スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脚本を読む

「脚本を文学として読んで欲しい」「文学として読まれる脚本を書く」ということを提唱していたのは、故・野沢尚さんだ。
けれど、実際のところ、ドラマや映画、舞台のシナリオをそのままシナリオとして読む機会は少ない。
ノベライズは山ほどあるのに。
敬愛する向田邦子さんの作品も、手に取りやすい文庫になっているのは小説スタイルなのだ。
一つには、シナリオをそのまま読むのに慣れていない読者が多いことがあるだろう。
でも、私は案外シナリオをそのまま読むのがすき。
せりふや、ごく最小限の場面設定をそのまま追っていくと、自分の頭の中で映像が展開していく。
どこよりもラグジュアリーでゴージャスで、なのにお金のかからない映画館に行っているようなもの(^^)です。
情景描写や解説など、特価の視点の動きにつきあわなくて良いので(良くできた小説は、その視点の揺れを追うのが楽しいのだけど)、登場人物の心の動きをより鮮明に受け止められる。

というわけで、私の本棚にはシナリオ作品集が何点かそろっているのだけど、その中でもお気に入りが、これ。
「さよならお竜さん」(倉本聰コレクション7)
昭和55年7月の放送とあるから、25年前!
見たことのない人がほとんどかも。
私は見た。
笑わされて、ほろりとさせられた。
主人公は岩下志麻演ずる一流企業のベテラン秘書。
仕事ができて、口が堅くて役員の信頼厚く、美人で・・なのに処女。
今で言う「負け犬」のハシリだけど、この当時の「負け犬」は、自由を謳歌してばかりはいられない。
周りは「結婚するのが当然」「寿退社が当然」の人たちばかり、同年代の女性社員などまわりにいやしない。
役員秘書という立場柄、近場で安易な恋愛をするわけにも行かず、めぼしい男にも出会えず、ましてや処女の重みにあえぐお竜さん(彼女のニックネーム)。
それが、緒方拳扮する謎の多い男性と知り合い、めでたく?(^^;)処女喪失。
彼にのめり込んでいくお竜さん。
けれど、男には、車いすにのる妻がいた!
そして、男にはもう一つの謎が。
お竜さんは、男と会社を巡る大きな渦の中に巻き込まれていく・・

このときの岩下志麻はかわいかった。
後に極妻になるとは思わず(^^;)
もちろん、権高でタカビーな秘書だったりするのだけど、合間合間に見せる不安、切なさが痛いほどわかった。
何しろ私は中学1年生にして自ら「独身主義」を決め込んでいた(実際夫と会わなければこの主義を全うしていたに違いない)から、お竜さんに共感できたのだ。
独身主義とはきっと孤独なものであろう、と。
そして、お竜さんのように仕事ができても、孤独にあえぐこともあるのだろう、と。

全編に漂うユーモラスでこじゃれた雰囲気(倉本さんは、かなりフランス映画を意識されてたんじゃなかろうか)や、芸達者な役者たちの掛け合いも楽しめた。
もう一度みたい!
でも、「北の国から」は飽きるほど(失礼(^^;))放映されたのに、他の作品は全然お目にかかれない。
惜しい!
これは倉本さんの作品に限ったことではなく、当代の脚本家たちの、脂の乗った時期の作品がテレビ局の保管室に眠っているのはもったいなさ過ぎる。
昨今は、ケーブルテレビで時折昔のドラマや邦画を見ることができるけど、こうした作品が取り上げられない。
番組選ぶセンスがないよ、と毒づいてしまう。

さあ、見たくなった人、せめても脚本でお楽しみください。
せりふのやりとりだけで十分楽しめますぞ。


スポンサーサイト

テーマ : 蔵書リスト
ジャンル : 本・雑誌

島崎今日子さんの本

欧米にはよく知られたインタビューライターという人たちがいるそうだけれど、日本にはまだまだ、「この人がインタビューしてるからおもしろそう、読んでみよう」という人は少ない。
島崎今日子さんは、その日本では希有なインタビューライターだと思う。

