スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしい本

昨日の朝日新聞に付いていたbe Extraは、おいしい本の特集。
私にとっての「おいしい本」の一番古い記憶は、小学生低学年の頃に読んだ「少女探偵・ナンシー・ドルー」。
これ、アメリカでは有名なティーンエイジャー向け探偵小説だったらしい。
内容はすっかり忘れてしまったけど、挿絵にKKKのあの覆面をかぶった男たちが描かれていたことと、それからいかにも小学生の心をくすぐる「おいしそうなメニュー」が登場していたこと。
ナンシーが普通に食べていたパンケーキやパフェなどは、その当時の私には、両親にデパートに連れて行ってもらうときにしか口にできない「ハレ」の日の特別なものだった。
デパートの特別食堂には置かれていないようなメニューも沢山出ていて、食いしん坊な私は、出てくるメニューを、こうだろうか、ああだろうかと勝手にイラストにして、切り抜いた上に色を塗ったりしていた。
うーん、今考えても、相当食いしん坊だな、私。

中学生にもなると、「赤毛のアン」に登場する、「プリザーブ」とか「マリラの作ったスモモのパイ」が、取って代わる。
プリンスエドワード島の燃えるような赤い土や、風に揺れるリンゴの木と同じくらい、マリラの台所と、そこで作り出される料理に胸が痛くなるほど憧れた。
後年、島の赤い土や、大空にのびたリンゴの木・スノーホワイトは実際に目にしたが、マリラのような台所にはついには入れずじまい。
民泊したのでキッチンに入れてもらったことは何度もあったのだけど、残念ながら、当時の古い台所を使っているおうちはさすがになかった。

大学生やOLの時にはグルメ雑誌や情報誌をチェックして、何度も話題の店に出かけた。
でも、実はそんな情報誌よりはるかに私の食いしん坊心をそそったのは、我等がおセイさんこと田辺聖子さんの一連の作品だ。
田辺さんの小説には、いつもいつもおいしいものが山ほど登場する。
主人公は必ず味覚の優れた、食べ物のおいしさをキッチリ味わえる女性ばかりで(男性も)、もちろん、それはそうでなくてはならなかった。
何たって、食べることは生きることと直結してますからね。
拒食症とか味覚音痴の主人公は、それだけで生きるエネルギーが低い。
それじゃあ、主人公としての馬力が足りないってもんです。
もちろん、田辺さんの小説の主人公は生きる能力に優れているので、当然のようにおいしいものを作ったり、おいしいものを食べに行ったりする。
田辺さんは恋愛を描いても達人だけど、食べ物の描写にかけては当代随一と言っても過言じゃないと思う。
池波正太郎さんが江戸の食を描いた達人だとしたら、大阪の味を描く匠は田辺聖子さんだ。
半信半疑な方は田辺さんの短編小説集を読んでみられることをオススメする。
わけても「春情蛸の足」は、短編のすべてに食べ物の名前が付いていて、読み終わったら絶対どれかは食べたくなること必定。

最近読み直した本の中で、思わずよだれを垂らしそうになったのは、有吉佐和子さんの「開幕ベルは華やかに」。
この作品に登場する、演出家で推理小説作家の渡なる人物は、無類の美食家なのだけれど、この作品が書かれた1982年、今から二十数年前に、イタリア製のアンチョビだの、函館で作っているサラミだの、ガルガンチュアのパンだのが続々と登場する。
ワイン好きにはたまらない。
しかもさすが有吉さんの筆だけあって、今にもオーブンからチーズを焼く匂いと音が立ち上ってきそうな気にさせられる。
あー、ワイン飲みたーい。

思い出すときりがないくらい、おいしいものが登場する小説が浮かび上がってくる。
ストーリーを忘れたものすらあるってのに、なーんでこう食べ物ばっかり思い出せるんだろう。
作家の皆様には、こういう食欲の固まりの読者のためにも、ぜひこれからも「おいしい本」を書いていただきたいものです。




スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。