スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な心地よさ~~かもめ食堂~~

公開中、とっても評判のよかった「かもめ食堂」。
やっとDVDで見ることができました。

フィンランドの首都・ヘルシンキに、一軒のレストランならぬ食堂が。
その名も「かもめ食堂」。
「どこにいても美味しいものは美味しい」
「美味しい鮭にはご飯が合う」
「レストランじゃなく、フラッと入ってこられる店がいい」
という考えを持つ、小林聡美演じるサチエが一人で営んでいる。
なんと、メインメニューは、おにぎりだったりする。
と言っても、開店1ヶ月後も、ただの一人もお客はいない。
店の前を通りかかる人も、中を見てはみるものの、入っては来ない。
やっと来たのは「日本オタク」の青年。
「ガッチャマン」の主題歌を全部知っているかと聞かれ、答えられないサチエ。
「誰だ、誰だ、誰だー♪」までは出てくるのに、その後が何度思い出そうとしても思い出せない。
本屋で出会った日本人女性・ミドリが、フルコーラス歌詞を知っていて、サチエはそのお礼に、ミドリを同居させてやる。
ミドリは、世界地図を広げて指さしたところがフィンランドだったからやってきてやった、というちょっと変わった女性。
片桐はいりが演じているので、ますます変さに磨きがかかっている感がある。
更に、飛行機に預けた荷物が何日経っても出てこない、というマサコという中年女性(こちらはもたいまさこ)も現れ、かもめ食堂を3人で切り盛りしていく。
店でぶっ倒れる女がいたり、
盗人が入ったり、
という事件はあるものの、大事件が起こるわけでもなく、かもめ食堂の毎日は淡々と明け暮れする・・
と、まあ、何とも心地良い映画なのである。
何しろ、大事件が起こらないせいか、ここのところの映画に多い、むやみやたらな効果音がない。包丁が素材を刻む音を、ちゃんと拾って聞かせてくれる。
それだけで、かもめ食堂の食堂たるゆえんが伝わってくる。
女優さん3人の間が、これまたとってもいい。
小林聡美の愛嬌と、片桐はいりのぎくしゃく感、もたいまさこの不思議なまでの落ち着きが、いかにも「甘ったるくない大人のおとぎ話」にふさわしい。
それに、料理がこれまた素敵。
ぷりぷりと脂がのった鮭、切るときにサクッさくっと音を立てるトンカツ、ふんわり焼けた厚焼き卵、今にもシナモンの香りが漂ってきそうな焼きたてのシナモンロール・・
ウチのデブ夫に見せたら、「食べたい!」を連呼するに決まっている。
私ですら、ごっくり喉を鳴らしそうになったくらいだから。
小林聡美さんは、おうちでもしっかり料理をしている人だなと推察できる。
調味料を混ぜ合わせるとか、生地をこねるとか、そんなちょっとした手さばきが、キチンとした家庭料理の作り手であることを伺わせるから。
この映画では、そういうリアリティが大事なんだなあ。
だからこそ、甘くないおとぎ話ができあがる。
かもめ食堂が満席になり、お客たちが嬉しそうにおにぎりをほおばり、トンカツに舌鼓を打っているのを見て、静かなカタルシスを感じた。
いいなあ、こういう映画。
評判がよかったのが良く分かりました。
DVDで見ても、その良さはとても良く分かります。
見たらお腹が空いてしまうのは必定なので、お腹の空き加減と相談してご覧ください。

スポンサーサイト

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

美しい、走ることも、この小説も~~風が強く吹いている~~

三浦しをんさんは、デビュー作の「格闘するものに○」から注目していた作家ですが、直木賞も受賞されて大ブレーク。
でも正直、受賞作の「まほろ駅前多田便利軒」は、何となく私の好きなテイストではなく、ちょっと遠ざかっていたのですが・・
よい!この作品↓はよいです!

