スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残酷なのに美しい~わたしを離さないで~

カズオ・イシグロと言えば、映画化された「日の名残り」くらいしか読んだことがなかった不勉強な私。
抑制された美しい文章、というのがカズオ・イシグロのまずもってのほめ言葉だったりしたのが影響しているかも。
そんなに抑制されなくていいから、オモシロイの読みたいのよ、というのが怠惰な本読みとしての私のスタンスだったりするので。
でも、この作品はすごく評判がいいので、へそ曲がりを押さえ込んで読んでみました。

主人公のキャシーは、「介護人」。
優秀な介護人らしく、キャリアは長いし、介護する人間を選ぶことのできる特別な立場にいる。
その彼女が、常に求め続けているのが、子供の頃を過ごしたヘールシャムという施設。
同い年や年長の子供たちが集められて暮らしていたその場所に似たところがあるたび、キャシーは「あれはヘールシャムかも」と思い、ヘールシャムで共に過ごした仲間のことをいつもいつも思い出す。
親と離ればなれに暮らさざるを得なかった子供たちが、長じて養護施設を出、成長するに従って、折に触れて過去を思い出す・・
切なくも、まあ、よくある美しい思い出話、のはずだった。
少なくとも、冒頭、私はそのつもりで読んでいた。
ヘールシャムなんて響きもイギリス的で、描かれている風景も、英国のそれで、「日の名残り」にも共通する端正な描写だし。
ところが、その淡々とした文章の中に、いつの間にか驚愕する事実が忍び込ませてある。
うっかりすると読み過ごしてしまうくらい巧妙に。
しかし、その事実は、ここでは書けないけれど、余りにも衝撃的だ。
けれど、文章は冒頭と変わらず淡々と進む。
主人公のキャシーは、激することも、号泣することもなく、ヘールシャムでの日々を思い出し、それについて考察し、時には後悔の念も抱くけれど、それにとらわれることはない。
彼女の思い出の中の少年、少女は、私達とは決定的に違っているのに、子供らしさという点では同じなのだ。

これは、壮絶なまでに残酷な話だ。
少なくとも、カズオ・イシグロでなく、別の作家が書いたら、読者の胸に迫るのは憤りや恐怖心だろう。
しかし、ここには美しさがある。
あらがうことのできない、透明で、残酷な運命を、まさに抑制された文章が抑制されているが故に美しく描き出す。
だから、憤りを覚えるより、キャシーの心情に寄り添いたくなる。
こういう小説を読むと、小説家の勝利、文体の勝利だなあとつくづく思う。
わずかな湿りを帯びた感覚と、自分の文章に陶酔しない冷静さは、日本生まれでイギリスで育ったという著者の背景によって生まれたものだろうか。
カズオ・イシグロ、次作も読みます。きっと。
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

訃報

以前、このブログで紹介した「酔いがさめたらうちへ帰ろう」の著者、鴨志田穣さんが腎臓ガンでなくなりました。
新聞の訃報欄を見て、やはり、という思いと最後はうちへ帰れて本当に良かったですね、という気持ちが浮かんで、切なくなりました。
ご本人は癌のことも、余命のことも知っていて、本当に最後となるチャンスにかけたんでしょうね。家に帰るためのチャンスに。
すべての事情を了解して彼を迎え入れた西原さんの大きさをつくづくすごいと思います。
毎日新聞に連載されている「毎日かあさん」によると、フィリピンの小さな島へ家族旅行などに行かれていたようです。
最後に浴びた陽光はどれくらいまぶしかったんでしょうね。
ご冥福をお祈りします。

何かと闘い終えたあとに帰るうち・・
それがどんなところかは人ぞれぞれですが、帰りたいと切実に願うだけの場所であって欲しいし、それを作り上げていくのも私達に課せられた日々の努力なんでしょう。
大切にせねば。

テーマ : 本とつれづれ
ジャンル : 本・雑誌

抱腹絶倒!書評で笑える「文学賞メッタ斬り」

「評論家」と言われる方々があまり好きではない。
「野球評論家」を名乗る輩に「今のイチローは**ですよ」とか「松井はもうちょっと**した方がいいですね」とか言われたって・・ねえ。
「おまえが言うな」でしょ。
他人のふんどしで相撲を取る職業の典型だなと思っていたのですが、何事にも例外があるものです。
書評家と言われる方々の中で、私の一のお気に入りは斎藤美奈子女史ですが、ここのところ、トヨサキ社長こと、豊崎由美さんがかなりの追い上げ。
この方、「ベルカ 吠えないのか」を激賞されてまして。
これは信頼できます。
その上、渡辺淳一をけなす、けなす。
もう、ものすごく正しい書評家じゃありませんか。
その豊崎さんと、書評家として大ベテランの大森氏が共著されているのが、こちら↓