実はこの方、友人の友人でして。
何度かお会いしたことがあるのだけど、ひょろっとしたスレンダーな体で、さらさらっとした大阪弁(大阪弁って通常は結構こってりしてますが)をしゃべり、なのに存在感があるという人でした。
オススメしたのはもちろん、友人の友人だから、という理由ではなく、インタビューする相手に当てる照明のようなもの(その人のその人らしさを一番表している部分)の角度がとってもいいことです。
島崎さんにその照明を当てられると、くっきり人物の陰影が浮かび上がってきます。
それは、インタビューされる側にとっては嬉しいことだったり、困惑することだったりするかも。
有名になって、インタビューされるとしたら・・ちょっとコワイかも。
精神の贅肉とかが映し出されてしまったらたまりません(もちろん、それを暴く、という人ではないんだけど)
「きゃー、そこには照明あてないでー」って感じかな。

お薦めの本は「この国で女であるということ」
アエラに連載された「現代の肖像」を集めたものです。
ここにもきらびやかでゴージャスな女性たちが登場しますが、今までその人に持っていたイメージが変わるかも。
それも照明の当て方、なんでしょう。
きゃー、マーケットプレイスではこんなに安くなってるのね。
びっくり。お買い得かも(^^;)



テーマ : **本の紹介**
ジャンル : 本・雑誌

まことに残念ですが

今日も10年くらい前に出た本の紹介。
でも、ご安心あれ。
これは文庫になって出てます。
お読みになった方も多かろうが、あえて取り上げます。
天気の悪い気分の落ち込む日には良いのですよ。
なにしろこの本が出たとき、私、飛びついて買いました。
そのころ(今もだけど)、仕事で不遇が続いていた私は、この本に大いに慰められた。
えーっと、どんな本かというと、大文豪、著名作家が書いた原稿の「不採用通知」を集めたもの。
結構すごい断り文句が並んでます。
「寒い国から帰ってきたスパイ」スパイ小説家として名高いル・カレの代表作をして、
「ル・カレのことなどどうでも良かれ----将来性ゼロ」なんて言い切ってます。
「チャタレイ夫人の恋人」は、「ご自身のためにも、これを発表するのはおやめなさい」と断られてます。まあ、この作品は当時としては過激な物だったからやむを得ないのかもしれませんが。
ヘミングウェイも、クリスティも、プルーストも、パール・バックも断られてました。
このような方々と同じとは思わないけど、なにがしか希望が出てくるのは確かです。
要は、あきらめ悪くていいんだー、ってことですね。
これらの断り文句でめげて、これらの作家がどこにも作品を売り込まなければ、私たちは「オリエント急行殺人事件」も読めず、「大地」に感動することも出来ず、「白鯨」の映画を見ることも出来なかった。
うーん、考えてみると恐ろしい。

大家と呼ばれる人たちだって、挫折はした。
いわんや小人においては・・
ってことで、元気出してPCに向かいましょう。
これを読んだあなたが勇気を出し、いつか売れっ子作家になったら、「あとがき」の謝辞に私の名前を入れてくれてもよろしくってよ(^^)
参考まで、こんな本です。↓