もともと箱根駅伝が好きで、正月はテレビにかぶりついて駅伝中継を見、その激走ぶりに興奮し、ブレーキとなる選手の苦痛の表情に涙誘われ、という理由もあるのでしょうが、この作品にはほんものの駅伝同様心奪われました。
なにしろ、駅伝に出場するとはいうものの、参加する人数はたった10人。箱根は10区間あるわけなので、一人でも病気や怪我をしたらオシマイ。
しかもその10人たるや、陸上部員でもなく、単に同じボロアパートに入居しているだけ。
それどころか陸上未経験者はおろか、運動嫌いの漫画オタクや、ニコチン中毒のコデブまでいる。
監督って言ったら、年寄りの大家で、しかも練習には一度もつきあわず、何かというと碁会所に出かけるだけ。
そんなメンバーで箱根駅伝なんか出られるわけがない。
そりゃあ、当人たちだって解ってる。
主人公は走るために生まれてきたような男の子だけど、有望選手だったのに暴力事件を起こしたせいで陸上界からは干されているし、彼にとって見れば、そんな「素人の夢物語」がまだるっこしくてたまらない。
それでも、彼らは走り出すのですねぇ。
全然足の速くない黒人留学生(だって、理工学部の留学生、駅伝用にひっばってきた選手じゃないんだもん)、司法試験に合格した秀才ながら、陸上なんて縁ナシの四年生、明るいだけが取り柄の双子、テレビのクイズ観戦が何よりの楽しみという学生等など、一癖も二癖もある彼らを引っ張るのが、足に古傷を持つ、かつての陸上選手。
彼も4年なので、箱根に挑むチャンスはコレ一回。
果たしてそんな無謀な試みが達成できるのか?
というようなストーリー。
「男の友情」なんて、「嘘くさい」と思ってしまうひねくれ者でも、この作品の友情には泣ける。
また、ちょっと荒っぽく歩いただけで床が踏み抜かれてしまうような、このボロアパートの様子が楽しいのだなあ。
何かというと酒宴をはり、言いたいことを言い合うのが、もう何ともうらやましい。
最初はみんな嫌々やっていた練習がだんだん楽しくなってきて、20キロくらい普通に走れるようになっていく、その過程にも引き込まれていく。
絵に描いたようなヒールや怪人っぽい名選手も現れ、全編を通してのスパイスになっている。
何より小説として素晴らしいのは、文章を読んでいくと、風を感じることだ。
スタート地点の大手町の雑踏や、湘南の海沿いを走る道や、箱根の息が切れるような坂道・・その都度吹いてくる風が、自分の髪をなびかせているような感覚を味わう。
地面を踏みしめる足裏の感触、確実に前後に振る腕の力、バクバクと鳴り始める鼓動・・それらをリアルに感じる。
見るのは好きだけど、走るのなんか大嫌いという私が、この物語の主人公たちと一緒に箱根を走っている。イメージの中で。
そして、三浦さんの筆致は、「走ることが美しい」と実感させてくれる。
タイムとか勝利とかに関わりなく、ただひたすら、風の中を走っていくランナーたちが美しいと感じさせてくれる。
そして、この小説自体がとても美しいことも。

途中で読むのをやめることはできません。
次々、走るようにページを繰る。
あっぱれに美しく楽しく、血湧き肉躍る作品でした。
そんな小説に出会えることが幸せです。
お見事!

