スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見なければ・・恐ろしいことになってしまいますよ

例えば歯医者で、奥歯なのにセラミックを入れてもらった時。
あるいは、内科や外科で診断書を書いてもらった時。
「ゲッ!」と思わず声を上げるほど高かったりしませんか。
歯医者だと保険のきかないセラミックなんかを使ったら50~60万かかるし、
診断書一枚が3万円とか言われると頭クラクラします。
それだけ「保険」って大きいんですよ。
たとえ今や3割負担になろうとも。
でないと、盲腸切るのに100万とか、骨折直すのにン十万とかかかってしまいます。
うっそー、でしょ。ですよね?
それが当然なのがアメリカ。
その現実を描いたのがマイケル・ムーア監督の「シッコ」です。
(日本語では響きが悪いけど(^^;)、sick、つまり、病気ですわね)
恐るべき事例が続々出てきます。
ある男性は、ある時、電動ノコだかなんかの事故で、指を2本切り落としてしまった。
そのうちの1本、中指をくっつけるのに700万円以上、薬指だと120万円。
保険に入っていなかったその男性は、泣く泣く薬指だけくっつけることに。
ぎゃひー。
ま、この人は保険に入っていなかった。気の毒だけど。
じゃ、保険に入っていれば大丈夫なのかというと・・
奥さんが編集者、旦那さんが機械工の共稼ぎ家庭で、三人の子供も一流大学に出した中産階級夫婦は、夫が心臓病、妻が癌にかかってしまったおかげで破産。
ええ、もちろん、医療費のせい。
この夫婦は当然の事ながら、ちゃんと保険に入ってた。
なのに、医療費が出なかったんです。保険金が下りなかったから。
他にもその手の話はわんさか。
ずっと掛け金を払い続けていたのに、癌になったと申告した途端、「そんなに若いのに癌のハズがない」と保険金支払いを拒否された22歳のシングルマザー。
若すぎて癌じゃないってどういう事?
この他にも、痩せ過ぎだの太り過ぎだの、いろんな難癖をつけちゃ、保険金を降ろさない。
何でも、顧客からの保険受け取りの申請を却下するための部署があって、保険金を出すのを拒否できれば出来るほど、担当者は出世するという。
この他、保険会社の非道ぶりはこれでもかと言うくらいに出てくる。
深夜、急に高熱を発した子供を運び込んだ病院は、その子の母親がかけていた保険では治療できないといい、かけていた保険会社が指定した病院へ行けという。
高熱で一命を争う子供を、ですよ。
結局その病院に転送されたけど、間に合わず、子供は死亡。
まだありますぞ。
保険会社が経営している病院では、治療費が払えない患者をタクシーに乗せて捨てに行かせるんですってさ。
身寄りのない人を収容するシェルターの前に、タクシーから放り出されるように捨てられる患者達。
彼ら彼女らは、病院着のまま、病院名が解らないようにタグなどをはぎ取られた状態で放置される。
これ、アメリカの話ですよ。
あの経済大国、世界の警察を自認し、「人権」を錦の御旗のように掲げるアメリカ。
戦後、日本人が憧れ、あんな国になりたい、あんな風に豊かに暮らしたいと熱望した国。
マイケル・ムーア監督自身、愕然として言うのです。
「僕はアメリカがこんな国だと思わなかった。僕の中では、アメリカ人というのは、親切で気のいい人達ばかりだったんだ」と。
そのアメリカは、9.11、グランドゼロでボランティアとして負傷者の救助や遺体の搬送にあたって病気になってしまった市民を、時刻の保険制度、医療制度ではキッパリと切り捨ててしまってます。
ムーア監督は、彼らを連れてキューバのグアンタナモ基地へ。
そこでは逮捕されたアルカイダのメンバーが、アメリカでもトップクラスの治療を受けられるのだとか。
せめて、アルカイダのメンバーと同じように、ボランティアとして働いた祖国の英雄に治療をと訴えるムーア監督。
結局、彼らを治療してくれたのは、なんと、長年国交を断絶し、敵国視しているキューバでした。
キューバは国民皆保険制度。
外国人であるアメリカ人もただで看てくれるのです。
「あなた方の働きは素晴らしい」とキューバの消防署の人々にハグされ、涙をこぼす彼ら。
まさしく泣きたくなるでしょうよ。
祖国に切り捨てられ、敵だと思っていた国の人々に親切にされるんだから。
しかも、彼らがアメリカで買わなければならなかった薬は、一瓶が1万円以上。
なのにキューバでは1ドルもしない。
確かにキューバは社会主義国だから、医療費がタダでもあんまり驚かないかもしれない。
でも、アメリカのお隣カナダでも、本国?であるイギリスでも皆保険制度なので、病気の治療にお金はいらないのです。
翻って我が日本。
マズイ、危ない、ヤバイ!
このまま行ったら、行く末はアメリカですよ。
「みんな、自分の面倒は自分で見よう」ってなキレイ事にだまされちゃいけません。
自分の子供が高熱を発した時、苦しんでいる子供を、遠くの別の病院へ搬送させたいですか?
指が折れたり、切れたりした時、持っているお金の額で、どの指かを犠牲にしますか?
家族が重病にかかったら、破産しても仕方がないですか?
癌になっても、「若すぎるから癌じゃない」とか、「年寄りだから進行しない」とか言われたいですか?
冗談じゃない!私は断固としてイヤです!
この後、「痛みを伴う構造改革」とやらで、ますます医療費が切り捨てられ、国民皆保険制度が無くなってしまったら・・
私達はシッコに登場する多くのアメリカ人同様の末路をたどるのです。
だから、ぜひとも、厳しいなんて言葉を通り越して、悲惨なまでのアメリカの現実を見ないといけないです。
そして、その轍を踏まないように、政治家達が、保険会社が、製薬会社が、私達に不利益なことを企んだ時には、それを察知して、企みをつぶさなくてはなりません。
ありがとう、マイケル・ムーア。
人が好くて、政治に関心の薄い日本人にも警鐘を鳴らしてくれて。
そしてみなさん、アメリカに行く時には、絶対に絶対に海外旅行保険に入っていくんですよ。
現地で病院に行ったら破産してしまった・・ってのは、冗談ごとじゃないんですから。
スポンサーサイト

