなものかもしれない。

幸いなことに、夫は大喜びで周五郎を読み、私以上に感動しているようす。
やっば、リトマス試験紙かも。

ちなみに、最近「直木賞作家」より「山本周五郎賞受賞作家」がお気に入りの私。
ま、元々山本周五郎が好きなんだから、当然だけど。
(ちなみに、あんなに騒がれる直木賞の直木三十五さんの作品は読んだことがありません、恥ずかしながら。
あんまり見かけない気がするのは私だけ?
芥川賞と並び称される賞に名前がついているのに、なんか不思議)



私はこの短編集の中の、「わたくしです物語」がお気に入り。
藩内で事件や不都合がある度に、「わたくしです」と名乗って出る主人公と、彼を取り巻く人々とのすったもんだがクスッと笑えて、温かい気持ちになれます。
現代にこんな人がいたら、到底生きてはいけないんだろうけどね。

テーマ : **本の紹介**
ジャンル : 本・雑誌

私も悼んで欲しい~~悼む人~~

やっとPCの前に落ち着いて座ることが出来たので、いの一番に書きたかったこの本の紹介を。
天童荒太さんの新作です。
というより、直木賞を既に受賞された作品なので、とーっくに話題になった本ですが。

天童さんの作品は、ほとんど読んでいます。
(といっても、寡作な方なので、作品数自体そう多くはありません)
名前の通りと言うべきか、「荒ぶる魂」が感じさせられる作品が多くて、その筆力に驚嘆させられ、次々とページを繰りながら、心の中に流れ込んでくるのは、ある種の悲鳴や怒りで、読む側の心の中に沸き上がるのも、恐怖や畏怖、悲憤だったりして、正直好きなのに、怖いといった作家さんでした。
少なくとも私はそう感じていて、読んでしまうんだけど、また辛くなる……というジレンマに襲われつつ手に取っていたのでした。(手に取らざるを得ないのは、本読みの悲しい性なのか、天童さんの筆力なのか……)

でも、今回のこの「悼む人」は違う!
読み終えた後の、この静謐さと厳かさは一体なんなのでしょう。
心にしみいる作品です。つくづくと思ってしまいました。
天童荒太恐るべし!

物語は、とある青年を目撃した人の話から始まります。
自分の親友が殺された場所で、何かの仕草をしていた青年がいたと。
それこそが主人公の「悼む人」でした。
彼は、人が死んだ場所へ足を運び、その死を悼みます。死者がどんな人であろうと、どんな死に様をしようと全く変わりなく。
そう、殺人事件の被害者であろうと、加害者であろうと。
誰に頼まれたのでもなく、なんの宗教に属しているのでもない彼は、自分の貯金を食いつぶしながら、全国通津うらうらを旅し、人の死を悼んでいるのです。
公園で野宿し、粗末なものを食べ、周囲から偏見の目で見られて時には警察に保護されたりする、そんな過酷な旅は、ただ死者を悼むためだけのものでした。
ふとしたことから彼の行動を知ったエログロ専門と呼ばれる雑誌記者は、彼と出会い、その行動を馬鹿馬鹿しいと断じながら、彼のことが気になってたまりません。
その記者だけでなく、まるで惹きつけられるように、自ら夫を殺し刑務所から出てきたばかりの女も彼を追います。
彼の行動に、「死者を悼む」以外の理由を見つけたくて。
彼には故郷に家族がいます。
しかし、人の死を痛み続けている彼の家族にも死の影が差してきて……

人の死を題材にしているのだから、当然の事ながら随所に残酷な事件が記されたり、なんとも共感できない人物が登場します。
それでも、かつての作品のように、心をこじ開けられて、考えなければならないけれど目を背けたい現実を流し込まれる辛さは全く感じません。
ただ、ひたすら願うのです。
もしも自分が死んだら、私も彼に「悼んで」ほしいと。
もしも自分の愛する人が死んでしまったら、彼と共にその死を「悼みたい」と。

この人は誰にどんな風に愛されていたのか、愛していたのか、そしてどんな風に感謝されていたのか。
彼が死者を悼む時に、周囲の人に尋ねるのはこれだけです。
そして、その言葉を胸に入れた時、凶悪な殺人犯でも、生まれたばかりの赤ん坊でも、誰かに愛され、誰かを愛し、誰かに感謝されたことがあるのを知るのです。

つまるところ、人に生きてきた価値や意味があるとすれば、それだけなのかもしれないと思います。
偉業をなしとげたことでも、富を築いたことでも、人の賞賛を浴びたことでもなく。
ただ、人を愛し、愛され、感謝されて人生を送れれば、それが何より素晴らしい。
そして、それを思い浮かべながら「悼んで」もらえれば、まごうことなく「成仏」出来るような気がします。
分かっているようで、実は取り紛れていた人生の真実を、もう一度目の前に広げて見せてくれたこの作品に感謝。

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

もっと言葉を

オバマ大統領のスピーチを集めたCDが人気だそうな。
じゃ、そのついでにこんなのもいかがでしょう?

