スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書日記

他人様の読書日記を読むのが好きだ。
自分のアンテナだけで本を選ぶと、いつも同じようなジャンル、同じ作家さんのものばかりになってしまう。
それはそれでもちろん楽しいのだけど、たまには新しい出会いが欲しいもの。
というわけで、今回選んだ読書日記は、今期の直木賞作家・桜庭一樹さんの。

いやあ、さすが作家。
凄い読書量。
しかも、今をときめく売れっ子で、いくつも新作やらインタビューやらを抱えながら、よくまあこれだけ読めるもの、と驚嘆してしまう。
ご本人がミステリ作家だから、もちろん、ミステリが多いけれど、時々「コクトー詩集」なんてのも出てくるし、「へ?何故こんな本を?」と、首をひねるような本も登場する。

とても共感したのは、出会った人に必ずお薦めの本や映画を聞くと言うところ。
自分の選択だけだとどうしても偏って狭まってしまうから、と。
分かります、分かります。
それから、新しい本ばかりではなく、ぜったいに古い本を読むということも。
新刊本には確かにその時代時代の特性が表れるけど、時代が同じというのも世界を狭める感じがしますもんね。
私も時々、ミステリだと、何故か急にアガサ・クリスティが読みたくなったり、する。
シェークスピアを突然開いてみたり、ね。

ものすごく羨ましいのは、新宿在住で、本屋さんが近いこと。
紀伊国屋にスタスタ歩いていけるって素敵。
おまけに、いったいこれほど大量の本をどこにしまっておけるのだろうか、この方は。
本文によると9畳くらいの1ルームとあるんだけど、この読書日記に掲載されている本だけで、埋もれてしまいそうですぜ。
私の本棚は目下三棹。
ずっと二棹で我慢してきたけど、今の家に越して増やした。
それでも、もう入りきらない。
縦にしたり、横にしたり、ギューギュー押し込んだり、とかなり悲惨なことになっている。
なので、新刊本はなるべく図書館で借りたり、
買ってもAmazonで売っぱらったり。
それでも、やっぱりどうしても買ってしまう物があって、その分何かを減らさなくてはならず…頭痛のタネ。
読書家の皆様はどーしてるのかしら?
私の夢は、田舎屋の蔵の中を一面本棚にして、夏の暑い日も座り込んで涼しい中で、思い切り本を読みふけること。

それはさておき、この読書日記のおかげで、「お、これは」と目を留めた本が数十冊。
(紹介されている本は、優にその3倍はあります)
ふふん、読破するのが楽しみだなー。
あと、作家の生態をかいま見ることができるのも楽しい。
美味しそうなもの食べてらっしゃいますわねというのは羨ましいけど、
新作のために、ひき籠もるのは鬼気迫る。
食べず、読まず、人と会わず……創作の神が降りてくるのを待つ。
なるほど、これが作家ね、と思わせてくれる。
そういう作家が、その人なりの「ワールド」を作っていけるのですわね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さすが、でございますね!

読書日記を書かれる桜庭さんも凄くていらっしゃるけれど、それを読んで『読んでみたいっ!』と思われるDancingwolfさんも凄くていらっしゃいますっ!以前、田辺聖子さんがエッセイの中で『本を読むことが好きでなければ書く事は出来ない・・・。』みたいに仰ってましたが、本当なんですねぇ~。【書く人】は凡人を遥かに超える読書量でいらっしゃる、と改めて感心した次第でございます。m(U_U)m

イヤイヤ、私の読書量なんて、しれてます。特に、最近は長編小説を一気に読み通す体力が無くなってきました。昔は哲也で読んだりしたもんですけどねぇ。今はそんなことしたら、翌日が大変なことに。
でも、確かに、何かを書きたい人は、読みたい人でもあると思います。
これからももちろん、どんどん読み続けます。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。