スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説の妙味

たとえば、宮部みゆきさんの「模倣犯」のような分厚い小説を、おこたの中でコーヒー片手にガンガン読みふける、というのは「本読み」の醍醐味だけど、いろんな人の短編を集めた本を、電車の中や待ち合わせの喫茶店や、歩き疲れて座り込んだカフェで取りだして一編ずつ読むのも、これまたいいもんです。
「次はこれかなあ、これもおいしそう。でも、こっちから順に食べようかなあ」なんぞと、高級生チョコレートの箱詰めの中から、お気に入りのを一つずつ選んで食べてみるような楽しさ。
興味はあるけどまだ読んだことがないとか、話題だけどちょっと取っつきにくいだとか、「人見知り」していた作家さんに、気軽に触れられるのもいい。
「へええ、この人こんなの書いてたんだー」
「前の作品は苦手だったけど、これは好きかも」
なんて、見方も変わったりする。
短編の名手、という人もいて、15pくらいの作品に、ほろりとさせられたり泣かされたりもする。
そういえば、向田邦子さんも短編の名手だった。
今は、平安寿子さんがオススメかな。
一般的に人気が高いのは江國香織さんだろうか。
朱川湊人さんもいい。
古くは阿刀田高さんとかね。
小川洋子さんは長編も素敵だけど、短編の手触りというようなモノもとても味わいがあって、小川ワールド健在って感じがするし。
というわけで、今回のオススメはこれ。
宮部みゆき、唯川恵、熊谷達也、絲山秋子、平安寿子、朱川湊人、奥田英朗、高樹のぶ子、小川洋子・・もうこれでもかと言うくらいゴージャスな執筆陣がそろっている。
書き下ろしではないので、ファンなら「あ、これ読んだ」というのも多いだろうけど、読んだことのある作品でも、こうしてまた別な作家さんの中に入っていると、違う趣で読めたりします。
なんか新鮮。
今日もベッドの中で、お気に入りの一編を読んで眠りにつく。
うーん、「本読み」って楽しい。

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

うっ、うわー!

コレはすごいかも!!
小説雑誌より価値がある!!
・・・今から、正月ごろごろ用の本を
ピックアップしております。
31日にワクワクしながら本屋さんを訪れる予定です。

いいですねー。
20代のころは、短編ばっかり読んでました。
阿刀田さんの初期の作品が好きでした。
今回の紹介していただいた短編は、やはり若い方ばかりですね。私が読んでいたのは昭和20年代の空気がただよう短編ばかりだった(角田喜久雄とか入っちゃってるような)ので、最近のものもキチンと読まなくちゃ!
年末年始の読書はいいですねー。
私もなにか本棚から引っ張り出して見ます!
また来年も宜しくお願いします♪

このお正月はみなさんいい本と出会えましたか?
私は帰省先への新幹線の中で読みふけりました。
阿刀田さん、私も好きでした。
「ナポレオン狂」おもしろかったなー。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。