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

償いとは何か?更正とは何か?~~心にナイフをしのばせて~~

辛く、苦しい話です。
あの神戸の少年A、「酒鬼薔薇」による残虐な事件の28年前、同様の事件が引き起こされていました。
高校に入ったばかりの15歳の少年Aによる、同級生殺害事件で、Aは被害者を47カ所も滅多刺しにしたあげく、その首を切断したのです。
そして、自らの体にも傷を付け、通りすがりの、日本刀を持った男たちにおそわれた、と偽装工作を行ったのでした。
しかし、Aの言う男たちを見たものはおらず、Aと被害者の姿しか見ていないという目撃者が現れ、やがてAは犯行を自供します。
そして、神戸の少年Aと同じく、関東医療少年院に送られ、その後、社会に復帰します。
少年法に守られ、少年Aがその後どのように生きていったのかは明らかにされません。
この本は、少年Aが主人公ではなく、Aによって息子を、兄を奪われた家族のその後を追ったものなのです。
愛する息子を失った母は、その悲劇の事件から数年間の記憶がありません。
本人はそれがなぜだか解っていません。
多分、それを思い出してしまったら生きていけなくなってしまう・・その防衛本能が記憶をかき消してしまったのでしょう。
けれど、度々失神したり、自殺未遂をはかったり、といった苦悩のはての行動が隠されていたのです。
父親は、そんな妻を守り、娘を守るために、一度たりとも家族の前で涙を見せず、歯を食いしばって生き、ついにはガンに倒れます。
妹は、事件後のマスコミや社会の奇異の目にさらされたことから、今でも人に見つめられるとパニック障害を起こしそうになるPTSDを背負っています。
被害者家族を支援するような法律も、社会の仕組みも、まだ何もなかった頃です。
家族の苦しみが二重に重かったことは想像に難くありません。
人が病気や事故ではなく殺人という無惨な死を迎えてしまうと、残された家族は思い出を語ることすらできなくなるといいます。あまりにも現実が辛すぎて。
言葉に出したら、残された家族が壊れてしまう・・そんなギリギリの、精神的な薄氷の上で暮らしていく家族が、たとえどんな嬉しいこと、楽しいことに出会おうとも、幸せを感じることはできません。
加害者の少年Aは、被害者の少年だけではなく、その家族の幸せをも殺してしまったのです。
そして、著者の調査の結果、少年Aが後に有名大学を卒業し、弁護士になり、今ではとある町の名士になっていることが明らかになります。
もちろん、少年法の意義が「少年の更生」にあることを考えれば、少年Aは見事に「更正」したことになるのでしょう。
けれど、Aは線香を上げに来ることはおろか、謝罪の手紙の一本も書いていないのです。
さらに、Aの親が払うはずだった賠償金は、1000万円のはずが40万円くらいしか支払われていません。
Aは有名私大を出るお金があったというのに。
これで少年Aは「更正」したと言えるのでしょうか?
「償い」なくして「更正」があり得るのでしょうか?
そもそも、加害少年が「更正」することは本当に喜ばしいことなのでしょうか?
命を失った少年の未来は閉ざされ、家族の幸せは永遠に戻ってこないというのに。
少年Aが、被害者を殺したのは、まっかに咲き誇るツツジ畑の中だったと言います。
残された家族は、未だにツツジを正視することができません。
けれど、少年Aが開いた弁護士事務所前に咲いていたのは真っ赤なツツジだったと言います。
少年Aの心にはまだナイフが残っているのではないか、と思うのは私だけでしょうか?

フィクションとノンフィクションの違いはありますが、こちらの作品は「償い」と「更正」について、ひとつのヒントになるかもしれません。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

