スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な心地よさ~~かもめ食堂~~

公開中、とっても評判のよかった「かもめ食堂」。
やっとDVDで見ることができました。

フィンランドの首都・ヘルシンキに、一軒のレストランならぬ食堂が。
その名も「かもめ食堂」。
「どこにいても美味しいものは美味しい」
「美味しい鮭にはご飯が合う」
「レストランじゃなく、フラッと入ってこられる店がいい」
という考えを持つ、小林聡美演じるサチエが一人で営んでいる。
なんと、メインメニューは、おにぎりだったりする。
と言っても、開店1ヶ月後も、ただの一人もお客はいない。
店の前を通りかかる人も、中を見てはみるものの、入っては来ない。
やっと来たのは「日本オタク」の青年。
「ガッチャマン」の主題歌を全部知っているかと聞かれ、答えられないサチエ。
「誰だ、誰だ、誰だー♪」までは出てくるのに、その後が何度思い出そうとしても思い出せない。
本屋で出会った日本人女性・ミドリが、フルコーラス歌詞を知っていて、サチエはそのお礼に、ミドリを同居させてやる。
ミドリは、世界地図を広げて指さしたところがフィンランドだったからやってきてやった、というちょっと変わった女性。
片桐はいりが演じているので、ますます変さに磨きがかかっている感がある。
更に、飛行機に預けた荷物が何日経っても出てこない、というマサコという中年女性(こちらはもたいまさこ)も現れ、かもめ食堂を3人で切り盛りしていく。
店でぶっ倒れる女がいたり、
盗人が入ったり、
という事件はあるものの、大事件が起こるわけでもなく、かもめ食堂の毎日は淡々と明け暮れする・・
と、まあ、何とも心地良い映画なのである。
何しろ、大事件が起こらないせいか、ここのところの映画に多い、むやみやたらな効果音がない。包丁が素材を刻む音を、ちゃんと拾って聞かせてくれる。
それだけで、かもめ食堂の食堂たるゆえんが伝わってくる。
女優さん3人の間が、これまたとってもいい。
小林聡美の愛嬌と、片桐はいりのぎくしゃく感、もたいまさこの不思議なまでの落ち着きが、いかにも「甘ったるくない大人のおとぎ話」にふさわしい。
それに、料理がこれまた素敵。
ぷりぷりと脂がのった鮭、切るときにサクッさくっと音を立てるトンカツ、ふんわり焼けた厚焼き卵、今にもシナモンの香りが漂ってきそうな焼きたてのシナモンロール・・
ウチのデブ夫に見せたら、「食べたい!」を連呼するに決まっている。
私ですら、ごっくり喉を鳴らしそうになったくらいだから。
小林聡美さんは、おうちでもしっかり料理をしている人だなと推察できる。
調味料を混ぜ合わせるとか、生地をこねるとか、そんなちょっとした手さばきが、キチンとした家庭料理の作り手であることを伺わせるから。
この映画では、そういうリアリティが大事なんだなあ。
だからこそ、甘くないおとぎ話ができあがる。
かもめ食堂が満席になり、お客たちが嬉しそうにおにぎりをほおばり、トンカツに舌鼓を打っているのを見て、静かなカタルシスを感じた。
いいなあ、こういう映画。
評判がよかったのが良く分かりました。
DVDで見ても、その良さはとても良く分かります。
見たらお腹が空いてしまうのは必定なので、お腹の空き加減と相談してご覧ください。

スポンサーサイト

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

アメリカのTVドラマ

やっと仕事が一段落付いたので、話題のDVDを借りてみた。

主人公のジャックがめざめると、そこは南海の孤島。
そして、そこには、ジャックの乗っていた飛行機の無惨な残骸と、生き残った48人が。
救助を待ちわびる乗客たち。
妊婦もいれば、魂を失ってしまったような老人も、もちろん怪我人、そして、囚人すら紛れ込んでいるらしい。
だが、彼らの乗っていた飛行機は、飛行ルートからはずれていたらしく、救助はなかなか現れない。
そして、その島には、何か恐ろしい生き物が生息し、乗客たちの命を狙っている。
絶体絶命の危機の中、ある時は助け合い、そしてある時はいがみ合う生存者たち。
彼らの運命は?