テーマ : シッコ
ジャンル : 映画

悲しく美しいおとぎ話「トンマッコルへようこそ」

公開中の映画・「トンマッコルへようこそ」を、夫と一緒に見に行った。
宣伝を見たときから絶対見に行こうと決めていた韓国映画だ。
さすがに良いよ、韓国映画。
泣かされる、とは思っていたけど、やはり。
隣で見ていた夫は、途中から、「えぐっえぐっ」と泣き始め、終わったときには、頬には目の幅涙の跡が。
そこまで泣くか。
まあ、気持ちは分かるけど。

トンマッコルはとんでもなく山深い奥地の小さな小さな村。
時は朝鮮戦争のまっただ中、北朝鮮の人民軍と、韓国とアメリカの連合軍が血で血を洗う戦いを繰り広げている。
なのに、この村の人たちはみんな、どこかネジでもゆるんでるんではないかと言うくらいお人好しで、勤勉で、優しい。
この奥地の村までは戦火は届いていなかったのだ。
しかし、連合軍のアメリカ人大尉の乗った飛行機が、村のはずれに墜落する。
続いて、人民軍の生き残りの3人と、連合軍衛生兵と脱走兵が、それぞれ相次いで村へ落ち延びてきた。
もちろん、出会ったが最後、互いに殺し合う定めの兵士たちである。
ところが、この村の住民は、兵士たちの恐怖も、銃の怖さも、まったく知らない。
「なんだか、気の立った連中が来たなあ」くらいの感覚で、銃を向けられながらも、畑を荒らすイノシシの心配をしているくらいなのだ。
当然、兵士たちも拍子抜け。
しかも、彼らのせいで村の食料が亡くなってしまったこともあり、彼らはしばし休戦して、収穫作業を手伝うことになる。
豊かな自然、疑うことを知らない純朴な人々とのシンプルな暮らしに、それぞれ心に傷を負った兵士たちも、少しずつ癒されていく。
そして互いに友情が芽生えた頃、アメリカ人飛行士を探し、物資の安全な輸送路を確保するため、連合軍が兵士を差し向けてきた。
このままでは、このトンマッコルが、連合軍の攻撃の対象になってしまう。
村を守るために、兵士たちは互いの立場を超えて立ち上がった。
しかし、たった5人の兵士たちが、強大な連合軍の飛行体にどうやって立ち向かうのか。
その結末は・・