確かにめぐりあえてよかった~~邂逅の森

一応、知ってはいました。
この本が、直木賞と山本周五郎賞を史上初めてダブル受賞した作品だと言うことは。
でもねぇ、内容が、「マタギ」の話でしょう?
獣を求めて山中を駆けめぐるマタギ・・
さぞかし男っ臭い話なんだろうなあ、と食わず嫌いしていたのでした。
が、このほど文庫化されたときの帯に、田辺聖子さんの「この本にめぐりあえてよかった!」なる評がどーんと書かれているじゃありませんか。
基本的に、「スティーブン・キング激賞!」とかの類の帯の文字は信用しないことにしてるんですが、この一句には惹かれた。
だって、それって最上級の賛辞でしょう?
文庫だし、どうしても性に合わなかったらその時はその時、とおセイさんを信じて買ってみました。
いや、確かに帯の一文は、ウソじゃなかった。
田辺聖子さんを信頼してよかった。
もちろん、主人公はマタギの若者ですから、全編、男臭さ全開です。
でも、嫌な匂いじゃない。
夜ばいだの、女を孕ませるだの、さすがに大正時代、とうなずかされるような描写が続々。
でも、これまた嫌悪感がわき起こらない。
何故かとつらつら考えるに、この主人公やマタギたちの山への恐れ、信仰が愚直で、かつすがすがしいからかもしれません。
冬の東北の山に入るにあたって、水垢離するんですよ、水垢離。
死にますって。現代人なら。
熊をはやし立てて追い出し、確実に命中させるために至近距離までひきつけるなんて、正気の沙汰じゃありません。都会人ならそう思います。
でも、その今の価値観、文明観からすれば馬鹿馬鹿しいまでの愚直さが清冽です。
多くの生き物を自分たちの勝手で殺戮し、滅ぼし、地球をボロボロにし、自身を破滅に追い込んでいく私達は、善悪は別として、山の神を恐れ、山が恵んでくれるものだけを得て生きていたマタギたちの前で、深く頭を垂れるしかないのでは?と思ったりします。
田辺聖子さんが解説の中に書いておられるように、東北の山の凍り付くような冷気、マタギたちの息づかい、熊の咆哮がすべてリアルに感じられ、自分がマタギとして雪深い山を歩いているような気にさせられるのは、作者の力量に他なりません。
さすが、史上初のダブル受賞作。
結構な分量だけど、一気に読ませます。
読んでよかった、の骨太の一冊です。

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

読んでしまった(; ;)ホラーより怖い・・食品の裏側

別ブログでダイエット日記など書いている関係上、以前から気になっていた本。
ついに読んでしまいました。
読んだらすごく怖くなる。背筋が寒くなる。
それは解っていながら、やっぱり読まずにはいられなくなって・・コレです↓

あー、やっぱり怖かった。
背筋凍ります。
一時期話題沸騰だったこの本。
元々、食品添加物を売る商社に勤め、トップセールスマンだった著者。
ボロボロの端肉(骨から削り取る、肉とも言えないような部分だって)を食品添加物をどんどん加えることによってミートボールに仕立て上げ、大ヒット商品にする・・と言うようなことを仕事にしてきたそうな。
それが、ある日、そのミートボールを家族が食べているのを見て、「家族に食べさせたくないものを売っている」ことに愕然とし、ついには会社を辞めて、無添加の明太子作りを始め、その後、食品添加物についての講演に呼ばれるようになり、ついには主な生業になったとか。
さすがに食品添加物のことを知り抜いているだけあって、ひとつひとつの例がリアルです。
豚骨スープは、豚の骨のかけらもなくても、食品添加物の白い粉だけでできあがる、とか。
先ほどのミートボールもその一例。
ドロドロに柔らかく粒のないタラコが、食品添加物に浸けるだけで、身が締まったツヤツヤの明太子に変身する、とか。
食品添加物って魔法の粉なのね、と思わず拍手してしまいそうな事例が続々紹介されています。
でも、それらの添加物を私達は知らない間にどんどん摂取しているわけで・・
たとえば、無添加明太子なら、タラコから明太子に仕上げるまでに、タラコを含めて9種類の材料しか使わないけれど、一般のは、タラコを作る段階で18種類、明太子に仕上げるまでに更に10種類の材料を使ってます。
それも大半は、合成着色料や、ポリリン酸ナトリウム、ニコチン酸アミド、ソルビット、グルタミン酸ナトリウムetc.etc.の食品添加物。
こんなことを知ってしまったら、もう明太子は食べられません。大好きなのに(; ;)
「別にそれくらいの添加物をとったって死にゃあしない。
有毒だったら使用が許されないはず」
という人もいるでしょうが、食品添加物は、確かにひとつひとつの使用については安全が確認され、許可されてはいるものの、それらを複合的に取ったらどうなるかの実験はされていないのです。
きゃーっ。
しかも明太子なら、食べなければ済む。
でも、それが、醤油、料理酒、塩、等の基本的な食品にも及んでいたら?
どーです?怖いでしょう?怖いですねぇ。
でも、著者は何もホラーを書くつもりではなく、訴えたいのは、消費者がきちんと表示を読んで、自分たちの考え、価値観にあった食品をチョイスすること。
確かに無添加の食品を選びたいけど、このご時世、経済的に無理ということもあるでしょう。
(何たって、お高い塩は100gあたり何千円もしますからね)
安いものには安いなりの理由がある、それをきちんと認識した上で選んで、自身の食生活を組み立てていかねばならんのですね。
すべて手作りが無理でも、コンビニ食品を減らすとか、一日一回はなるべく添加物の少ないものを食べるとか。
まず第一歩は、食品表示をしっかり見ることから始まります。
「キャー、怖い」で終わらせてはいけないんですねぇ。
食生活は生活の基本ですから。
巻末の添加物一覧表は、とっても役に立ちます。
毒性が高く、安全性が疑問視されている添加物が上げられてます。
これだけは、しっかりと避けたい。
このコピーを持ってお買い物に出かけよう(到底ややこしい名称を覚えられそうにないので)。
心に誓う私でありました。

