スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な心地よさ~~かもめ食堂~~

公開中、とっても評判のよかった「かもめ食堂」。
やっとDVDで見ることができました。

フィンランドの首都・ヘルシンキに、一軒のレストランならぬ食堂が。
その名も「かもめ食堂」。
「どこにいても美味しいものは美味しい」
「美味しい鮭にはご飯が合う」
「レストランじゃなく、フラッと入ってこられる店がいい」
という考えを持つ、小林聡美演じるサチエが一人で営んでいる。
なんと、メインメニューは、おにぎりだったりする。
と言っても、開店1ヶ月後も、ただの一人もお客はいない。
店の前を通りかかる人も、中を見てはみるものの、入っては来ない。
やっと来たのは「日本オタク」の青年。
「ガッチャマン」の主題歌を全部知っているかと聞かれ、答えられないサチエ。
「誰だ、誰だ、誰だー♪」までは出てくるのに、その後が何度思い出そうとしても思い出せない。
本屋で出会った日本人女性・ミドリが、フルコーラス歌詞を知っていて、サチエはそのお礼に、ミドリを同居させてやる。
ミドリは、世界地図を広げて指さしたところがフィンランドだったからやってきてやった、というちょっと変わった女性。
片桐はいりが演じているので、ますます変さに磨きがかかっている感がある。
更に、飛行機に預けた荷物が何日経っても出てこない、というマサコという中年女性(こちらはもたいまさこ)も現れ、かもめ食堂を3人で切り盛りしていく。
店でぶっ倒れる女がいたり、
盗人が入ったり、
という事件はあるものの、大事件が起こるわけでもなく、かもめ食堂の毎日は淡々と明け暮れする・・
と、まあ、何とも心地良い映画なのである。
何しろ、大事件が起こらないせいか、ここのところの映画に多い、むやみやたらな効果音がない。包丁が素材を刻む音を、ちゃんと拾って聞かせてくれる。
それだけで、かもめ食堂の食堂たるゆえんが伝わってくる。
女優さん3人の間が、これまたとってもいい。
小林聡美の愛嬌と、片桐はいりのぎくしゃく感、もたいまさこの不思議なまでの落ち着きが、いかにも「甘ったるくない大人のおとぎ話」にふさわしい。
それに、料理がこれまた素敵。
ぷりぷりと脂がのった鮭、切るときにサクッさくっと音を立てるトンカツ、ふんわり焼けた厚焼き卵、今にもシナモンの香りが漂ってきそうな焼きたてのシナモンロール・・
ウチのデブ夫に見せたら、「食べたい!」を連呼するに決まっている。
私ですら、ごっくり喉を鳴らしそうになったくらいだから。
小林聡美さんは、おうちでもしっかり料理をしている人だなと推察できる。
調味料を混ぜ合わせるとか、生地をこねるとか、そんなちょっとした手さばきが、キチンとした家庭料理の作り手であることを伺わせるから。
この映画では、そういうリアリティが大事なんだなあ。
だからこそ、甘くないおとぎ話ができあがる。
かもめ食堂が満席になり、お客たちが嬉しそうにおにぎりをほおばり、トンカツに舌鼓を打っているのを見て、静かなカタルシスを感じた。
いいなあ、こういう映画。
評判がよかったのが良く分かりました。
DVDで見ても、その良さはとても良く分かります。
見たらお腹が空いてしまうのは必定なので、お腹の空き加減と相談してご覧ください。

スポンサーサイト

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

寡聞にして、【かもめ食堂】が映画だったとは知りませんでした。テレビのCMで小林聡美さんが【かもめ食堂】でお料理しているのを見て、『唐突やなぁ~!』と思っていたのですが、そういう映画だったと知って、納得です。小林聡美さんの出る映画って、≪ハズレ≫がないですよね~。私も見たくなりました~☆

見ると、おいしいご飯を作りたくなります。それと、キッチンをキレイにしたくなりますね。
北欧のインテリアも調理器具も、本屋さんのたたずまいとか洋服のセンスとか、いいなあと思いました。
ぜひのーんびりとご覧あれ。オススメです。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。