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

熱くて厚い本

えーっと、今日紹介する本はとってもふるい。
1987年の出版。
約20年前。
当時で1800円。
高い。
当時にすりゃ、そりゃ高かった。
その年の私の経済状態じゃ、「キヨブタ(清水の舞台から飛び降りるって奴ね)」で買ったんだろうと思う。
でも、それだけ価値があったのです。
もう、絶対手放せない。
何度も何度も引っ越したり本の整理をしたりした中で生き残ってきた本。
多分、これからも手放すことがない本。
「女の仕事」(残間理江子 編 朝日新聞社刊)
どんな本かというとですね、すごいですよ。
1986年の12月、青山のスパイラルホールで10日間にわたって連続座談会をやった。
そのトークセッションをまとめたものなんですが、登壇した人たちがすごい!!
当時の、いや、未だにきら星のように輝く、各界の女性陣がぞろぞろ。
漫画家・里中満智子、作家・高樹のぶ子、詩人・伊藤比呂美、女優・高橋恵子、作家・佐藤愛子、歌手・淡谷のり子、政治家・土井たか子、作詞家・阿木燿子、ファッションデザイナー・コシノジュンコ、物理学者・猿橋勝子、、漫画家・内田春菊、柴門ふみ、、イラストレーター・福山小夜、実業家・大屋政子、衣装デザイナー・ワダエミ、脚本家・橋田壽賀子etc,etc,総勢105人の、日本を代表する女性たちがまさに結集!って感じ。
当時29才の大竹しのぶは、幼少からの生い立ちを語り、それが「生活保護を受けてた」なんて言うくらい話なのにあっけらかんとしていて、さすがにカリスマ的魅力を持つ女優の片鱗を見せてくれていたり、
なんと、漫画家の萩尾望都さんまで登場し、宇宙飛行士の内藤千秋さん(向井千秋さん、結婚前ですな)と宇宙について語ったりしてる。
こんな贅沢なセッションがありましょうか?
ああ、ぜひこの目で見、この耳で聞きたかった!

プロデュースしたのは残間理江子さんで、山口百恵の自伝をプロデュース後、辣腕をふるっていた、いわば最盛期ですね。
いやあ、いい仕事です。

どうです?読みたくなったでしょ?
こういう本は、図書館とかに残ってて欲しいなあ。

かろうじてアマゾンにはありました(ユーズドだけど)

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

ベストセラー小説を書くには

このブログの読者の方の中には、小説やシナリオなどを書きたい方もいらっしゃるので、そうした方々にオススメ。
ディーン・R・クーンツの「ベストセラー小説の書き方」(朝日文庫)。
クーンツは、ご存じの方も多いだろうけど、スティーブン・キングと並び称される、アメリカの売れっ子作家です。
「ウォッチャーズ」とか「ストレンジャーズ」などの作品で名高い。
ちなみに「ウォッチャーズ」は、私の大好きな「わんこ」の話なので、ハラハラドキドキ時に泣きながら読みました。
(ちなみに私は、人間がどんなに残虐な目にあったり、悲恋で死を遂げたりしても--タイタニックとかね--ちっとも涙がこぼれない冷血人間ではあるが、犬が苦境にたったりした日にゃあ、もう駄目です。涙ボロボロ。南極物語は、ストーリーより、タロとジロが走ってくるシーンだけで号泣しました)

話がそれちった。
で、これです、ベストセラー小説家自身が描く、「ベストセラー小説の書き方」。
親切です、この人。
きっといい人なんだろうなあ。
(作品も安心して読めます。でも、そこがキングまでイッテないところなんだろうなあ)
アメリカの出版市場の現況からストーリーラインの組み立て、登場人物のキャラクター付けなど、売れる小説を書くにあたって必要な要素を、自分の著作を使って具体的に説明してくれています。
この「具体的」というところに、クーンツの親切心が良く出ています。
巻末には、「読んで読んで読みまくれ」という、オススメ作家、作品の一覧までついてて、さんざん接待を受けたあげく、「まあまあ、おみやげまでご丁寧に」という気持ちになります。
もちろん、アメリカの市場を意識したものなので、日本にはそぐわなかったりするところもありますが、「物語を書く」という本質は同じ。
「私は何も売れる小説なんか書きたいわけじゃないのよ」というへそ曲がりな人も、一度読んでみて損はない。
「小説作法」とか、「小説家になるには」とか言う本は多々出ていますが、これほど売れている作家が、懇切丁寧、具体的にメソッドを公開してくれるのは他にないのではないかと思います。
(売れてない作家に、「売れっ子作家になるには、って書かれてもねぇ・・信憑性ありませんが)

「んじゃ、あんた、これ読んで売れっ子になるようなものかけたの?」
って聞かれちゃあ困りますが(聞くな!そんなこと)、読んだだけで書けりゃあ苦労はしないわけで・・(^^;)
でも、間違いなく、「小説書きたい人には読んだ方がいいよー」度 100%

