スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食わず嫌いのタイトル

以前から興味はありました。
でも、芥川賞作家だしなー。
芥川賞受賞作とか読むと、たいてい「へ?何でこれが芥川?」とか思い、「芥川賞ってさ、純文学ってさ…なんだかなあ」と、ため息つくのが常でした。

もひとつ食わず嫌いだった理由は、タイトル。
「わたくし率 イン 歯ー、または世界」ですぜ。
こんなタイトルの小説、読みたいと思いますか、普通?
芥川賞受賞作は「乳と卵」だけど、「ちちとらん」ですぜ。
ラン…ってあんた…

これって、素材見たらおいしそうなのに、いかにもグロテスクな形したスィーツって感じ?
食わず嫌いになってもしょうがないと思う。

でも、今回はやっとマトモ?(いや、私が保守的すぎるのかもしれないけどね)なタイトルだったので、読んでみた。
これです↓


いやあ、まともなタイトルつけてくれてよかった。
ありがとう、作者!
また「イン 歯ー」なんてつけられたら、この作品に出会うことはなかっただろうから。

美しい小説でした。一言で言えば。
斜視ゆえに(と、主人公は思っている)、同級生から残酷ないじめを受ける主人公が、同じようにいじめられている女子生徒・コジマと手紙を交わし、話をすることから、彼らの世界は交わり、どうしようもない現実の中で、何かが終焉を迎える…

「すべてを受容する弱さ」の強さを信じるコジマ。
「世間の教訓なんか嘘だ」と言い切る、いじめる側の百瀬。
どちらの中にも真実を感じ、揺れる主人公。
そこに答えはない。
いじめる側の論理は無茶苦茶だけれど、「無茶苦茶だと思ってるあんたにはわからない」と、面と向かって百瀬に言われたら、私は、彼に何を説けるだろう。
コジマに、「すべてを受容する弱さ」なんか持たなくていいんじゃないかと言ってしまうかもしれない私は、主人公に、何を告げられるだろう。

この作品が美しいのは、大の大人である私に「自分に問う」ことをさせる「哲学」が充ち満ちていることと、
少年の心象風景の描写がとても映像的で、その映像が心にしみいること。
映画が好きな人なら、自分の心の中で映画が一本できるはずだ。
そう、それが「美しい小説」の美しい小説たるゆえんだな。

新しい出会いに感謝。
次からも、とりあえず手に取れるようなタイトル、つけて欲しい!


スポンサーサイト

テーマ : **本の紹介**
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰しています。お元気でいらっしゃいますか?
時々覗いては、『あ~、お忙しいのか~・・・。』と思っておりました。

私自身が、最近ブログは放置で、更新はブログペットにお任せ状態です。

また、これからもよろしくお願いします^^。

ありがとうございます

めりいさん、ごぶさたしてます。
ご訪問ありがとう!
これからもぼつぼつと更新していきますので、よろしくお願いします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。