スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悪」について向かい合うこと~~「楽園」

愛する宮部みゆきさんの新作。
もちろん、速攻で買って、帰省している間に読みふけりました。
寝る前、起きた時、トイレまで持ち込んで(^^;)、完読。
だって、手放せなくなるくらい夢中にさせられるんだもん。


今回の主人公は、「模倣犯」を読んだ方なら誰でもご存じのルポライター・前畑滋子。
あの忌まわしい連続殺人事件から9年。
事件に深く関わることになった滋子だが、事件のあまりの悲惨さに毒されたのか、その顛末はおろか、「書く」仕事もできなくなっていた。
やっとフリーペーパーの編集部の一員としてライター仕事に復帰した滋子の元を、一人の女が訪ねてきた。
彼女は、自分の死んだ息子に「超能力」があったという。
息子が交通事故死した後に、彼が書き残した殺人事件が発覚したというのだ。
それは、両親が非行娘を手にかけて自宅の床下に埋め、十六年もの長きにわたってそれを隠し続けていたというものだった。
果たして死んだ息子の能力は本物なのか、
両親が娘を殺したのは何故なのか、
半信半疑で、ただ母親のためを思って調べ始めた滋子だが、やがて事件の深層にある「悪」に気づき始めた・・

正直言って、最初帯を読んだ時には惹かれなかったんです、この作品。
モチーフが超能力かよ、って。
確かに宮部さんの作品には、「龍は眠る」とか「魔術はささやく」とか「鳩笛草」とか「蒲生邸殺人事件」とか、サイコパス関係の名作が沢山ありますが、でも「模倣犯」はまったく現実世界の現実的な殺人事件だったし、そこに登場しキーパーソンとなった前畑滋子が、今度は超能力ものにも出てくるってのはどーよ?と思ったわけですね。

が、そんな懸念はいっぺんに吹っ飛びました。
滋子は超能力なんか信じていなかったし、出来る限り信じようともしなかった。
そして、息子のことを「超能力者では」という母親自身、それを確信していたわけではなく、ただ、彼女はいなくなってしまった息子のことを知りたいだけだった。
それなのに、事件は意外な方向に転がっていく。
ものが飛んだり、人を催眠術にかけたり、タイムトリップしたりはナシ。
滋子と、母親と、殺された非行少女と、その妹の人間関係が丁寧に描かれ、全然違和感がありません。
そして、今回もにじみ出てくるのが、ただの生身の人間が立ち向かうことの出来ないような「悪」。
「模倣犯」で、犯人達は何故あんなむごい殺人事件を起こしたのかは、はっきりと説明されていません。
だって、そんな「悪」にわかりやすい解説は出来ないからです。
ワイドショーが簡単に使う「心の闇」、そんな単純なものではない、奥深く、戻ってこられそうにもない闇に満ちた「悪」・・
金とか、嫉妬とか愛欲とか、そうした一言で説明される明快な動機をもたないが故に、つかみ所がなく防ぐこともままならない「悪」・・
今回も宮部さんは、「超能力」をモチーフにして、そのテーマに果敢に挑んでます。
その「悪」の本質は何か。
わからないながら、「悪」に対峙したものたちはどうすればいいのか。
切なくも苦しい選択をした人々の叫びが聞こえてきそうです。

もちろん、ストーリー構成といい、キャラクター造形といい、流石に手練れ。
ぐいぐい引き込まれて前後編、2冊読んじゃいますよ、きっと。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

うわーっ!

お読みになったのですか!!!!!!
さすがですわ、珍獣さん!本当にさすがです!
ビンボな私にハードカバーは買えず・・・。
売り上げランキング上位に食い込んでいる「楽園」上下の文字を見つめては、
はうー、いつか絶対!と唇を噛みしめている今日この頃です。
そうなんですよね、もぉー止められないんですよね!!!!
だから、長編を手に取るときってすっごく勇気が要るんですよね~~~。
私も後を追いかけます!待っていてください!

ええ、私も財布の薄さと満杯の本棚から考えて、最初は図書館で借りよう思ったんです。そしたら・・なんと100人待ち!ですってさ。
待ってられっか、そんなの!と楽天booksへ即注文してしまいました。
でも買って悔い無し。私が何回か読みかえし、夫もそのうち読んで・・となって元は取れます。
どーしても、今、この瞬間に読みたい!という本、ありますよね。
私は大好きな「ぼんくら」シリーズの新作、「おまえさん」が出たら、間違いなく本屋に走ります。

100人待ち?! 作家冥利に尽きますね。
私も、かぱこんに続き読んでみます。
私は図書館で予約しま~す。
今私が書店でお金を出すのは、もっぱら料理本。
でもほとんど活用できず、ブックオフへ。
いったい何をしていることやら・・・・。

イヤイヤ、やる気とイメージが大事と言うことで(^^)。
私もついついオレンジページの特集やらの類の料理本を買ったもんでした。
高い料理本は買っても使えません。
雑誌の料理とレシピを切り抜いてキッチンに持ち込んでました。
本をいちいち見ながらじゃ、料理は進まないですもんね。
今はもっぱら「こんな感じだったっけー?」イメージ記憶して作りますが、時々元の料理とは似てもにつかないモノができあがることも(^^;)
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。