スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい、走ることも、この小説も~~風が強く吹いている~~

三浦しをんさんは、デビュー作の「格闘するものに○」から注目していた作家ですが、直木賞も受賞されて大ブレーク。
でも正直、受賞作の「まほろ駅前多田便利軒」は、何となく私の好きなテイストではなく、ちょっと遠ざかっていたのですが・・
よい!この作品↓はよいです!

もともと箱根駅伝が好きで、正月はテレビにかぶりついて駅伝中継を見、その激走ぶりに興奮し、ブレーキとなる選手の苦痛の表情に涙誘われ、という理由もあるのでしょうが、この作品にはほんものの駅伝同様心奪われました。
なにしろ、駅伝に出場するとはいうものの、参加する人数はたった10人。箱根は10区間あるわけなので、一人でも病気や怪我をしたらオシマイ。
しかもその10人たるや、陸上部員でもなく、単に同じボロアパートに入居しているだけ。
それどころか陸上未経験者はおろか、運動嫌いの漫画オタクや、ニコチン中毒のコデブまでいる。
監督って言ったら、年寄りの大家で、しかも練習には一度もつきあわず、何かというと碁会所に出かけるだけ。
そんなメンバーで箱根駅伝なんか出られるわけがない。
そりゃあ、当人たちだって解ってる。
主人公は走るために生まれてきたような男の子だけど、有望選手だったのに暴力事件を起こしたせいで陸上界からは干されているし、彼にとって見れば、そんな「素人の夢物語」がまだるっこしくてたまらない。
それでも、彼らは走り出すのですねぇ。
全然足の速くない黒人留学生(だって、理工学部の留学生、駅伝用にひっばってきた選手じゃないんだもん)、司法試験に合格した秀才ながら、陸上なんて縁ナシの四年生、明るいだけが取り柄の双子、テレビのクイズ観戦が何よりの楽しみという学生等など、一癖も二癖もある彼らを引っ張るのが、足に古傷を持つ、かつての陸上選手。
彼も4年なので、箱根に挑むチャンスはコレ一回。
果たしてそんな無謀な試みが達成できるのか?
というようなストーリー。
「男の友情」なんて、「嘘くさい」と思ってしまうひねくれ者でも、この作品の友情には泣ける。
また、ちょっと荒っぽく歩いただけで床が踏み抜かれてしまうような、このボロアパートの様子が楽しいのだなあ。
何かというと酒宴をはり、言いたいことを言い合うのが、もう何ともうらやましい。
最初はみんな嫌々やっていた練習がだんだん楽しくなってきて、20キロくらい普通に走れるようになっていく、その過程にも引き込まれていく。
絵に描いたようなヒールや怪人っぽい名選手も現れ、全編を通してのスパイスになっている。
何より小説として素晴らしいのは、文章を読んでいくと、風を感じることだ。
スタート地点の大手町の雑踏や、湘南の海沿いを走る道や、箱根の息が切れるような坂道・・その都度吹いてくる風が、自分の髪をなびかせているような感覚を味わう。
地面を踏みしめる足裏の感触、確実に前後に振る腕の力、バクバクと鳴り始める鼓動・・それらをリアルに感じる。
見るのは好きだけど、走るのなんか大嫌いという私が、この物語の主人公たちと一緒に箱根を走っている。イメージの中で。
そして、三浦さんの筆致は、「走ることが美しい」と実感させてくれる。
タイムとか勝利とかに関わりなく、ただひたすら、風の中を走っていくランナーたちが美しいと感じさせてくれる。
そして、この小説自体がとても美しいことも。

途中で読むのをやめることはできません。
次々、走るようにページを繰る。
あっぱれに美しく楽しく、血湧き肉躍る作品でした。
そんな小説に出会えることが幸せです。
お見事!
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。