スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏でもできる、優雅にして甘い恋~~無銭優雅~~

言わずとしれた恋愛小説の大家、山田詠美氏。
もちろん、デビュー作「ベッドタイムアイズ」に度肝を抜かれ
「ソウルミュージックラヴァーズオンリー」や「風葬の教室」などの巧みさにうならされてまいりました。
が、ここのところ、ご無沙汰していたのです。
どうも自分の志向が恋愛小説より他のジャンルにいっていたようで。
なんかもう、熱くって、濃密で、艶にして・・というような恋愛小説を読むと疲れてしまうような気がしてたのかも。
が、タイトルに惹かれ、久方ぶりにお目見えしてみたところ・・
良い、佳いのですよ、この恋愛小説は。

主人公は42歳の女性。
フラワーショップの共同経営者と言えばかっこいいけど、実は開店資金は父親の退職金、しっかり者の共同経営者に助けられ、無駄な買い物はしないという顧客を相手に、チマチマと商売をしているといったところ。
両親と同居している、世に言うパラサイトシングルで、二世帯同居の兄夫婦からも両親からも「頼りない」「不良娘」と思われている。
黒人相手に燃えるような恋をする、ってな主人公とは全然別物。
その彼女と偶然に知り合って、その出会いを「運命」だと言い切るのは、同い年の予備校の国語教師。
古びて雑然とした家に住み、強度の乗り物酔いのせいで旅行にも出かけられないという、どっちかというとさえない部類に入る男。
世間から見たら、イケてない中年カップルかもしれない。
主人公の姪がイメージする「オトコイ(大人の恋」とは全然違う。
でも、二人は満ち足りている。
古びた家の縁側で語らいあいながら酒を飲み、その奧の寝室で抱き合い、いきつけのジャズバーでさんざんバカなのろけを言い合ったあと居眠りしてしまうような、まったりとやわらかな恋。
「甘い恋」と言うけれど、若い頃の恋は、砂糖ぶち込んだような舌がしびれる甘さ。
この二人の恋は、何というか素材そのものの甘さがにじみ出てくるような、そういう味わい。
お金がなくても、恋愛を盛り上げる枷がなくても、大人の恋はできる。
世間のヒトヅマが「ドキドキするような恋をしたい」というのを聞くと、気持ちは分かるけど、「今さらそんな疲れることはしたくない」と思っていたのだけど、いや、こんな恋ならしたい。
つまるところ、恋というのは、自分の持っている何かをどうにかして相手を喜ばせ、いい気持ちにさせ、そして自分も満ち足りた気分になり、いい気持ちになり、幸せを感じることに尽きるわけですね。
恋愛小説の佳品です。
「いや、もう恋愛なんてどーでも」なんて人にぜひオススメしたい。
さすが山田詠美先生。感服の一冊でございます。
スポンサーサイト

テーマ : 読了本
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あいのりなぎさが来週告白どうなっちゃうの?

あいのりなぎさが来週告白どうなっちゃうの?

コメントの投稿

非公開コメント

う~ん、なるほどね~。確かに、【韓流ドラマ】にしても、日本の恋愛ドラマにしても、見ていて楽しいけど、『うんうん、そんな時代もあったけど、もう一度あのジェットコースターみたいな思いはしたくないなぁ。』というのが本音でしたねぇ~。じんわりと、いい意味でのマンネリ感に包まれているというのも、一つの幸せだと思える年になったということかもしれませんが、それも年齢を重ねて知った事の一つですね。そんな大人のための恋愛小説、読んでみたくなりました。

大人の恋って言うと、何となく裕福で見栄えのする男女の都会的な恋愛ってイメージを持ってしまいがちですが、貧乏でも素敵な恋愛ができるという見本のような作品です。私も無銭優雅を目指したい。(いや、夫以外と恋愛したいと言うことではなく)「優雅」に思いをかわしたいと願うのです。
日々の現実に追われていますとねぇ。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。