スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始に読んだ本

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくおつきあいくださいませ。

さて、年末年始。
大掃除だの、年賀状書きだの、帰省だのと大忙しの中で読んだ本。
「Bランクの恋人」 平安寿子
「獣たちの庭園」 ジェフリー・ディーヴァー
「つゆのひぬま」 山本周五郎
「恋愛生活~彼女が決めたこと~」 真野朋子
「隼新八郎御用旅」平岩弓枝
ってなところ。
持ち運びに便利な文庫本が主体になった。

なんかまったく脈絡なし。
でも、こういう「乱読」が結構好きだったりする。
お気に入りは次の二作。


いかにも平さんらしい作品で、かなり好き。
そういや、書店で見たら平さんの「グッドラックララバイ」が何やらのランキングで一位になっていたっけ。
今頃気づいたか、あの魅力にってかんじですが、実は「グッドラック~」は、登場人物が実はそれほど好きになれない。リアルすぎて。
もちろん、そのリアルさがおもしろさでもあるんだけど。
こちらの方が私の好みには合ってる。


、どんでん返しの職人・ディーヴァーが初めて挑んだ歴史サスペンス、とやら。
さすが、ディーヴァー、期待を裏切らない。
ベルリンオリンピック当時、ヒトラーと第三帝国の凶器に引きずり込まれていくドイツの様子が痛ましくも悲しい。
悲惨さを強調しない冷静な筆致がいい。
ナチス交換暗殺の指令を帯びた殺し屋が主人公なんだけど、このキャラクターがいいんだよね。
有能なのにどこかロマンチストでヒューマニストで。うーん、惚れる。

さて、今年はどんな本に巡り会えることか。
まだ見ぬ出会いが楽しみ、楽しみ。



スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。