スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いや、すごいよQちゃん!

いやあ、ついつい見ちゃいました、東京国際女子マラソン。
最初は、昼食の時に流してただけだったのに、後半網画面に釘付け!
走ってる、走ってる、高橋尚子が、トップを。
2年前失速した坂道の前からググーッとスパート、一気に並走していたライバルたちを置いてきぼり。
素晴らしい!

日頃、そんなにスポーツに熱くなれないのだけど、
(アンチ阪神だし(^^;)、野球はオーナーたちがみんな欲丸出しのイヤな顔してるし、サッカーは日本選手にイライラするし)
女子マラソンはついつい見ちゃう。
あの小さな体で、短い足で(失礼、だって周りの白人、黒人の足の長さったらねぇ)、コツコツぐいぐい走っていくランナーたちの、過酷な訓練や忍耐力を想像すると、
「えらい、よくやった!」と言いたくなろうってなもんじゃありませんか。
有森さんが「自分をほめてやりたい」って言ったときには、深くにももらい泣きしてしまいましたもん。
もちろん、今回のQちゃん、激賞もんです、立派です。

本番前、Qちゃんの高地トレーニングの様子がTVで放映されていました。
2800~3500mの高地を走るんですぜ。
登山したことのない方、高地へ行ったことのない方にはわからないでしょうが、3500mって、ほんっとに空気ないですよ。
私は3500mのチベットへ旅行しただけで、高地の空気の薄さを実感したので(常人は、日常生活だってできません)、その苦しさがいかほどのものか、ちょこっとだけ想像はできます。
あそこをマラソンのピッチで走る・・考えただけでも恐ろしい。
舗装されていない道をも、息を切らせ必死になって走っている姿に心打たれました。

結果は努力についてくる・・
私たちが信じていたこと、そして今忘れそうになっていることを思い出させてくれた高橋尚子選手に、素直に賞賛を贈りたいと思います。

努力・・しなくちゃねぇ



スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

私も見ました~!
35キロ地点から飛び出た時、後ろの二人が
もったりとした走りに変わってきたのとは対照的に
Qちゃんの走りは、驚くほど軽やかでした。
最後、ゴールしてからの余裕がすごいですよねー。
いろんなプレッシャーがあることでしょう。
柔ちゃんといい、好き嫌いなどを超えたところで
感動をしますね。
なんていったって33歳!スゴイっす!
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。