スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京言葉カレンダー

「なまり」が大流行だそうな。
確かに、マシューTVのなまり対決は私も大好き。
きれいな顔した美人タレントがメチャクチャなまってたりすると、不思議や不思議、好感度があがったりする。

しかーし、パリバリの浪速女であるところの私は、大阪弁を「なまり」と言われると、なーんとなく違和感を感じたりする。
大阪弁や京都弁は「なまり」やないでしょ、「方言」でもないでしょ、と思うのだ。
「標準語」より遙かに深い歴史と文化があるでしょーが、と。
それを言い出すと、どこの地方もそうなのかもしれないけどさ。

さて、そんな思いを知ってか知らずか、友人のイラストレーター・ミナちゃんが、昨年おもしろいカレンダーを出した。
「京言葉カルタ付 2006暦」で、まさしく毎月のカレンダーの下に、京言葉を記したカルタがついているのだ。
たとえば、「あねさんろっかくたこにしき なんぞのじゅもんとちゃいますえ」
という文字札と、忍者になった女の子が「あねさんろっかく?」ときょとんとしている絵札が1月の暦の下に並んでいる。
下の部分だけ切り取ってカルタ遊びができるって訳なのだが、一つ一つ選ばれている京ことばがいかにも京都らしくて、そこのミナちゃんらしいベタさが入っていて、ぷふっと笑いつつ、「あねさんろっかくたこにしき」と、自分も口ずさんでみたりする。
楽しい。
「これ、売れるよ」と私は思うのだが、当のミナちゃんは大阪人の割に商売気が薄く(浪速女と言ってもいろいろやわねぇ)、友人間に流れているのみらしい。
ああ、もったいな。
おもしろいのに。
ネットオークションに出してみたらどない?
スポンサーサイト
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。