スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年半期の読書結果

今年は、とりあえず年頭から読んだ本のタイトルだけはメモしておいた。
6月までで相当たまったので、ご紹介。
(新刊だけじゃなく、かなりの旧作や、読み返したものも入ってます)

神の汚れた手
つくもがみ貸します
ブラックジャックキッド
無理なく続けられる年収アップ10倍法
社長が変われば会社は変わる!
さよなら そしてこんにちは
がらくた
風に顔をあげて
渋谷に里帰り
武士道シックスティーン
雨降りの山
浮き世でランチ
アイムソーリーママ
雨恋
追伸
愛が理由
食べるな危険
天下り酒場
毎日かあさん3、4
犬身
ゴールデンスランバー
速記術が日本史でマスターできる本
回転寿司激安ネタのからくり
姥捨てバス
私の男
ウォッチメーカー
食堂かたつむり
阪急電車
ラジオ・キラー
ホームレス中学生
八日目の蝉
for you(五十嵐貴久)
西郷隆盛(海音寺潮五郎)
こっちへお入り(平安寿子)
島津奔る
君の望む死に方
年収崩壊
ミノタウロス
ベーコン(井上荒野)
桜庭一樹読書日記
ほとんど記憶のない女
これを食べてはいけない
でいごの花の下に
新・御宿かわせみ
四人の女
雲をつかむまで
愚行録
落語ハンドブック
愛についてのデッサン
死刑囚最後の晩餐
裁判員法廷
高く遠くへ歌ううた
ハルカエイティ
失敗しない田舎暮らし入門
宇宙のみなしご
時計を忘れて森へ行こう
東京バンドワゴン
東京バンドワゴン~シーラブズユー
ボローニャ寄稿
黄昏の百合の骨
麦の海に沈む果実
ミーナの行進
I Love You
ラットマン
完全恋愛
正義の味方
蛇と林檎のゲーム
百瀬こっちを向いて
ざこ検事簿・罪作りな人々
ロストジェネレーション
死化粧
ホルモー六景
こちら北国山の中
大いなる看取り
馬頭のカバちゃん

ざっと書いてみて、ほとんど内容を覚えてなかったり、呼んだ記憶すらあやふやなものがある。
乱読するとこんなもんです。
でも、こうしてタイトルを書いてくるだけで、読んだ時の感動やその作品の持つ匂いのようなものが、もう一度立ち上ってくるものもある。
次回は、この中からpick upしてオススメをご紹介します。
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

源氏物語の時代

「源氏物語」は、「あさきゆめみし」で読む。
そういう人、きっと多いはず。
私の「源氏物語」初体験は、教科書を除けば、円地文子訳版だったと思う。
それから、確か瀬戸内寂聴訳版も読んだな。
でも、最近はもっぱら「あさきゆめみし」。
そんな私が、今回読んだのが「源氏物語の時代」

いや、これ、予想外に面白かったんですけど。
タイトル通り、源氏物語についてではなく、源氏物語が生まれた時代の宮廷の様子が描かれている。
そういや、教科書で読んだ覚えがあるんだけど、確か、「枕草子」の清少納言と、「源氏物語」の紫式部は、同じ後宮の中の、違う女主人に仕えていて、確か、清少納言のボスである中宮は失脚したんだった……ってな記憶しかなかった私、今回この本を読んで、当時の貴族達の勢力図がやっと頭の中に入ったよ。
帝を取り巻く宮廷というやんごとない世界にあっても、千年という時を経ても、人間本来の姿は変わらない。
出世を願い、そのためには他人をけ落とすことも厭わない。
その一方で、実家が没落した女性を愛し抜く男性もいる。
みずからのボスには出世(帝の寵愛を得ることも含めて)して欲しいし、そのために力を尽くす。
女達はさまざまに貴族の男性達の噂をし、かまびすしい。
男達にどう思われているのかも気にかかる。
才女の清少納言だって、自分の天パの髪を気にしたりする。
紫式部は、同じように才女で、売れっ子エッセイを書いてる清少納言をくそみそにけなすし。

当時生きていた人たちの姿が、イキイキと目の前に浮かび上がってくる……
それは好著の証ですね。
「古典なんてかったるい」と思ってる人でも、「人間ドラマが好き」ならぜひオススメ。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。