スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちに帰れて良かったね

漫画家・西原理恵子さんが好きで、購読紙は毎日新聞ではないのだけど、西原さんの「毎日かあさん」は、ネット上でチェックを欠かさない。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/women/etc/riezo/
連載を始めて、離婚。
のはずなのに、いつの間にか旦那さんが戻ってきている。
へええ、やっぱり子供がかすがいになったのかしらん?
等と思っていたのだけど、そんな甘いもんではなかった。

もともと西原さんのエッセイなどによると、夫の鴨志田氏とはアマゾン旅行記執筆の際に知り合った。
このアマゾンまで行って、さんざん現地の安酒・ピンガを飲んで酔っぱらって・・みたいな、まじめな人が読んだら怒り出しそうな旅行記なんだけど、これまた私はたいそう好きで、雑誌の連載中も楽しみにし、単行本になっても買っちゃいました。

元々戦場カメラマンだった鴨志田氏は、この旅行中はビデオカメラマンとして参加。
アマゾンの仕事を終えてしばらくしてから、「飲みに来た」と西原さんのところへやってきて、「そのまま帰らなかった(西原さん談)」という強者。
ところか゜、二児までもうけたのに離婚。
理由は、この人のアルコール依存症。
離婚して(というか、西原邸を追い出されて)、アルコールの過剰摂取による吐血が10回。
毎回、「今度酒飲んだら死にますよ」と医師に警告されながらも、酒がやめられない。
その人がついに、病院に入院して治療することに。
入院前からの顛末や、同じ病院に入院している患者の様子など、とても生々しい。
元々知性の高い人なんだろう、嘆き節や恨みつらみはなく、文章も抑制がきいている。
そして、治療を終えて退院。
心から望んでいた、元妻と子供が待つ「うち」へ帰ることができた。
「いい話だなあ」って?
いえいえ、そこには「衝撃の事実」があって・・
アルコール中毒になる人には、壮絶な人生を生きてきた人が少なくない。
この著者もまさしくその中の一人だなあ、と思う。

それにつけても、読了して改めて印象強いのは、元妻であり、夫を「出戻り父さん」として受け入れた西原さんという人の器の大きさだ。
もちろん、子供の父親として受け入れたと言うこともあろうけど、それよりも大きな重い荷物を背負って、それをバネにしていける強さに改めて感嘆する。
「衝撃の事実」を知ってしまったから、なお。
ますますファンになりました。
この本読んだら、そう思う人が増えるはず。
その意味では、妻へのファンレターであり、ラブレターでもあるのかもしれません。
そう考えると、「いい話」だなあ。
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

そうだったんだぁ~

西原さんは、マンガを読んでいて、【豪傑】だなぁとは思っていたけど、そんな経緯で結婚されて、離婚されて、復縁されたんですか!【想像を超えた豪傑】だったんですわ~!私は、自分がやっぱりチマチマしているなぁ、と思います。『小市民』でしかないわ~。

いやあ、西原さんクラスの女性は滅多といません。
ホント、強者だと思います。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。