スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本屋大賞

今年度の本屋大賞が発表された。
こういう結果↓だった。
大賞     『ゴールデンスランバー』   著/伊坂幸太郎
2位 『サクリファイス』   著/近藤史恵
3位 『有頂天家族』   著/森見登美彦
4位 『悪人』   著/吉田修一
5位 『映画篇』   著/金城一紀
6位 『八日目の蝉』   著/角田光代
7位 『赤朽葉家の伝説』  著/桜庭一樹
8位 『鹿男あをによし』   著/万城目学
9位 『私の男』   著/桜庭一樹
10位      『カシオペアの丘で』 著/重松清

残念ながら、2位の「サクリファイス」と10位の「カシオペアの丘で」は未読なのだけど、他の作品は一応読んでいた。
大賞の「ゴールデンスランバー」は、首相爆殺犯として追われる主人公の逃避行を描いた作品。

ものすごく注目を浴びる犯罪の割に、良くも悪くも、「手に汗握る」感がないんだなあ。
首相暗殺に使われるメカとか、主人公が逃げまどう仙台市内に張り巡らされた監視装置、なんてのや、突然現れる殺人鬼とか、ほんとはかなり怖そうなのに。
追われている主人公の思索や、彼を助ける元恋人の描写に、何とも脱力させられる。
でも、破綻しているわけではなく、構成や文体は精緻なんだなあ。
多分、ハードボイルド系の作家が書くと、全く違う作品になるんだろうけど、その手の作品だと思って読むとスコンとはずされる。
このあたりが伊坂さんらしいって言うのかな。
個人的には、今文庫で出ている「死神の精度」や「週末のフール」の方が好きだけどね。
この作品も映像化されるんじゃないかしらん?と思う。
映像クリエーターの触覚をくすぐるものがあるんだなあ、伊坂作品には。
でも、正直、本屋大賞がこれを選ぶとは思わなかった。

私が「これでは?」と予想していたのは、

一本一本の映画に関わるストーリーが並んだ短編集。
なんて言うと「ありがち」だけど、全てが「ローマの休日」に集約されていくところは、さすがに「上手い!」。
それに、ストーリーのキーになる映画がどれも結構渋め。
「ほお、この作品ですか」と、意外に思いながら読み進めることになるのだけど、作者の映画への愛が随所に感じられる。
読後感がいいから、本屋大賞向きかなと思ってたんだけど、ハズレでした。

どれも書店員さん達が推している本だけあって、好き嫌いはあっても、「ちぇっはずしたぜ!」という徒労感は少ない。
打倒直木賞!が目標らしいけど、直木賞作品よりは取っつきやすいし、読みやすいと思うよ。
もちろん、それだけが作品の長所じゃないから、直木賞はどんどんコアな、新しい才能に賭けて欲しいけどね。

でもまだ森見さんや万城目さんが候補に上ってないあたり、直木賞より本屋大賞の方が、読者の好みに遙かにvividですね。
「売りたい」本に授賞する賞だから当然だけど。
森見さんの「有頂天家族」は、森見作品の中では一番の好み。
タヌキの家族愛に泣けますぜ!
有川浩さんの「阪急電車」も入って欲しかったな。あ、来年かな。
阪神電車やJR沿線の人も、大阪・神戸在住の人は、読むべし!です。
大阪・神戸を離れた人は、望郷の念断ちがたくなるでしょう。




スポンサーサイト

テーマ : 気になる本をチェック!!
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

どれもお面白そうですよね

今年の『本屋大賞』やはり、取り上げてくださいましたね。danchingwolfさんの切り口を楽しみにしていました。
それに、『阪急電車』って、どんな内容なんでしょ。阪神沿線住人としましては興味深々でございます。今度本屋さんに行くのが楽しみです~☆

めりぃさん、きっと「阪急電車」には興味持たれると思ってました。
ひとつひとつの停車駅と、その間に起こるラブロマンスやささやかな事件が、とってもハートウォーミングですの。
一件関係のない乗客がひとつひとつの事件に関わっていて、なるほどねぇという感じ。
私は登場人物の女性ほぼ全員に共感を持ちました。その点も評価高し、です。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。