って、パニック映画の典型みたいな話なんですが、これが、テレビドラマだっていうから驚き。
こんなのがテレビでできるわけ?
この島、どこよ?
まさか、全部CGじゃあるまい?
墜落した航空機が、出てくるよ、ちゃんと。
現物でしょ、これ?
金かかってんなー!!というのがまずもっての感想。

でも、それだけじゃない。
乗客たちのキャラクターのかき分けや、その構成がとっても巧み。
脚本がウマイ!
音もいいんだよねー。
最近の日本のドラマのように、役者のせりふが聞こえないくらいBGMつけるような愚は犯さず、でも、いいところで鳴り出す音は、確実に恐怖心を駆り立てる。
センチメンタルなBGMが流れたりしないところがとても良い。
まだシーズン1の1本目を見ただけだけど、目が離せない!!
うーん、こんなの日本じゃ絶対作れないよなあ。

元々アメリカのTVドラマは充実してたけど、ここのところ益々パワーアップしてきた。
何でも、ハリウッドで作る映画が、膨大な金額の大作か、全然お金をかけない小品かの二極化したことによって、その中間層の制作者、技術者、脚本家、役者がどっとテレビの世界になだれ込んでいて、それがいい効果を上げている、と聞いたことがある。
いやあ、ハリウッドの大作なんか見に行かなくていいわ、わたし。
LOSTの続きと、他の注目作をしっかり見たい。
ああ、でもけっこう膨大にあるのよね。
嬉しい悲鳴、です。

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

おばあちゃんの家

おばあちゃん、という言葉には特別な響きがある。
私はおばあちゃん子だったから。
おばあちゃんは、明治の女らしく、気骨のある人だった。
苦労して、凛と生きた、と思う。
だから、この映画が気になっていて、やっとDVDを借りてきた。
きっと映画館へ行ったらだだ泣きするだろうと思っていたから。


韓国にまだこんなところがあるのか?というような田舎に、ソウルから男の子がやってくる。
可愛くない孫である。
都会っ子でわがままで。
母と子だけで、母親は仕事が忙しいのだろう、おもちゃだけをたくさんあてがわれてほっとかれたようなふしがある。
その母が男にだまされ、職も失ったので、次の仕事を見つけるまで預かって欲しい、とその子を連れてきたのだ。
おばあちゃんは、耳は聞こえるが口はきけない。
極貧らしく、傾きかかった扉もないような家で一人暮らしている。
電灯はかろうじてついているが、水道はないような生活だ。
すっかり腰が曲がっているのに、水くみから何からすべて一人でしている。
転がり込んできた孫は、寂しさからか、田舎の暮らしになれないからか、わがままの言い放題。
おばあちゃんの靴を隠したり、かんざしを持ち出したり、まあ憎ったらしいのである。
でも、おばあちゃんはそんな孫を決して叱ろうとしない。
孫の望みを叶えてやろうと精一杯のことをしてくれるのだが、何たって、「ケンタッキーフライドチキンを食べたい」なんて願いは叶えてあげられない。
意味は分からないながら、身振り手振りで鶏だと言うことだけはわかったおばあちゃんは、苦労して鶏を手に入れ、丸ごと1羽料理して孫の前に差し出すのだ。
きっとおばあちゃんにとっては十年、イヤ半生に一度のご馳走に違いない。
もちろん孫は感謝しない。
「ケンタッキーって言ったじゃないか」と罰当たりなことを言って泣くのである。
それでもおばあちゃんはイヤな顔をせず、孫の願いを何とか聞いてやろうとする。
そんなおばあちゃんの優しさ、愛情を、さすがの孫も理解していく。
けれど、その時にはもう二人に別れが迫っていた・・

やばかった。
予想通り、映画館で見てたらダダ泣きだった。
今思い出すだけでも、なんかじーんとするくらいだから。

懸命に生きている人は尊い。
すごくシンプルなことを改めて実感させてくれる。
孫に靴を隠されたら裸足で歩くしかない、
かんざしを持ち出されたら、スプーンを髪に挿すしかない、
そんな貧しい暮らしの中で、おばあちゃんは、近所の年寄りに気を配り、時たま会うだけの老女にも優しい気遣いを見せる。
孫のわがままに怒らず、すべてを愛情でくるみこむ。
そんなおばあちゃんの前では、お金やものはとても薄っぺらに見える。
おばあちゃんの人生は尊く、おばあちゃんは貴い人だ。
もうそんなおばあちゃんはいなくなってしまったんだろうなあ、と改めて思う。
そんなおばあちゃんが生きていた時代が、一番豊かな時代なのだと。

