スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベストセラー小説を書くには

このブログの読者の方の中には、小説やシナリオなどを書きたい方もいらっしゃるので、そうした方々にオススメ。
ディーン・R・クーンツの「ベストセラー小説の書き方」(朝日文庫)。
クーンツは、ご存じの方も多いだろうけど、スティーブン・キングと並び称される、アメリカの売れっ子作家です。
「ウォッチャーズ」とか「ストレンジャーズ」などの作品で名高い。
ちなみに「ウォッチャーズ」は、私の大好きな「わんこ」の話なので、ハラハラドキドキ時に泣きながら読みました。
(ちなみに私は、人間がどんなに残虐な目にあったり、悲恋で死を遂げたりしても--タイタニックとかね--ちっとも涙がこぼれない冷血人間ではあるが、犬が苦境にたったりした日にゃあ、もう駄目です。涙ボロボロ。南極物語は、ストーリーより、タロとジロが走ってくるシーンだけで号泣しました)

話がそれちった。
で、これです、ベストセラー小説家自身が描く、「ベストセラー小説の書き方」。
親切です、この人。
きっといい人なんだろうなあ。
(作品も安心して読めます。でも、そこがキングまでイッテないところなんだろうなあ)
アメリカの出版市場の現況からストーリーラインの組み立て、登場人物のキャラクター付けなど、売れる小説を書くにあたって必要な要素を、自分の著作を使って具体的に説明してくれています。
この「具体的」というところに、クーンツの親切心が良く出ています。
巻末には、「読んで読んで読みまくれ」という、オススメ作家、作品の一覧までついてて、さんざん接待を受けたあげく、「まあまあ、おみやげまでご丁寧に」という気持ちになります。
もちろん、アメリカの市場を意識したものなので、日本にはそぐわなかったりするところもありますが、「物語を書く」という本質は同じ。
「私は何も売れる小説なんか書きたいわけじゃないのよ」というへそ曲がりな人も、一度読んでみて損はない。
「小説作法」とか、「小説家になるには」とか言う本は多々出ていますが、これほど売れている作家が、懇切丁寧、具体的にメソッドを公開してくれるのは他にないのではないかと思います。
(売れてない作家に、「売れっ子作家になるには、って書かれてもねぇ・・信憑性ありませんが)

「んじゃ、あんた、これ読んで売れっ子になるようなものかけたの?」
って聞かれちゃあ困りますが(聞くな!そんなこと)、読んだだけで書けりゃあ苦労はしないわけで・・(^^;)
でも、間違いなく、「小説書きたい人には読んだ方がいいよー」度 100%

私、この巻末で「死の接吻」「ローズマリーの赤ちゃん」のアイラ・レヴィンの復活作「ブラジルから来た少年」を知り、それだけで、この本を買った甲斐があると、クーンツに感謝しました。
「おまけが付いてて二度おいしい」度も100%を差し上げましょう。

お近くに大きな本屋さんがない方(多分、大型書店でないと入手困難でしょう)、すぐ読みたい方はこちらからどうぞ↓(レイアウトがおマヌケでごめんなさい)






スポンサーサイト

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。