というようなストーリー。
夫は、「元々南北に別れることになったのも、その前の戦争のせい。日本に大きな責任があるのに、この戦争の頃は、せっせと武器を作って戦争特需で経済成長してたんだもんなぁ。見てるのが辛かった」と言う。
うん、それはそう。
でも、私がこの映画を見てずっと思っていたことは、「文明の利器」や「進歩」や「発展」と私達が呼んでいるものは、人を幸せにしないということだった。
もちろん今の世の中、こんなに美しく、争いのない、牧歌的な村は、おとぎ話の中にしか存在しないだろう。
けれど、人間はずっと、トンマッコルのようなシンプルな営みの中で、互いに支え合って生きていくことを学んできたはずなのだ。
他人よりも先んじて、他人よりも豊かに、他人よりも優れていると思われたくて・・そんなさもしい現代人の価値観が、いかにつまらないものか。
この映画はそれを教えてくれる寓話だと思えた。
夫の言うような面ももちろんあって、痛烈な反米映画と見ることもできる。
いろんな事を感じさせてくれる、美しくて悲しすぎる映画。
それってとてもいい映画って事だよね。

個人的には、脱走兵のピョ少尉がお気に入りました。
しかし、韓国映画、パワーがあるなあ。
目が離せません。

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

前評判以上!「フラガール」

前回までのテンプレートが、少し読みにくいものだったので、模様替えしてみました。
これで少しは読みやすくなったかしらん?

さて、見に行きたい!と思い続けてなかなか行けなかった「フラガール」、やっと映画館へ足を運ぶことができました。
前評判は上々だったので期待していたのだけど、いやいや、期待以上の佳作です。
実話をベースにした、廃れゆく炭坑町とそこに働く人々、流れ着いてやってくるダンス教師の交流と再生が、笑いあり、涙ありでつづられ、見終わった後の爽快感と高揚感は、ここのところ見た映画の中でも最高のものでした。
脚本は緻密でキャラクターをよく活かしているし
俳優陣は脇役に至るまで輝いていたし(中でも、蒼井優、松雪泰子は最高!)、ダンスもよく練習されていたし、
俳優の演技力を引き出す名演出だと思うし、
美術は見事に昭和40年代の炭坑を再現していたし、
フラの振付も華やかで目を惹いたし、
ジェイクシマブクロの音楽は、フラの魅力を再認識させてくれたし・・
言うことナシでございます。
ラストのダンスシーンは、思わず私も踊りたくなるほどでしたわ。
今までの「ムームーを着たオバサンが手と腰をもにょもにょ振っているダンス・・という「フラ」のイメージを一新させてくれました。
はあ、満足。
いいもの見させていただきました。
何か一つでもアラを見つけるとすれば・・トヨエツの髪型くらいですかね。
炭坑夫に、パーマヘアがいたとは思えなーい(^^;)

テーマ : フラガール
ジャンル : 映画

THE有頂天ホテル

うちの近くにシネコンができ、昨日はレイトショーをしていたので、やっと三谷幸喜さんの「THE有頂天ホテル」を見に行った。
正直言って、今までの三谷さん監督作品は、「うーん、これ、やっぱ舞台でやればいいのに」というのがほとんど。
監督作品のみならず、「ラジオの時間」にしても「笑いの大学」にしても、舞台を見た人間にとっては、「うーん、これはやっぱり舞台で」と思ってしまうのだった。

で、「THE有頂天ホテル」。
うん、これはまさしく映画のための脚本で、映画で作って正解ね、というか映画でなきゃできないよねという作品だった。
話題になっていたキラ星のような俳優陣(いやあ、もう、あんまり次々注目の役者さんが出てくるので、おっかけるのが忙しい忙しい)、
ホテルという空間を縦横に使った展開、
セットや照明の、「古き良き映画」感・・
どれをとっても「THE映画」って感じ。

