スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奧さまはつらいよ

「人の体って、わかりやすくできている(中略)指先、毛先、かかとといった体の末端は、きっと何かのセンサーなのだろう。乾いたり、ごわついたり、その人の心の状態をあっさりと伝えてしまう」
うんうん、そうですよね。
ここのところ、手先の荒れが気になる私ゆえ、納得。

こんな風に考えている主人公は、ネイリストで、自分の店を持っている。
でも、本人いわく「デブでブスで、雑誌に出てくるネイリストとは大違い」。
そんな彼女の店を訪れるのは、ネイルなんかしたことがないという50代以上のお客がほとんど。
彼女たちに、今までしたことがない爪のおしゃれを提案するのが楽しいという主人公は、心優しくて、働くことに誇りを持つ素敵な女性だ。
この人の、何かを諦めた、でも人生を諦めたのではない淡々とした生き方が潔くて、愛しい。

夏石鈴子さんのこの短編集↓には、そんな女性(主に奧さま)が多数登場する。

子供のいる人、いない人、働いている人、いない人……それぞれ違うけれど、立場は同じ。
みんな「奧さま」。
この本に登場する「奧さま」には、不倫している人も、韓流ドラマにはまりこむ人も、三食昼寝つきでお気楽に暮らしている人もいない。
おおよそ、日本のマスコミや男達が「気楽だよな」とひとくくりにする「主婦」とは縁遠い。
彼女たちは、ごく普通に家事をし、子供の面倒を見、時にはパートに出、PTAの会合に出席する。
おしなべて「普通の奧さま」。
なんの苦労もなさそうでいて、その心の中にはいろんなものが渦巻いている。
どうしてこんな事も出来ないのか、と我が子に絶望する母。
無神経な姑の言動に怒りをため込む嫁。
いかにもごくありきたりな状況だけれど、彼女たちの心のつぶやきに、ついつい頷いてしまう。
みんな、頑張って生きてるのよ。そうだよね、と。

作者の夏石さんは、後書きの中で、だいたいの人は苦しみ悲しみがあっても、それを外には見せない、とりあえず何かあっても、外からは普通に見せるのが人間の才能だと言っている。
だから、この物語の主人公達は、みんな「普通」なのだ。
だけど、物語の中で、彼女たちは「逆襲」する。
そうしないと、誰も主婦の言うことを聞いてくれないから。
作者にとって主婦とは「雄々しい人」で、「たった一人で自分の全てを家族に差し出している善意の人」だそうだ。
日頃は自分が「主婦」であることをあまり意識したことがない私も、この言葉に「そうだよねぇ」と、とーっても共感する。
夏石さんの、この視点が物語を貫いているから、主人公達は皆愛しい存在で、「がんばれ同士よ」と、肩など叩きたくなるのだ。

結婚してなくても、主婦でなくても、子供がいなくても、この主人公達をきっと好きになるはず。
私はしばらくぶりに、ほっこりした爽快感を味わった。
この作品に感謝しつつ、女性の皆様にお勧めします。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

私の周りの『奥さま』たちも、毎日一生懸命フツーに家事をしフツーに子育てしていらっしゃいます。
でも、ゆっくり話してみると、それぞれいろんなことを抱えながらそれを振りかざすことなくもくもくと日々前に進もうとされていたりします。
そんな女性たちが、実は社会をしっかり下支えしているのかもしれませんね。
面白そうな本の紹介、ありがとうございました。e-466

いつの時代も生きていくのは大変だけど、弱音を吐かずに頑張っている女の人って多いですよね。
きっとこの本には共感して頂けると思いますよー。お勧めします。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。