私、この巻末で「死の接吻」「ローズマリーの赤ちゃん」のアイラ・レヴィンの復活作「ブラジルから来た少年」を知り、それだけで、この本を買った甲斐があると、クーンツに感謝しました。
「おまけが付いてて二度おいしい」度も100%を差し上げましょう。

お近くに大きな本屋さんがない方(多分、大型書店でないと入手困難でしょう)、すぐ読みたい方はこちらからどうぞ↓(レイアウトがおマヌケでごめんなさい)






テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

きみに読む物語

「泣ける映画」のふれこみで、人にも勧められたのだけど、映画館で見逃した作品。
監督はニック・カサヴェテス。
ご存じの方もおられようが、父君がジョン・カサヴェテスで、その昔、特定のファンの間ではすごく人気のあった人。
母上が、ジーナ・ローランズ。こちらもその昔、赤の他人の子供をかばいながら巨悪と対決するという女版「レオン」みたいな作品で人気を博した。
ジーナ・ローランズ、良い。
好きである。
きりっとした女優さんは素敵だ。たとえば、シモーヌ・シニョレ(うう、この人は泣けるほど好き!)、キャサリン・ヘップバーン、フェイ・ダナウェイ、スーザン・サランドン、ホリー・ハンターなどなど、ね。
ジョン・カサヴェテスはもうなくなってしまったけど、ジーナ・ローランズは、息子の作品にたびたび出演している。

で、これがやっと新作DVDになったので、早速レンタル。
どうやら高齢者介護施設にいるらしい女性(ジーナ・ローランズ)のところへ、同じ年頃の男性がやってくる。
本の読み聞かせ役らしく、ボランティアのようだ。
彼が読み聞かせる物語は、17才の夏にであった若い男女の恋物語だった。
金持ちの娘・アリーと、木材工場で働く時給40セントの肉体労働者・ノア。
彼らは出会い、惹かれあい、恋に落ちる。
が、夏は終わり、彼らは両親や彼らを取り巻く環境やと言った「現実」に引き戻され、ついに・・
と言うようなお話なのだが、さて、久しぶりに泣けるか?

と期待して見たのだけど・・
泣けん!
女主人公にぜーんぜん共感できない。
どうしたニック?!
(いや、ジーナ・ローランズが出ているところは良かったけどね)
映画館ではすすり泣きが響いた、らしい。
でも、これ、デートで言った男の人たちは鼻白んで見たんじゃないの?
やってられっかよ、って。
(つまり、私、感性は男か?)
こんな自己中女、愛されるのはどうよ?
男はいい面の皮だぜ、と男性に肩入れして、言葉付きまで男っぽくなってしまうのであった。
もう少し作りようによっては、共感できるところがあったはずなのに。
思うに、これは脚本の問題?
俳優は、ジーナ・ローランズだけでなく、ちらっと出てくるだけの病院のスタッフに至るまで良かった。
(ノアのお父さんがサム・シェパードで、ひいい、こんだけしか出てこないのに、サム・シェパード、もったいねーキャスト)
それと、物語の舞台となる町の自然ね。
たいそう美しく、心癒された。
衣装、音楽も良かったな。
やっぱアメリカの映画って、町並みとか、走ってる車だとか、衣装だとか、細かい点まで凝ってます。

ってえことで
映画館で1800円も払って見なくて良かった。
DVDレンタルのお値段からすれば、こんなもんかしらん。
とにかく、都合が良くてもなんでも、主人公が愛される話を見て癒されたいのよ!と言うくらい、愛に飢えてるときにご覧遊ばせ。

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

どうしても読みたい--宮部みゆき作品

最近の宮部みゆきさんは、時代小説がいい。
「火車」で、ローン破産や債務問題を、「理由」で占有屋を、「模倣犯」で連続猟奇殺人を描貴、現代社会を見事に切り取って、読者を「ほぉ」とうならせたのは、みなさんご存じの通り。
でも、昨今の事件の数々は、小説を読もうと伸ばした手を止めさせるような陰湿で、品がなく(犯罪に品というのも妙だけど)、犯人の生き方や犯罪の背景を想像しようとも思えないような物ばかり。
この際、時代小説のほうがうんとありがたい。
要するに、宮部さんの作品の質ではなく、読み手の好みなのだけど。

