スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「片づけられない女」卒業?

あなたは「掃除好き派」ですか?
私ははっきり言って嫌いです。
あ、でも、正確に言えば、掃除すること、例えば、掃除機をかけたり、ぞうきんがけをしたり、モップをかけたりするのが嫌いなんではなく、整理整頓が嫌いなんです。
けど、整理整頓が嫌いだとモノが散らかり、それを片づけて掃除機をかけなければならないと面倒になり・・結局具体的な掃除もやらない・・と言うことであり・・つまり、やっぱり掃除嫌いなんですわね。
いろいろ言い訳したって。
その手の掃除嫌いのみなさん、この本↓を読むと勇気が湧きますぞ。

イヤ、なに、片づけるったって、一世を風靡した「捨てる技術」みたいにシステマティックなモンじゃありません。
脱力系のイラスト漫画で描かれた、筆者本人の汚部屋脱出記です。
一時期ニュース番組などでよく取りあげられた「片づけられない症候群」の女性がいましたが、この本の作者もどうやらそうだったらしい。
蓄積されたものの間に体を横たえて寝ていたり、必要なモノが全部何かに埋もれていたり、印鑑や領収書といった類のものを探すのに半日かかったり。
そんな彼女がある時、友人に男性を紹介され、かなりいい雰囲気が進んでいたというのに、その男性が突然彼女の部屋の前まで来てしまい、部屋の中を見られてしまった!
ゴミためのような汚部屋を見られて、当然振られてしまった作者。
心機一転、部屋を片づけることを決意するのです。
そしてそれから当然悪戦苦闘が始まるのですが、なるほど、この部屋が汚部屋になるにはこんな理由があったのねと納得しつつ、ごくごく簡単でシンプルな原理の元に、着々と片づけを進めていく様子に、力づけられます。
そのごくごく簡単でシンプルな原理は、その都度、すぐに片づけると言うこと。
例えば・・「そのうち読む」と言って取って置いた雑誌は読んだ試しがなく、
「そのうち使う」と溜めておいた小物は全てゴミ。
DM等溜まりやすいものは玄関先でゴミ箱行きにし、
水あかやホコリも、その都度、さっさと拭き取る。
こうして作者の部屋はきれいになり、捜し物に時間を取られることもなく、汚い部屋に帰る憂鬱な気分を味わうこともない・・
おまけに、この本、今結構売れてるんですよね。
部屋がきれいになって、お金も儲かる!
なんて素晴らしい一石二鳥。
うらやましい限りですが、「ま、そこまで私の部屋は汚部屋じゃないから」と、自らを慰めつつ、結局未だ「掃除嫌い」は卒業できない私。
「その都度」「すぐに」
それが出来ればいいんだけどねぇ。
あ、でも、作中で紹介されているおそうじグッズ、かなり使えそうです。
それもオススメ。
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

私でも片付けられるかな~

わたしこそ、片付け大の苦手です。ついでに料理も大っ嫌い。
いったい私は何の生まれ変わりなんだろう? と首をかしげる日々。
何も進展いたしませぬ。
パソコンまわりも雪崩のように不要品が積み上げられております・・・・。
子ども達にも、私には何も預けるな、と教育(?)しております。
私も読んでみます、この本。
楽しみになってきました・・・・お掃除グッズも興味ありです。

最初は優越感を覚えるんです。いくら私でも、ここまで汚くない、って。
一応、印鑑なんかの大事なものはどこにあるか分かるし、取り出せる。
大事な書類も別にしてる。
流し台は寝る前にはキレイにして寝てる(だってゴキブリが怖いんだもん)。
ほらほら、私は大丈夫って。
でも、この筆者はちゃんと汚部屋を片づけた上に、今は「その都度」「すぐ」片づけられるって言うんですよ。
うーむ、一度とことん汚部屋にしたら、そういう自覚が湧くかしら?と、恐ろしいことを考えてしまう私。
土手さん、土手さんだけ掃除嫌いを卒業しないでねー(→なんのこっちゃ(^^;))

私もお掃除苦手です

掃除できていない部屋のせいで振られたら、人生は確かに変わるでしょうね。ウチは幸か不幸か、同程度に整理整頓の苦手なもの同士で結婚してしまったため、結婚以来【キレイな家】に住んだことが無い・・・(嘆)そして、子どもたちも【キレイな家】というものをテレビの中でしか知らないで育ってしまった。きれい好きな人たちとウチの子達は結婚できるのか???

今年亡くなった祖母はキレイ好きでした。
遊びに行くたびに、夕方、一緒になって掃除をさせられ、「畳の目に沿ってぞうきんをかけろ」だのなんだのと小言を食らい、子供の私には全然遊びに行きたい家じゃなかった。
でも、死ぬ間際まで一人で暮らして、急を聞いて親戚が駆けつけてきても、あわてて掃除しなければならない、なんて事はなく・・やっぱり「あっぱれ」だなと思いました。
私の場合だと・・掃除してからでなきゃ、入って欲しくないなあ、他人様は。
そう思うと、キレイ好きの人はエライ。
メリさんのお子さんがキレイ好きな方と結婚されることを祈りますわ。
祖母はキレイ好きだったけど、その娘である母親は散らかし魔。
キレイ好きは遺伝しないようですけどね。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。