スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三世代の女が紡ぐ昭和~~赤朽葉家の伝説~

惜しくも選に漏れたものの、直木賞ノミネート作。
「吉原手引草」は手練れの作品というイメージですが、こちらは何とも言えない奇妙な魅力を持ってます。
いわば三人の女を主軸に、山陰地方のとある町と日本を俯瞰した年代記、とでも言えばいいんでしょうか。
しかし、「年代記」なんて枠に収まりきらないのが、この作品の面白いところです。

鳥取県の紅緑村は、製鉄業で栄えていた。
繁栄の象徴は、村の開祖であり、製鉄所のオーナーでもある「赤朽葉家」。
村の一番高台に存在する、真っ赤な屋根の大豪邸である。
その高台から海に向かって、製鉄所の宿舎がだんだんに連なっていた。
連なった家々は、お偉いさんが上の方に住み、職工たちが下の段で暮らすという、製鉄所のヒエラルキーそのものだった。
その職工の中の若夫婦が、拾い子をもらった。
それが最初の世代の女であり、全編を通して主人公となる娘・万葉(まんよう)である。
万葉は、山陰地方の山深くに住む辺境の人・「山の民」の子供らしく、紅緑村の人々とはまったく違った風貌をしていた。
彼らは紅緑村ともどこの町の人々とも交わらず、時折、村の中で自死したものが現れると、そのしたいを弔ってくれるという伝説を持ち、人々から畏怖される存在だった。
なぜ万葉が村に置き去りにされたのかは、万葉自身も、誰も知らなかった。
万葉は「ひろわれっ子」といじめられながらも、愛情深い養父母の元で、弟妹の世話をしながら暮らしていく。
そして、ある日、赤朽葉本家の大奥様から、長男の嫁にと請われることになる。
望めばどんな高貴な生まれの嫁でももらえそうな赤朽葉家が、何故山の民の、しかもひろわれっ子を嫁に取るのか、周囲も、あるいは本家や分家の人々にも皆目分からなかったが、大奥様のタツに逆らえる人間はいなかった。
そして、タツの目は正しかった。
万葉は時折未来を透視する「千里眼」の持ち主だったのだ。
学校に通っても、字も読めず、勉強は皆目出来なかった万葉だが、その不思議な力は、確かに赤朽葉家の力となった。
当主の死期を透視したことによって、赤朽葉家は世代交代を早めることが出来たから。
万葉は他にもさまざまな未来をみた。
中には決してみたくなかった未来があり、万葉はそれを誰にも言えずに、一人胸にひめて苦しみ続ける。
四人の子をなし、妾の子供を入れて五人の子の面倒を見、赤朽葉家の当主夫人としての仕事をこなしていく万葉の背後を、昭和はさまざまな表情を見せながら流れていく。
製鉄所は職人がいなくなり、やがてオートメーションの波に呑まれていき、さらには製鉄業そのものが廃れていく。
高度成長時代の活気がオイルショックで冷え込み、またバブルで踊り始める・・
そんな昭和が流れる中、万葉の娘である毛毬(この妙な名前は、大奥様・タツの命名なのだ)は、お嬢様として育ちながら、全国を統一するレディースの親玉となり、さらには十二年間連載を続ける大ヒット漫画家となる。
その毛毬の娘・瞳子が、この物語の語り部である。
しかし、彼女の印象は極めて薄い。
母の持つ破天荒さはなく、祖母の持つ千里眼も、孤独に耐える強さもない。
平成に育った若者を象徴するような存在だ。
が、この薄っぺらな語り部だからこそ、流れ去った昭和の奇妙な躍動感が、万葉の生き様を通じて伝わるのかもしれない。
登場人物全てが、妙にねじれていて、まさに奇妙。
それがこの作品の一番の魅力だろう。

うん、私は好きだな。この小説。
でも、直木賞は取りませんわねぇ。やっぱり。
作者の桜庭一樹氏は、確かライトノベルの出身で、初期の「少女には向かない職業」あたりではそれほどきらめくものを感じなかったのだけど、このあたり↓

の作品からは、どんどん魅力的になってきたなあという気がします。
ますます化けそうな要注目!の作家と言っていいんではないでしょうか。
文体に好き嫌いは出そうですが、未読の方はチェックしてみて。
スポンサーサイト

テーマ : 読了本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

さすがですわ・・・。
この本をすでにチェックされていたのですね!
直木賞は受賞しませんでしたが、推理作家協会賞を満場一致で獲りました。
私は小説誌に掲載された短編を二つほど読んだだけなのですが、
「この人、面白いかも・・・・!」と思っていたのです~♪
是非、「赤朽葉」も読みます!
かくいう私は、今日のミクシィにも書きましたが宮部さんにハマッてます。
昨日、「あかんべえ」を読んだのですが、何なのですかコレは・・・。
すっかり玄之介さまラブですわ♪

作家さんって、「伸び時」みたいなのがあるんでしょうね。
桜庭さんはいますごくいい時のような気がします。

そうですか、かぱ子さんは玄之介さんですか。
私は「ぼんくら」「日暮らし」の弓之助、おでこコンビにやられています。
ことにおでこちゃんはカワイイ!
宮部さんのキャラクターって、いいですよねぇ。
陰惨な事件の中に置かれているだけ余計に。
ああ、はやくおでこちゃんの活躍する「おまえさん」が単行本で読みたいっ!
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。