スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空気感のある小説~~「私の男」~~

ご存じ、今年の直木賞受賞作、「私の男」。
これ、何とも言えない空気を持つ小説なんです。
直木賞選考委員の方々の「こんなテーマは好きじゃないけど、選んじゃった」「選ばざるを得なかった」というコメントに、今回は素直に頷いてしまいますわ。
なんたって、「近親相姦」の話ですからね。
ものすごく簡単に言ってしまうと。

主人公の腐野花(何ちゅー名前。この時点でもう、作品の空気がにじみ出てきます)は、誰もがうらやむような良家のお坊ちゃん(しかも、善良)との結婚を控えている。
花は、養父の腐野惇吾と二人暮らし。
小菅の、東京拘置所近くの古ぼけたアパートに住んでいる。
花は、9才の時、奥尻島の地震で家族を失い、当時25才だった、遠縁の惇吾に引き取られ、海上保安庁の巡視船に乗っている惇吾と共に、紋別で暮らし始めた。
しかし、花が中学生の時、とある事件が起こり、二人は逃げるように上京する。
そして、その事件は、また新たな事件を呼ぶ……

というようなストーリー。
いや、最初は読みにくいというか、何というか、「オイオイ、子供と養父の近親相姦の話って……それ、虐待じゃん?」という疑念と嫌悪感が浮かぶ。
いや、浮かばざるを得ないでしょう。
ところが、嫌悪しながら、次々とページをめくってしまい……
気がついたら、降りるべき駅を3駅も乗り過ごして読みふけってしまった。
これが、作者の桜庭ワールドに取り込まれるってことなんです。

桜庭さんの作品には空気がある。凄く特殊な。
まず、舞台となる土地の空気。
この作品では、青黒い海に覆い被されそうな紋別の町。
行間から、潮の匂いまで漂ってきそうな。
東京拘置所裏の、何とも荒涼とした雰囲気。
行ったことのない町だけど、今確かに自分がそこにいるように感じさせられる。
匂いや、風邪や、温度や湿度……を肌に感じるように。

筆力のある作家や、好きな作家には、誰でもその作家なりの「ワールド」があるけれど……
例えば宮部みゆきさんなら、作品全体から漂う情や、優しさ、
奥田英朗さんなら、皮肉さとユーモア、
のような。
桜庭さんの場合は、それとはまた違う何か。
正直言って、決して好きなタイプの作品ではないだけに、何故惹かれるのかがわからないけど、何だか……という感じか。
多分、直木賞選考委員の方々も、こんな感じを味わったではないかと推察するのです。

共通点があるなあ、と思うのは、作風は全然違うけど、
桐野夏生さん、かな。
桐野さんも、独特な空気感を持つ作品を書く人だから。
でも、桐野さんは、視点がしっかりしていて、何というか、「刺すような目線」の作品。
桜庭さんは、「どこを見ているかわからない不思議な目つき」の作風。
共通しているのは、「空気」だけかもしれない。
これまた作風は違うけど、カズオ・イシグロにも共通する空気感?かもしれない。

何にしろ、この手の作品につかまると、後を引く。
読後感が全然良くなかったり、
「この構成はどうなってるんだ?」という疑問は次々湧くものの、また次の作品が出たら読んでみようかなと思ってしまう。
ええ、とっぷり捕まってしまいましたわ。
桜庭一樹ワールドに。
好き嫌い、賛否両論、いろいろある作品だと思うけど、あの空気にとっつかまってみたいかたは、ぜひご一読を。

スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

負けるな、チベット!

もう10年前になる。
カトゥマンズからヒマラヤを飛行機で飛んで、たどり着いたチベットは、ラサ。
空港からラサの市街地までは、実にのーんびりした、見渡す限り一面の茶色い地面。
そこを、ヤクを引っ張って耕している人々がぽつんぽつんと見える。
見せてもらったごく普通の民家には、恥ずかしがり屋の少年とその姉がいて、江戸時代の村の生活ですか?というような暮らしをしていた。
痩せた大地と、そこを懸命に耕して暮らす人々の質実な生活が垣間見えて、ポタラ宮を見る前から、この地が大好きになった。
薄い空気の中、町を歩くだけで息切れがしてしまったけれど、そびえるポタラ宮は壮観で、何より町の中にあちこちで見られるチベット人巡礼者の一途な姿が、強く心に残った。
私達が想像も出来ないほどの荒涼たる土地を、山羊等を追って暮らす遊牧の民。
その彼らが、何百キロも徒歩でラサの町へ出かけてくる。
わずかなお金を握りしめて。
何度も何度も五体投地を繰り返し、神への祈りを捧げる彼ら。
苦しい生活の中で貯めたお金で、彼らはお寺に捧げるろうそくを買う。
まさに「貧者の一灯」だ。
こうした姿を見る時、つくづくと、宗教心の薄い自分が切なくなる。
心の中によりどころを持つことの強さに憧れる。

そのよりどころを、誰が勝手に奪えるというのだろう?
ダライ・ラマ話を崇拝しているとしれると迫害される(投獄もあり得た)中、表向きは中国政府が擁立したパンチェン・ラマの写真を飾りながらも、胸ポケットの奧にダライ・ラマの写真をしのばせていたチベット人のおじさん。
彼は無事なのだろうか?
きっと多くのチベット人が、あのおじさんと同じ気持ちでいたに違いないと、当時の私は思った。
そして、それは間違いではないと思う。
ここのところのチベットの争乱を見ると。

根本にあるのは、虐げられたチベットの民の鬱憤だ。
心のよりどころを奪われた上に、押し寄せてくる漢人達の圧力。
元々かの地に暮らし、美しい文化を創り上げてきたチベット人達の賃金は、漢人の何分の一だという。
さらに、中国政府は、まず回人(ウイグル人)を先にチベットに移住させ、チベット人と溝を作らせたとも。
今回の暴動でまず犠牲になったのは回人だという報道もある。
それが本当だとしたら、いかにも巧妙な卑劣さだ。

私が旅行した10年前は、弾圧を受けているとはいえ、まだしも平和な状態だったらしい。
最近友人が旅した時には、空港からラサの町までの間には恐ろしく立派な高速道路と、住宅街が出来ていたという。
多分、それはチベット人が創り上げた文化を観光資源に金儲けを目論む人間達が住む住宅なのだろう。
あの少年の家はどうなったのだろう?
強制的に移住させられていないといいのだけど。
心が痛む。

暴動で、これ以上チベット人の血が流れるのは辛い。
でも、中国政府の武力行使に制圧されるのも、悲しい。
負けるな、チベット!と応援するしかない。
世界中が、今チベットを見ているのだと。

中国政府に弾圧をさせないようにプレッシャーをかけなければ。
こんなサイトもあります↓
http://www.geocities.jp/t_s_n_j/
私もFAXを送ろう。
負けるな、チベット!

チベットの美しさを知りたい人は、やっぱりこのDVD

この映画を見て、私はチベット行きを決めました。単純(^^)
でも、行って良かった。
見て良かった、です。オススメ

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。