お話もおもしろうございました。
三谷さんの本領発揮。
みんなどこか情けなく、でも愛すべき人間たち。
彼らが引き起こす、くだらなくも笑えてほろりとさせる事件の数々。

やっぱ圧巻は俳優陣ですかね。
以前から大好きだった佐藤浩市さんがここでもピカイチに素敵で、「この人はなんでこう、すごく実力があるのに何でかすっころんで挫折しちゃう人がこれほどはまるんだろう」と、またまた感嘆。(惚れます。現実世界にいたら、間違いなく惚れてしまいます)
もちろん、役所広司さんやら、西田敏行さんやら、伊東四朗さんやら、角野卓造さんやら、もーみんなうまいの。さすがのベテラン勢ですわ。
途中で出てくる歌が、甲本ヒロトさん作だったりして、これまた納得。
(だって妙に耳に残るんだもん)

はああ、おもしろかった。
ちなみに観客動員数もこれまでとはダンチにいいらしい。
三谷さん本人がテレビに出て宣伝しまくっているという影響もあるらしいのだけど、もう宣伝はいいから、次の作品に取りかかってくださいよ。
もちろん、今度も佐藤浩市さん出演でお願いしたいものです。はい。

テーマ : THE有頂天ホテル
ジャンル : 映画

in her shoes

もうすでに売れっ子になっている女優さんで、それなりに以前は好きだったけど、なんか見慣れちゃったのよね・・という人が主役をしていると、何となく「見たい映画」からはずしてしまったりする。
この「イン・ハー・シューズ」がそれ。
主演はキャメロン・ディアス。
きれいなんだけど。可愛いんだけど。なんか、わざわざ見に行くほどでもなぁ・・なんて思ってしまってたの。
それが、「見ておいた方がいいよ」というオススメがあったので、近くにシネコンもできたことだし、ま、行ってみっか、と極めて軽ーい気持ちで出かけた。
そしたら、これがなかなか良かった。意外にも。
キャメロン・ディアス扮するマギーは、ルックス(特にカラダ)が自慢。
っていうか、取り柄はそれ以外になし。
小さい頃から学校の成績はさんざんで、何かと言えばトラブルを引き起こす。
美しいカラダをえさに男にたかるのが得意という、絶対家族とか友人にしたくないタイプ。
本当はそれなりに働きたいと思ってるのだけど、やることなすことドジばかりだし、読字障害で、文章は読めないし、計算もできない。
そんな彼女を、継母はもてあましていて、ついに家を追い出されてしまう。
転がり込んだのは、弁護士をしている姉のローズの家。
こちらは学業優秀、ワーカホリックの弁護士だが、容姿はマギーに比べてダントツに劣る。
容姿についてのコンプレックスは根深く、自分に自信が持てないでいる。
それでも事務所のボスと関係を持って、彼に恋しているのだけど、転がり込んできたマギーとの争いの中で、恋を失い・・
二人は壮絶な姉妹喧嘩をしたあげくに、マギーは姿を消し、ローズは仕事を辞めてしまう。
そして、それぞれが孤独の中で自分と向き合っていく。
やがて、彼女たちの母親の悲しい過去を知り、どれほど深く姉妹が助け合い、互いをよりどころとしてきたかを感じる。
どんなにののしりあい、争っても壊れることのない絆・・
姉妹愛ってのもいいもんじゃないのとほろりとさせる結末。

キャメロン・ディアスがもう、とってもカワイイ。
どんなにカラダを誇っても埋められなかったコンプレックスが軽くなった瞬間の笑顔が、最高。
あのシャーリー・マクレーンが姉妹の祖母役で出ていて、これまたいくつになってもキュート。
実は私が気に入ってるのは、レストランでメニューをオーダーするのが上手い男。
「僕のオーダーするものを食べたら、一生僕と食事がしたくなるよ」なんて口説かれたら、ほいほい乗っちゃいます、私。
また、ほんとに上手いんだよね、日本食レストランに行ってウニとマサゴとタラを頼んだりするのよー。
「おぬし、できるな」と思ってしまった。
アレ、なんか主題とずれてる?(^^;)
いやいやアメリカ映画って、脇役がいいのよねぇ。
ってことで、多分、もうすぐ公開が終わってしまいそうな気配なので、お見逃しなく。

テーマ : 今日見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。