韓国映画、やっぱり、パワーがある。脱帽。

テーマ : 韓国映画
ジャンル : 映画

親切なクムジャさん

映画館で見たかったのに見逃してしまった韓国映画、「親切なクムジャさん」をやっとDVDで見た。
やられた、やられたました!
韓国映画のパワーを見せつけられました。

私は元々とってもへそ曲がりで狭量なもので、世の中が韓流ブームに湧いているときは、テコでも「ソナタ」とか見るまいと思っておりました。
通っているスポーツクラブで、「ソナタ」の録画を貸し借りしているおばさんたちに声をかけられちゃあ大変と避けてました。
まさか、熱狂している人たちに「ベとかピとか興味ないんです」とも言えないしねぇ。
それでも韓国映画だけはちらほら見てました。
その時から「やるなあ、韓国映画」と思ってましたが、ううーん、ここまでやるとは、って感じ。
辛い話です。
4つで殺されてしまった男の子と、その子を誘拐し殺したとして捕まった美女・クムジャさんの話ですから。
刑務所内で、クムジャさんは「親切なクムジャさん」と呼ばれ、慕われてました。
牢名主の「魔女」にいじめられていた受刑者たちをことあるごとに救ってやったからです。
でも、釈放されたクムジャさんは、「もう親切はやめた」といい、謎の行動をとり始めます。
真っ赤なアイシャドウ、真っ赤なハイヒール、部屋には怪しげなろうそくを焚き、勤務先の若者と関係を持ち、殺された男の子の両親の前で、「お詫び」に自分の指を叩き切る・・
そんな奇行を繰り返すクムジャさんの真のねらいは・・
そして驚くべき結末とは・・

残虐なシーンも多いけど、画面から目が離せない。
迫力、愛するものを奪われた人間の悲しみ、慟哭、悲しみだけではない複雑な感情、生きていくことの皮肉さ、それを浄化するような真っ白な雪と、消せない悲しみを象徴するかのような血の赤・・
圧倒的な迫力を持って迫ってきます。

俳優陣の演技も見事。
特に主役を演じたイ・ヨンエは、清純なときより、おどろおどろしい姿の方が魅力的で美しい。

韓国では、金大中大統領が自国の映画を手厚く保護してきました。
その結果がこれだとしたら、小泉首相も要らない道路作るお金で映画振興政策をとってもらいたいもんです。
韓国も外圧に負けてハリウッド映画が流れ込んでくるそうですが、この分じゃ全然大丈夫。
日本も、「泣ける映画」もいいけど、これくらいのパワーを感じさせる作品を撮ってもらいたい。
韓国映画ビギナーの夫は偉く感動しておりました。
韓国映画になじみのない人でも、きっとこの強烈な魅力にやられてしまうことでしょう。
一緒にやられちゃいましょう(^^)



テーマ : 韓国映画
ジャンル : 映画

ラブコメ気分3~猟奇的な彼女~

こちらはかなり前の作品です。
私、韓流ドラマはダメなんですけど(ペ・ヨンジュンとか、どこがいいのかちっともわからないーーなーんてこと書いたら、ファンのおばさまたちに叱られそうだけど、多分このブログの読者に韓流好きな人はいないと見た、証拠はないけど)、韓国映画は好きです。
このところ、邦画も好調ですが、韓国映画はその前から話題でしたよね。
当時の金大中大統領が、映画産業の保護と育成に国として取り組んだ成果かもしれません。
小泉首相も、どうせミーハーなら、映画産業に力を入れて欲しいものです。

話を戻して、
この「猟奇的な彼女」は、公開当時、かなり話題を呼んだ作品。
ぐうたら大学生のキョヌは、小心な男。
理想のタイプの彼女を電車内で見かけるけれど、その彼女、ぐでんぐでんに酔っている上に、年長者に席を譲らない若者にケンカを売ったりするような無謀なタイプ。
なのに、何の因果が、酔っぱらった彼女を介抱する羽目に。
そんな出会いがたたったのか、彼女に呼びだれては無理難題を押しつけられ、逆らおうものなら、すぐビンタされ、殴られ、いつもヨロヨロ。
もちろんキス一つさせてくれるわけじゃなし、そのくせ他の女の子をナンパしようものなら「殺してやる」と言われ、逃げまどうキョヌ。
でも、そんな二人の関係に終止符を打つ日がやってきた。
それは・・

ってなストーリーで、うん、なかなかお茶目で、最後はほろっとこさせる正統派ラブコメです。
やっぱやるよなあ、韓国。
他にも話題の映画がいっぱいだし。
目が離せないかも。

ちょっと前までは香港や台湾の監督がいいラブストーリー撮ってたんだけど、人気が出るとハリウッドに行っちゃうんだよねー。
そうそう、ラブコメ気分2で取り上げた「メイドインマンハッタン」の監督はウェイン・ワンでした。
そりゃああの監督なら、出来がいいはずと改めて納得。
映画って、監督の力がやっぱり大きいなあ。
がんばれ、日本の映画監督! (もっとも、今は日本の監督も負けてないようですが)

テーマ : 韓国映画
ジャンル : 映画

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。