「ぼんくら」(講談社文庫)
自称・ぼんくら同心、疲れた馬のような顔をして、鼻毛を抜いてはさぼることばかり考えている主人公と、ものすごーく美形で、ものすごーく頭のいい甥っ子の弓之助、記憶力がべらぼうにいい、りっぱなおでこを持つ、その名も「おでこ」ほかの登場人物が織りなす人情物・・?なのか?
一つ一つは結構切なかったり陰惨だったりする連作集なのだが、
登場人物のキャラクターに救われている。この辺が、宮部さんの作品は実にうまい。
なんかこう、ちょっとカラシつけすぎちっゃたけど、味がしみてておいしいおでん、みたいな読後感・・ってわかるかな(^^;)

「孤宿の人」
泣きました。最後は泣かせていただきました。
全2巻、息もつかずにページをめくり、最後はほろほろ涙・・
うーん、これぞ読書の醍醐味!
悲しいんです。悲しい話しながらも、人に軽んじられ、下げずまれ、疎まれている物の中にある真実、まことに気づく。
気づいたときには、あなたも泣いているはず。

宮部さんの次の時代小説はいつ出るのかなー。

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

再びの新装開店 オススメは「物は言いよう」

たびたび名前を変更したあげく、こちらのFC2ブログに移って参りました。
これまでの読者の皆様、お手数をおかけして申し訳ありません。
これから出会う読者の皆様、どうぞよろしくお願いします。

さて、目下読んでいるのは
「物は言いよう」(斉藤美奈子著 平凡社刊)
斉藤美奈子さんの書評が大好きで、たいていのは読んでいたのだけど、これだけ取りこぼしていたもの。
だって、書評じゃなかったんだもん。
でも、書評同様、あるいはそれ以上におもしろかったりする。
書評なら、ここまで言えますまいて・・ってな斬り方で、文壇の大御所やノーベル賞作家までザクザクいっちゃってます。

痛感するのは、日本の政治家って、ほんと、どーにもなんねーなーってこと。
「子供を一人も作らない女性が自由を謳歌して、楽しんで、年取って税金で面倒見なさいというのはおかしい」(by妄言大王・森喜朗元首相)
「集団レイプする人はまだ元気があるからいい。正常に近い」(by 元衆議院議員 太田誠一)
「強姦しても何にも罰せられんのやったら、俺らみんな強姦魔になってるやん」(by衆議院議員 西村真悟)
「文明がもたらした最も悪しき有害なものはババァなんだそうだ」(by 妄言大王その2 東京都知事 石原慎太郎)
「放火なんていうのは、どちらかというと女性の犯罪なんですね」(by 財務大臣  谷垣禎一)

はああ?あごが地面に着きそうな妄言、呆言の数々。
斉藤さんはこの本で、FC(Femi Code)--言動がセクハラや性差別にならないかどうかを検討するための基準。公の場では、それにふさわしいマナー(作法)を身につけよう、との趣旨で考案された--をもとに、コードに引っかかる発言、文章表現をピックアップし、論評しているのだけれど、いやあ、世の中にこれほどFCコード引っかかりまくりの言動があるとはね。
「エー?フェミニズム?」「何か、そういうの好きじゃない」「あんまり興味ないし」「関係ないもん」なんて言ってる、そこの女性たち、この国ではそんなノンキなこと言ってられないんですぞ。
日本という船の羅針盤を握っているのが、「子供を産まない女は国として面倒見ないよーん」と言い、「集団レイプする男たちは正常だ」と擁護し、罰するような法律がなければ、「俺らみんな強姦魔になる」ような人たちばかりなのである。年取ったら、ババァとやらになり、有害物質みたいに言われちゃうしね。
この本を読んで、自分で自分の身を守るべく、お勉強しましょう。

読んで損はない度 100%

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。