テーマ : 読書
ジャンル : 本・雑誌

鴨川ホルモー

最初タイトルを見たときは、鴨川にある焼肉屋の話かと思った(^^;)
だって、「ホルモー」ですよ、「ホルモー」。
「ホルモン」と思ってしまっても無理はない。
でも、焼肉の話ではなく(当然の事ながら)、一言で言うと、京大生の青春もの。
二浪して、浪人中はさだまさしが心の支えだったという、いかにもな「俺」と、
日本人のアイデンティティを得たいと「ちょんまげ」になる帰国子女の男子学生、
「俺」が一目惚れしてしまう鼻美人(主人公は鼻フェチらしい)、
大木凡人(ボンちゃん。あの、おかっぱメガネのレポーター)に似ている女子学生、
いかにも二枚目で傲慢で、「俺」の天敵である男子学生、
威厳も何もないけど、どこか落ち着きのある上級生、
等などが、今日とを舞台に織りなす青春物語・・
って、これなら何百回と目にしたであろう平凡な小説のはず。
でも、ここに絡んでくるのがホルモー。
京大と立命館、龍谷、京都産業大学の学生たちの闘いです。
焼肉の大食い合戦じゃありません(まだ、肉にこだわってしまう私(^^;))
なんと、京大青竜会というサークルに入った(入らされた?)俺たちは、式神(陰陽道ものに登場するアレ、です)を駆使して、各大学とたたかうのです。
何じゃ、そりゃ?でしょう?
何じゃ、そりゃ、でした、私。
でも、これが読み進めていくとなかなかに面白い。
京都や京都の大学になじみのある人なら、きっと、夏の鴨川に並ぶカップルの姿が頭に浮かぶでしょう。
そこを歩く彼女のいない主人公の姿がいかに切なくうそ寒いものか想像がつくでしょう。
文体も、いかにも京大生が主人公らしいあたり(作者も京大卒だから当然と言えば当然だけど)、ユーモラスです。
プロによる書評は好意的だったけど、Amazonのレビューは賛否両論。
確かに、陰陽道とか、式神の闘いに興味のある人なら、拍子抜けかもしれません。
その手のものにまったく興味のない私は、なかなかに懐かしく笑える青春ものして大いに楽しませていただきました。
で、ホルモーって何?って・・それはやっぱり、読んでのお楽しみでしょう。
ホルモー!

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。