スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブコメ気分3~猟奇的な彼女~

こちらはかなり前の作品です。
私、韓流ドラマはダメなんですけど(ペ・ヨンジュンとか、どこがいいのかちっともわからないーーなーんてこと書いたら、ファンのおばさまたちに叱られそうだけど、多分このブログの読者に韓流好きな人はいないと見た、証拠はないけど)、韓国映画は好きです。
このところ、邦画も好調ですが、韓国映画はその前から話題でしたよね。
当時の金大中大統領が、映画産業の保護と育成に国として取り組んだ成果かもしれません。
小泉首相も、どうせミーハーなら、映画産業に力を入れて欲しいものです。

話を戻して、
この「猟奇的な彼女」は、公開当時、かなり話題を呼んだ作品。
ぐうたら大学生のキョヌは、小心な男。
理想のタイプの彼女を電車内で見かけるけれど、その彼女、ぐでんぐでんに酔っている上に、年長者に席を譲らない若者にケンカを売ったりするような無謀なタイプ。
なのに、何の因果が、酔っぱらった彼女を介抱する羽目に。
そんな出会いがたたったのか、彼女に呼びだれては無理難題を押しつけられ、逆らおうものなら、すぐビンタされ、殴られ、いつもヨロヨロ。
もちろんキス一つさせてくれるわけじゃなし、そのくせ他の女の子をナンパしようものなら「殺してやる」と言われ、逃げまどうキョヌ。
でも、そんな二人の関係に終止符を打つ日がやってきた。
それは・・

ってなストーリーで、うん、なかなかお茶目で、最後はほろっとこさせる正統派ラブコメです。
やっぱやるよなあ、韓国。
他にも話題の映画がいっぱいだし。
目が離せないかも。

ちょっと前までは香港や台湾の監督がいいラブストーリー撮ってたんだけど、人気が出るとハリウッドに行っちゃうんだよねー。
そうそう、ラブコメ気分2で取り上げた「メイドインマンハッタン」の監督はウェイン・ワンでした。
そりゃああの監督なら、出来がいいはずと改めて納得。
映画って、監督の力がやっぱり大きいなあ。
がんばれ、日本の映画監督! (もっとも、今は日本の監督も負けてないようですが)

スポンサーサイト

テーマ : 韓国映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。