スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪人

芥川賞受賞作家・吉田修一さんの話題作。
朝日新聞に連載されていたのに、その朝日を購読してるのに、読んでませんでした。
バカだなあ、と思いつつ、一方で、イヤ、これは毎日チビチビ読んでられませんよと思ったりもする。
最初、なんか重苦しそうな話だと思ってしまったのよね。
決して軽い話ではないです。
でも、ぐいぐい引き込まれ、結局かなりの分厚さがあるのに、一日で読んじゃいました。

福岡で保険外交の仕事をしている若い女・佳乃が殺され、峠に遺棄されているのが発見された。
彼女は、恋人の大学生とデートすると言って、夕食後に友人と別れ、そのまま帰らぬ人となってしまったのだ。
当然、彼女と会っていたという大学生に注目が集まるが、彼は姿を消していた。
その一方で、警察は、佳乃が出会い系サイトで出会った男たちも追っていた。
その中の一人である祐一は、幼い頃に母親にフェリー乗り場に捨てられ、現在では病気がちの祖父母と、老人ばかりが住まう漁村で暮らしている。
ぱっと見は格好のいい祐一だが、言葉数は極端に少なく、人とうまくコミュニケーションが取れない。
風俗の女に優しくされたら、その言葉を頭から信じてしまうようなところもあった。
祐一のところにも警察が尋ねてくる。
しかし、祖母や近所の老婆が祐一のアリバイを証言してくれたことによって、捜査の網から逃れた。
しかし、祐一の心は晴れない。そんなとき、かつて出会い系サイトでメールの交換をしたことのある、紳士服の量販店に勤める光代と会い、祐一は初めて幸せを感じる。
だが、おりしも大学生が見つかり、彼の供述から、警察は祐一に目を向けた。
そして、デート中、祐一は自分が佳乃を殺したことを打ち明けるが、光代の言葉は意外なものだった。
二人は逃避行を続け、追いつめられていく。
警察官に踏み込まれる直前、祐一が取った行動とは・・

表面だけ見ると、どうしようもない人間ばかりが登場するような気がする。
そもそも、金持ちの息子だという大学生に熱を上げ、彼とつきあっているような嘘をつきつつ、出会い系サイトで男を引っかける佳乃は、殺される原因を自分で作っていたようなものだし、そんな女に引っかかる祐一は、一見、頭の中に性欲しかないのかと思うような、コミュニケーション不全の若者だし、地味でまじめな光代も、正月やクリスマスイブも共に過ごす恋人がおらず、孤独感のあまりショッピングセンターのトイレで泣き出すような寂しい女である。
しかし、読み進むうちに、祐一も、光代も、キャラクターに別の光が当てられ、そこから浮かび上がる人間像は切なく、共感を呼ぶ。
誰が悪人で、誰が善人なのか。
生きている人間は、そんな単純な善悪で割り切れるものではないというのが実感できる。
愚かで金に貪欲な佳乃を、たとえ世間がどういおうと全身全霊をかけて愛する父親や、
詐欺商法に引っかかってしまい、それに日々おびえながらも、最後には自分の尊厳をかけて立ち上がる祐一の祖母、容疑者となった大学生のあまりの薄っぺらさに呆れ、佳乃の父親の捨て身の行動を見たことによって、生と死を実感する大学生の友人など、周囲の人間の生き様が、秀逸な描写でせまってくる。
そして、最後に光代が語る言葉。
痛ましくも、切なくも・・泣かされます。
うーん、2007年上半期に読んだ本の中で、五本の指に入る佳作。
人がただ生きる、たったそれだけの難しさをしみじみと考えさせてくれます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。かぱ子です。
相変わらず精力的に読書をされていますね!
珍獣さん、ファンタジーが苦手なのですか・・・・・・・・・・・・・・・・・私もです(笑)
どーにも、読めなくて困っています。
もともと、自力で何とかする人に興味があるせいかも知れません。
「ハリポタ」なんて・・・主人公ってだけで優遇されていますもの。
(1巻だけ読みました・・・)
それでは、また。
突然の訪問、失礼いたしました・・・。

かば子さん、こちらこそご無沙汰してます。
ここのところ、何冊か気に入った本が見つかったので、せっせと読んでおります。
今年の上半期は「アタリ!」って感じる本が多くて、ほくほく。
書評を注意して読むと、何となく自分の好みの作品がわかるものですね。
またお越しくださいませ。お待ちしております。
(かぱ子さんの番組評、読みましたよ!私も録画してみてました。
日本で「ベストセラー」を生み出すのはやっぱり幻冬舎ですね。
山田詠美さんと、編集者の石原さんの関係がとっても素敵でした
SNSの方にかき込もうかと思ったんですが、あちらは私のPCと相性が悪いらしく、レスすると落ちてしまうのでためらってましたの)
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。