スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抱腹絶倒!書評で笑える「文学賞メッタ斬り」

「評論家」と言われる方々があまり好きではない。
「野球評論家」を名乗る輩に「今のイチローは**ですよ」とか「松井はもうちょっと**した方がいいですね」とか言われたって・・ねえ。
「おまえが言うな」でしょ。
他人のふんどしで相撲を取る職業の典型だなと思っていたのですが、何事にも例外があるものです。
書評家と言われる方々の中で、私の一のお気に入りは斎藤美奈子女史ですが、ここのところ、トヨサキ社長こと、豊崎由美さんがかなりの追い上げ。
この方、「ベルカ 吠えないのか」を激賞されてまして。
これは信頼できます。
その上、渡辺淳一をけなす、けなす。
もう、ものすごく正しい書評家じゃありませんか。
その豊崎さんと、書評家として大ベテランの大森氏が共著されているのが、こちら↓



笑えますよー。
リビングで大笑いしながら読んでいたら、夫に「そんなに面白いの?」と聞かれました。
コメディ作品かなんかと思ったらしい。
いえいえ、芥川賞、直木賞を初めとする文学賞をまさにバッサリ、袈裟がけし放題って感じ。
何故村上春樹は芥川賞を受賞してないのか?
何故あの作家があの作品で受賞しなければならないのか?(他にいい作品があるのに、そっちは選考から落ちてる)
選考委員のえこひいきやイジメがあるんじゃないか?
なんて、ちょっと小説読む人なら誰でも考えつきそうな疑問への答えが続々。
私が一番笑い、かつ情けなくなったのは、豊崎さんの天敵・ジュンちゃん(渡辺淳一)の選評。
愛する宮部みゆき作品の中でも突出した名作「火車」を、ジュンちゃんは「何を書きたかったのか、ただ筆を流しているとしか思えなかった」と評したらしい。
ぐぐう。あの名作に対し、何たる不敬。
何を書きたかったか読めないようなアタマで、選考委員なんかやるんじゃねぇ!
と、豊崎さんが近くにいたら手を取り合って言いたいもんです。
他にも、選考委員が候補作を読んでないと思われる節があるとか、選評になってない選評の数々とか、もう、脱力したり、大笑いしたり・・大変でございました。

あまりに笑えたので、豊崎氏の対談をネットで追っかけしてしまいました。
続きも出た↓ので、これまた読んでみるつもりです。

スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

最近の小説を読んでいない私としては、どう言っていいか分からないけど、昔から、【賞受けする作品】とそうでない作品はあるなぁ、と感じていました。その時の選考委員の好みは確実に反映されるよな、とは思ってもいました、面白そうな2冊ですね~☆

文壇ってところも、なかなかややこしそうですね。やっぱり選考委員に嫌われると、受賞が遠のいたりするらしいです(噂だけど)。
「○○賞」を受賞しなければ本が売れないという悲しい時代だから、作家はみんな受賞したいんだろうけど、一センスのない選考委員に選ばれてもねぇ、という気にはならないのかしらん?
作家が今一番受賞したいのは「本屋さん大賞」かも。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。