図書館で見つけて、聞いてみたのだけど、これが、いろいろと考えさせられたんですねぇ。
そんなに英語が堪能ではない私には、正直???という内容もあったけど、さすがにJ.F.ケネディ大統領のスピーチは、「別格」だと感じ入った。
例の、「国が自分に何をしてくれるかではなく、自分が国のために何が出来るか」という、例の有名な就任演説である。
このCDには、トルーマン大統領からブッシュ大統領までの歴代大統領のスピーチが納められているのだけれど、その中でも、やっぱり群を抜いている。
アメリカの国益や自分の任期中の公約だけでなく、自由の精神を世界に広げることの大切さを論じて、世代や国家間を超越しているところが素晴らしい。
オバマ大統領がケネディのスピーチを模範としているというのが良く分かる。

もう一つわかったのが、やはり政治家は「演説」や「言葉」が命だと言うこと。
人気の高い大統領は、みんな、スピーチが上手い。
英語力不足の私にでもわかるくらい、その差は歴然。
感情がこもっているか、強調する言葉が的確か、どのように強調されているか、人の耳に熱っぽく届くかetc.etc.………
フォードやカーターといった、国民に不人気だった大統領は、はっきり言って、その辺がヘタ。
平板だし、妙な声の張り上げ方をするか、あるいはボソボソ語って、おおよそ「スピーチ」とは思えない。
つまりは、国民に届く言葉を発することが出来ない政治家は大統領にはなれない、あるいはなれたとしてもすぐに権力の座を追われてしまうということで、いかにアメリカ人が、大統領の「言葉」に重きを置いているかが分かる。
日本とは全く違うよなあ。
日本人に「言葉」で影響を与えた政治家と言えば、小泉さんくらいだけど、あれは「感動した!」とか「自民党をぶちこわす」とか、1フレーズだったからねぇ。

というわけで、別に英語が分からなくても結構楽しめるCDです。
もちろん、対訳がついているので、訳文を読むだけでも、個性が良く分かる。

面白かったのがもう一つ。
これは歴代大統領の名スピーチ集と言うだけあって、ケネディは就任演説だったり、レーガンはスペースシャトル・チャレンジャー号の事故直後の哀悼の意を伝えるスピーチ、お父さんブッシュは湾岸戦争の勝利宣言、息子ブッシュは、9.11テロ直後の国民へのメッセージだったりで、アメリカの歴史上ポイントとなる時点でのものなのに、なぜかクリントンだけが、モニカ・ルインスキーとの「不適切な関係」についての「釈明」。
外交に関しちゃいろいろ功績もあって、それなりにスピーチもしてるだろうに、なぜか収録されてるのはこれ。
本人としては情けなかろう。
もっとも、「なんでこんな事しなくちゃなんないかなあ」という悔しい真情はよく出ていたし、いずこでも男の言い訳はこんなもんねぇという感慨は持てたから、面白かったんだけどね。

「告白」すると……ミステリに望むもの

今、ものすごく売れてるらしい、ミステリー。
やっと入手したので、早速読んでみました。

とある中学校の終業式。
クラス担任の女教師が、「今月いっぱいで教師を辞めることにした」と別れの挨拶を始めた。
彼女が教師を辞めるのは、ある事件があったからだった。
そして、その日、別れの挨拶をしながら、彼女は生徒達に告げた。
「私の子供を殺した犯人がこの中にいる」と……

巧みです。導入部が凄く上手い。
おかげで、次々とページをめくってしまいました。
ふむう、売れるのも当然、ですね。
もともと第一章の、先生の告発部分だけで、とあるミステリーの新人賞を受賞し、その後の生徒達を描いた部分を加えて、一冊の本にしたそうです。
道理で一章だけで完成されている感じ。
「終業式での先生の告発」という道具立ては秀逸でした。
すらっと読み終えられましたし。

でも、多分、読み直す気にはならないだろうなあ。
中学生くらいからミステリが大好きで、クリスティから始まり、ディーヴァーにいたるまで、いろいろ読んできましたが、どーもここのところ、ミステリに食指が動かない。
もちろん、読んではいるけど、何度も読み返したいという気が起こらないのです。
作品のせいではなく。
日本のミステリやホラーは、今や世界でもトップクラスでしょう。
英語圏の作品ばかりもてはやさず、日本の作家のミステリを読んでご覧さ、と世界の皆様にお勧めしたいくらいです。(大げさ(^^;))

多分、神戸や秋葉原の連続殺傷事件などを経てしまうと、どこか、何か救いのある作品でないと、拒否反応を示してしまうのかもしれません。
私が、宮部みゆきさんやジェフリー・ディーヴァーの作品に惹かれるのは、扱われる事件がどれだけ陰惨でやりきれないものであっても、どこかに、生きていく希望や人間の強さが描かれているからだと思います。
「火車」は、私が宮部さんの最高傑作だと思っている作品ですが、これだって随分酷い事件です。
でも、登場人物の行動に、愛があり、友情が垣間見え、事件の後も、関わった人々が前を向いて生きていくのだろうという希望を感じます。
「模倣犯」にしても、「楽園」にしてもそうだし、次々と人が、しかも大量に死んでしまう「孤宿の人」には、泣かされます。
ジェフリー・ディーヴァーの人気シリーズ「リンカーン・ライムもの」の主人公、リンカーン・ライムは、考えること、話すことは出来ても、首から下は指一本動かすことが出来ないという過酷な生活を強いられながら、事件捜査にあらゆる経験、能力を活かして立ち向かいます。
決してスーパー・ヒーローではない、生身の人間としての苦しみを背負いながら生きていく彼の姿に、ストーリーテリングの巧みさだけでない、ディーヴァーの「人間に対する尊厳」を感じるのです。

ああ、また「火車」が読みたくなってきた。
ディーヴァーの新作「スリーピングドール」も。




テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。