スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失われゆくもの

結婚してからは、夫の仕事の都合上、長い旅行はできなくなってしまったけど、それまでは旅行が一番のストレス解消だった。
中でもこたえられないのが、ピラミッドなどの遺跡と秘境の旅。
ことに中南米方面の旅行には目がなくて、メキシコ、ベリーズ、グァテマラを旅した経験を生かして、今までに一冊少女小説を書いているくらい(^^;)(→もう絶版だろうなあ。角川ビーンズ文庫から出したんだけど)

素晴らしかったのは、マチュピチュね。
しかも、一般の観光客とは違って、インカ古道を6時間ハイキングしてマチュピチュにたどり着くという行程で、マチュピチュを望む丘の上に着いたとき、おりしも降っていた雨がさーっと上がって、神々しいまでの光が遺跡にさした瞬間には、インカの神に捧げる踊りでも踊りたくなった。
到着した頃には、既に観光客は帰りのバスに乗り込んでおり、マチュピチュの中は空っぽ。
おかげでベストショットの写真をたくさん取ることができた。
夜はマチュピチュ内のホテルに泊まったので、これまた誰もいない朝焼けのマチュピチュを歩いたりして。
通常は朝早くクスコからやってきて、午後にはもうマチュピチュをでないといけないので、遺跡内はどこも行列状態らしい(有名な世界遺産だから当然だけど)。
やっぱりマチュピチュはこのホテルに泊まってこそ醍醐味が味わえる・・と思っていたら、もうそこのホテルに泊まるツアーはなくなってしまったという。
おまけに、マチュピチュの写真によく写っているとがった峰(ワイナピチュ)も、私が旅したときにはしっかり上れて、ワイナピチュからマチュピチュの全貌を見ることができたのだけど、今は落石の危険があるとかで登れなくなっているという。

そういえば、ピサの斜塔も、私が旅したときは登れたのだ。
つるつる滑りやすい床で、ろくに転落防止の柵などもなく、けっこうハラハラしながらだったけど、登って、てっぺんで万歳ポーズとったもんだった。
ご存じの通り、ピサの斜塔は傾き続けて、今では登る人もいない。

チベットに行ったのはもう8年か9年前で、空港からラサのポタラ宮までは、役が畑を耕すのどかな風景が見られ、シャイだけど心優しいチベットの民家の中まで見せてもらうことができた。
ラサの町もどこかのどかで、五体投地をする人たちの姿を目の当たりにして、彼らの信仰の深さを実感したものだ。
ところが、先日同地を旅行した友人によると、空港からラサの町まではハイウェイと呼ぶにふさわしい立派な道路ができ、かつてあの土作りの民家があったところにはニュータウンができているという。
それも、チベットの人々が住むためではない、漢人の移住用だという。
あの恥ずかしげに微笑んでいた少年の住む民家はどうなったんだろう?
きっと立ち退かされてしまったんだろうなあ。
ラサの町には巨大な鉄塔が建てられ、秘境感はまるでなかったと友人は言っていた。

こうして、失われていくものがとても多いことに気づかされる。
数年前に潜った海の珊瑚は白化していないだろうか、行きたくてたまらなかった中東の町は戦火に焼かれていないか、見たかった遺跡は津波にのまれていないか・・
それを考えると、矢も楯もたまらず、世界のあちこちに飛んでいきたくなる。
まだまだ私の見ていないもの、振れていないもの、感じ取っていないものが失われていったらどうしよう、と。
どうしようもないのだけど・・切ないなあ
スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所
ジャンル : 旅行

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。