笑えますよー。
リビングで大笑いしながら読んでいたら、夫に「そんなに面白いの?」と聞かれました。
コメディ作品かなんかと思ったらしい。
いえいえ、芥川賞、直木賞を初めとする文学賞をまさにバッサリ、袈裟がけし放題って感じ。
何故村上春樹は芥川賞を受賞してないのか?
何故あの作家があの作品で受賞しなければならないのか?(他にいい作品があるのに、そっちは選考から落ちてる)
選考委員のえこひいきやイジメがあるんじゃないか?
なんて、ちょっと小説読む人なら誰でも考えつきそうな疑問への答えが続々。
私が一番笑い、かつ情けなくなったのは、豊崎さんの天敵・ジュンちゃん(渡辺淳一)の選評。
愛する宮部みゆき作品の中でも突出した名作「火車」を、ジュンちゃんは「何を書きたかったのか、ただ筆を流しているとしか思えなかった」と評したらしい。
ぐぐう。あの名作に対し、何たる不敬。
何を書きたかったか読めないようなアタマで、選考委員なんかやるんじゃねぇ!
と、豊崎さんが近くにいたら手を取り合って言いたいもんです。
他にも、選考委員が候補作を読んでないと思われる節があるとか、選評になってない選評の数々とか、もう、脱力したり、大笑いしたり・・大変でございました。

あまりに笑えたので、豊崎氏の対談をネットで追っかけしてしまいました。
続きも出た↓ので、これまた読んでみるつもりです。

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

貧乏でもできる、優雅にして甘い恋~~無銭優雅~~

言わずとしれた恋愛小説の大家、山田詠美氏。
もちろん、デビュー作「ベッドタイムアイズ」に度肝を抜かれ
「ソウルミュージックラヴァーズオンリー」や「風葬の教室」などの巧みさにうならされてまいりました。
が、ここのところ、ご無沙汰していたのです。
どうも自分の志向が恋愛小説より他のジャンルにいっていたようで。
なんかもう、熱くって、濃密で、艶にして・・というような恋愛小説を読むと疲れてしまうような気がしてたのかも。
が、タイトルに惹かれ、久方ぶりにお目見えしてみたところ・・
良い、佳いのですよ、この恋愛小説は。

主人公は42歳の女性。
フラワーショップの共同経営者と言えばかっこいいけど、実は開店資金は父親の退職金、しっかり者の共同経営者に助けられ、無駄な買い物はしないという顧客を相手に、チマチマと商売をしているといったところ。
両親と同居している、世に言うパラサイトシングルで、二世帯同居の兄夫婦からも両親からも「頼りない」「不良娘」と思われている。
黒人相手に燃えるような恋をする、ってな主人公とは全然別物。
その彼女と偶然に知り合って、その出会いを「運命」だと言い切るのは、同い年の予備校の国語教師。
古びて雑然とした家に住み、強度の乗り物酔いのせいで旅行にも出かけられないという、どっちかというとさえない部類に入る男。
世間から見たら、イケてない中年カップルかもしれない。
主人公の姪がイメージする「オトコイ(大人の恋」とは全然違う。
でも、二人は満ち足りている。
古びた家の縁側で語らいあいながら酒を飲み、その奧の寝室で抱き合い、いきつけのジャズバーでさんざんバカなのろけを言い合ったあと居眠りしてしまうような、まったりとやわらかな恋。
「甘い恋」と言うけれど、若い頃の恋は、砂糖ぶち込んだような舌がしびれる甘さ。
この二人の恋は、何というか素材そのものの甘さがにじみ出てくるような、そういう味わい。
お金がなくても、恋愛を盛り上げる枷がなくても、大人の恋はできる。
世間のヒトヅマが「ドキドキするような恋をしたい」というのを聞くと、気持ちは分かるけど、「今さらそんな疲れることはしたくない」と思っていたのだけど、いや、こんな恋ならしたい。
つまるところ、恋というのは、自分の持っている何かをどうにかして相手を喜ばせ、いい気持ちにさせ、そして自分も満ち足りた気分になり、いい気持ちになり、幸せを感じることに尽きるわけですね。
恋愛小説の佳品です。
「いや、もう恋愛なんてどーでも」なんて人にぜひオススメしたい。
さすが山田詠美先生。感服の一冊でございます。

テーマ : 読了本
ジャンル : 本・雑誌

歩く?歩かない?

