スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風を感じる爽やかさ~~本屋さん大賞受賞作~~

今年度の本屋さん大賞受賞作。

作者の佐藤多佳子さんは、児童文学出身の方。
初めての大人向け小説「しゃべれどもしゃべれども」を読んだ時、ああ、これはいい小説を書く人だなあと思ったのを覚えている。
でも、その後大きくブレークすることがなくて意外だったんだけども、いやー、キタキターッて感じですね。
この「一瞬の風になれ」が大好評で本屋さん大賞に選ばれるし、「しゃべれどもしゃべれども」は、TOKIOの国分君主演で映画化されるし。
実力のある方なので、当然と言えば当然なんだけど。
語り口が爽やか、なんですね。
ことに、この作品は高校陸上部のリレー選手の話なので、いやが上にもです。
苦しい練習を重ね、何リットルもの汗をかいて走る選手たち。
ライバルであり親友でもある幼なじみとの友情、兄と幼なじみ二人の天才に囲まれた主人公の切なさと誇り、部内の友情と、理解ある先生への敬慕、部内の女子へのほのかな片思い・・もう、どこを切っても、爽やかさを感じないはずがない。
最近どこかで感じた感覚、と思ったら、これだった。

こちらも大人気で、映画化されてますね。
著者のあさのあつこさんも確か児童文学出身だったはず。
直木賞受賞者の森絵都さんもそうだし。
児童文学出身の作家産からしばらく目が離せなくなりそうです。

文句付けるとしたらただ一つ。
バッテリーみたいに長編になるなら、一冊の単価はもう少し下げていただきたいもの。
一冊1400円で何巻もって、高校生読者にはちょっと手が出にくいのでは?
いや、今どき、高校生の方がお金もってんのか?
うーん、それはそれでなんか癪。
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

本屋さん大賞受賞作は、関西ローカル情報番組≪ちちんぷいぷい≫でも紹介されていました。紹介していたアナウンサーが高校時代陸上部だったそうで、その思い入れの強さが凄かったので憶えていました(笑)。ところで、ハードカバーは高校生にはやはり少しお高いですね。ウチの娘は自分で買わず、学校の図書館の先生と仲良くなってリクエストをバンバン入れて学校の図書館で買ってもらってチャッカリ読んでいます。それはさて置き、少しブログをお休みさせて頂きます。また体調が戻ったら(そんなに先ではないと思います)復活するつもりです。復活したらまた訪問させていただきますね。どうぞよろしくお願いいたします。

メリーさんに訪問して頂けないと寂しくなりますわ。おはようお帰り~
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。