スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切なく愛しい青春小説~みなさんさようなら~

「青春小説」って、ありがちですよねー。
好きだけど。
かつて、若かりし日の自分を思い浮かべながら読む分、過去の思い出が読後感にプラスされたりして。
誰だって多分好きなジャンルなんだろうな。

で、この「みなさん、さようなら」。
最初は奇妙な主人公が出てきたな、と思うわけです。
主人公の悟君は、小学校を卒業したら、住んでる団地から一歩も外へ出なくなってしまった。
団地の外にある中学校には一日たりとも通わず、いわば「団地引きこもり」状態。
引きこもったとはいえ、団地内のコミュニケーションセンターにある本を読んだり、自分なりの勉強もし、空手の達人大山倍達に私淑し、彼が行ったとされるさまざまなトレーニングを積む・・という活動的な引きこもり。
やっぱり、変。
「パトロール」と称して、団地内に住む小学時代の同級生の家を調べて回らないと気が済まない。
そのうちに明かりはついているだろうか、同級生は帰っているだろうか、夜警団よろしく毎日毎日団地内を歩き回り、時には郵便受けから中を覗いたりもする。
当然、「おかしいよ、あの子」と非難されることもある。
それでも、離婚して女手一つで悟君を育てている母親のヒーさんも、
コミュニケーションセンターの職員も、
やがて悟君の「師匠」となるケーキ屋のオジサンも、
そして同級生自体が、そんな悟君をどこかで受け止めている。
中学校を卒業する年になっても、当然悟君は団地を出ず、団地内で働いて暮らして行くべく、団地内のケーキ屋さんに就職する。
そこでケーキ作りを学びながら、体を鍛えるトレーニングは日々欠かさず(親指一本腕立て伏せとか、とんでもないトレーニングなんだ、これが)、もちろんパトロールも続けている。
お年頃の彼にはやがて、ずっと団地で共に育ってきた女の子の恋人もでき、「性春」も謳歌する。
けれど、同級生が成長し外の世界へ出ていくと共に、団地からは櫛が抜けるように人がいなくなっていく。
一人、三人、五人、十人・・毎年毎年、出ていく同級生やその家族を見送る悟君。
いいんだろうか、それで。
当然の事ながら、団地から一歩も出ない悟君と彼女との間には亀裂が入っていく。
そうまでして団地に引きこもる理由が明らかにされたとき、それまで「ちょっと、いや、かなり変な男の子」だった悟君が、とても切なく、愛しくなる。
彼の奇矯な振る舞いが、「ああ、そうだったのか」と腑に落ちた瞬間から、悟君を愛せない人はいないだろう。

著者は、この作品でパビルス新人賞を受賞し、次の作品で日本ファンタジーノベル大賞も受賞するという大器。
「青春小説」というジャンルの第一人者になりそうな予感がする。
スポーツに打ち込む純な少年、ってのも美しいけど、胸の奥を細い指でスリスリされるこの感覚こそ、グローイングアップストーリーには欠かせませんぞ。
年の瀬、忙しい日に読んだら手放せなくなるけど、それでもいいやーって言う人は、即Amazonへ。
しかし、うまいよ、この人。ホント。
小説の世界には恐るべき新人作家がいっぱい。
この先も楽しませて頂けそうで、期待大です。

スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

【青春小説】いいですね。なんとなく甘酸っぱい感じがして。今はなかなか小説は読んでいないのですが、娘に借りて読むコミックや、実際に青春真っ盛りの息子や娘の日常に、自分の若かりし頃を思い出して、懐かしく思ったり、後悔したり・・・。かといって、もう一度生き直したいか、といわれれば、面倒だし、今のままで良いかとも思ったり。思えば遠くへ来たんだわ~e-327。何はともあれ、今年も一杯、素敵なご本を紹介してくださいねe-466

めりいさん、いつもありがとうございます。
去年の末から、接続がダウンし、今日やっと復旧しました。
そんなこんなで一年の総括が出来なかったのですが、今年も面白そうな本を片っ端から読んでいきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。