ここのところ続けて読んだ本が、何故か「歩く」につながりがあるものばかりだった。
まず一冊目は、ご存じ、書店員が選ぶ「本屋大賞」第一回受賞作。
へそ曲がりな私は、「本屋大賞」で火がついた作品は読みたくなくなるのだ(本屋さんも、そんなへそ曲がりがいるとは思わずに作った賞なんだろうけど)。
惜しくも第一回の「本屋大賞」を逃した「明日の記憶」は、受賞発表の前に読んでいたけど、この作品は未読だったので、そろそろへそ曲がりも収まり、手に取ってみたというわけ。
県立の進学校である高校では、毎年すべての生徒が参加して、夜通し歩くというイベントが開催されていた。
受験を目前に控えた三年生も参加する。
食事や仮眠は取るけれど、一晩歩き続けるというのは苦行である。
いくら元気な盛りの高校生といえど。
なので、ぶつくさぶつくさ文句が出る。
しかし、そこは多感な高校生、寄るわと押して歩き続けるイベントの中で、恋の話があり、友情があり・・
なるほど、本屋さんってのは、こういうお話が好きなのね、リリカルな本がお好みなのねと、よーくわかった一冊。
あくまでへそ曲がりだった私は、子供が最後の一人になるまで歩き続けなければならない死のウォークラリーを思い浮かべてしまった。
あの話は怖かったなあ・・


続いては、日本ファンタジー大賞でデビューした、森美登美彦氏の作品。
この方、京大の学生で(今は大学院らしいけど)、偏屈へそ曲がりなくせにユーモラスというキュートな文体が特徴。
いかにも京都の匂いがするのです。
何たって、主人公は恋する乙女の後ろ姿を探し求めて、京都の町中をうーろうーろ歩き回る。
主人公の恋する女の子は、それに輪をかけてふーらふーら、あちらこちらへ出没し、誰にも負けないくらい酒をカッくらうのです。
しかし、酒を飲んでも、この子はカワイイ。
私だって惚れそうになるくらいの天然不思議ちゃんです。
登場する脇役たちもまあ、へんてこな人ばかり。
でも、一回はまると、森見ワールド、癖になります。
デビュー作を読んでみる気になっちゃいました。


ひたすら歩いてばかりいた前二作に対して、こちらは「歩かない」話。
主人公たちは、みんなシェフの卵で、ふとした偶然から、東京の異世界に迷い込む。
24時間制の東京から、26時間制の東京へ。
彼らは26時間ある東京の町のレストランの厨房で、自分たちがこねて叩いてあぶって焼いて・・料理をしている。
ところが、ある日、仲間の一人がいつもの厨房に現れなくなった。
事の真相を知った彼らが取った行動は・・
という、とっても不思議なお話。
作者の古川日出男さんは「ベルカ 吠えないのか」で私と夫を虜にした作家で、文体もストーリーも、いつも実験的。
この本は、まるで大人の絵本のような装丁で、内容もとてもファンタジック。
古川さんの新たな冒険なのかと思われます。


こうしてみると、「歩く」って、作家の心をくすぐるテーマなのかも。
ここのところ「風が強く吹いている」とか「一瞬の風になれ」で「走る」が注目されていますが、「歩く」も良いですわね。
「走る」よりまったりとして、ちょっとひねくれた味わいがあって。
「走る」と「歩く」の読みくらべも面白いかもしれませぬ。

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

読みごたえ保証済み 12番目のカード

「土壇場の魔術師」だの「逆転のディーヴァー」だのと異名を取るジェフリー・ディーヴァーのリンカーン・ライムもの。
いつもと同様、分厚いです。持ち運びはほぼ考えられません。
なので、週末、夜を徹して読むしかないのです。
確定申告で大わらわになっているくせに、読まずにいられない。
そして、いったん手に取るや、ラストまでなだれ込まずにいられない。
犯人が逮捕され、事件が終わったかに見えて、まだ半分を過ぎたあたりの分量。
って事は、この先何があるの?
何があっても不思議はない、波乱の予感。
「今夜はこの辺で」と本を置けないところが、やってくれます、さすが、ディーヴァー。

リンカーン・ライムって何よ?
ディーヴァーって誰よ?という方もおられましょう。
リンカーン・ライムは、元NY市警の科学捜査部長。
なんで元かというと、捜査中に起きた事故のために、首から上を除いて、体全体がほぼ完全に麻痺してしまっているから。
それでも、驚異的な分析力や推理力はまったく衰えを見せていません。
アメリア・サックスという魅力的な女性警官を、一人前の科学捜査官に育て上げ、彼女と組んで事件の捜査に当たるのです。
もちろん彼ができることは、考え、アメリアに指示を飛ばし、電話に出、動かすことのできるたった一本の指で電子機器のボタンを押すだけ。
「安楽椅子探偵」と呼ばれる、現場に出ずソファの上でいろいろ推理する探偵は今までにもお目にかかったことがあるけれど、これほどまでに残酷な状況の中、時に絶望感に襲われながらも、その才能を駆使し、犯罪を解き明かす捜査官は、リンカーン・ライムを除いてはお目にかかれないでしょう。
リンカーン・ライムシリーズ第一作の「ボーン・コレクター」は、デンゼル・ワシントンとアンジェリーナ・ジョリー主演で映画化もされてます。
もっとも、映画の方は原作よりお粗末な出来で、アンジェリーナ・ジョリーのかっこよさだけが印象に残りましたが。
ともあれ、その二人が取り組むのは、十代の黒人少女が襲撃された事件。
一度は、利発な少女自身の機転がその命を救ったものの、殺人犯は執拗に彼女を追いかけます。
そして、その殺人犯の正体たるや・・(ネタばれするから言えないけど。アメリカのとある制度に対する問題提起です)
殺人犯のキャラクター作りも巧み。
少女自身の性格描写もよい。
何より、今自分がNYの町に立っているかのような臨場感。
読むのを中断できない魅力満載です。
次回作も刊行されているらしいので、それも楽しみ。
原書で読めたら最高なんだろうけどなぁ。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

私も木になりたい「植物診断室」

中堅商社に勤める寛樹は、40歳を過ぎても独身。
母親からは「いい人がいないの?」と嫌みを言われる。
女性にはもてないが、子供たちには何故か好かれ、人気が高い。
本人には特に結婚願望がない。
彼が今最も興味を示しているのは「植物診断」だった。
多くの植物に囲まれた診断室で、ある種の睡眠療法を受けるのだ。
そこでは、必ず宏樹は植物になっている。
ある時は砂漠に一本だけ生きながらえた樹木。
ある時は、おぞましいくらいあふれるように生えてくるキノコ。
長い長い時間をかけて、それらが生育し、あるいは枯れていく様を、走馬燈のように感じながら、いつも最後は、「何者でもない寛樹自身」であることを自覚させられる。
寛樹はまた、ベランダでジャングリングをしている。
ガーデニングのように、行儀のよい草花を飢えて楽しむのではなく、まさに、マンションのベランダを埋め尽くすような、生命力の強い草を育てているのだ。
いつか、マンションの壁がすべて、寛樹の育てた植物で覆い隠されるような、ジャングルと呼ぶにふさわしい植物を。
十分心地良い生活を送っていた寛樹が、ある時、一人の女性を紹介される。
と言っても「見合い」とか「合コンではない。
シングルマザーとして子供を育てている女性が、「男親が必要だから」と、寛樹に子供の相手をしてくれるよう頼んできたのだ。
おかげで寛樹は、シングルマザー一家と知り合い、親密の度を増していく。
やがて、子供を介してつながっていたはずの寛樹とシングルマザーの間に、ある変化が訪れる・・
というようなストーリーで、出版社の売り文句は、「家族や婚姻制度に一石を投じる問題作」だそうだ。
でも、私は読んでいて、そんなことをまったく気にしなかったな。
むしろ、克明に描写される「木」である寛樹の姿が見事で、こんな診断室が本当にあったら、私もぜひとも診断を受けたいと思う。
私が木だったら、どんな木なんだろう。

さて、この本は、あの斎藤美奈子さんが、「この作品に芥川賞を与えないような選考委員は、診断を受けた方がいい」というようなことをいつもの辛口で表していたのを見て、読んでみたもの。
たしかに。
芥川賞作品はどうも苦手な私ですが、この作品は良いです。
芥川賞受賞作を読んでいないので本当のところは解りませんが、斎藤さんの評が確かなような気がします。
植物診断されることをイメージしながら読むとさらに楽しいかも。
ジュンブンガクも、時にはいいもんですね。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。