スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まことに残念ですが

今日も10年くらい前に出た本の紹介。
でも、ご安心あれ。
これは文庫になって出てます。
お読みになった方も多かろうが、あえて取り上げます。
天気の悪い気分の落ち込む日には良いのですよ。
なにしろこの本が出たとき、私、飛びついて買いました。
そのころ(今もだけど)、仕事で不遇が続いていた私は、この本に大いに慰められた。
えーっと、どんな本かというと、大文豪、著名作家が書いた原稿の「不採用通知」を集めたもの。
結構すごい断り文句が並んでます。
「寒い国から帰ってきたスパイ」スパイ小説家として名高いル・カレの代表作をして、
「ル・カレのことなどどうでも良かれ----将来性ゼロ」なんて言い切ってます。
「チャタレイ夫人の恋人」は、「ご自身のためにも、これを発表するのはおやめなさい」と断られてます。まあ、この作品は当時としては過激な物だったからやむを得ないのかもしれませんが。
ヘミングウェイも、クリスティも、プルーストも、パール・バックも断られてました。
このような方々と同じとは思わないけど、なにがしか希望が出てくるのは確かです。
要は、あきらめ悪くていいんだー、ってことですね。
これらの断り文句でめげて、これらの作家がどこにも作品を売り込まなければ、私たちは「オリエント急行殺人事件」も読めず、「大地」に感動することも出来ず、「白鯨」の映画を見ることも出来なかった。
うーん、考えてみると恐ろしい。

大家と呼ばれる人たちだって、挫折はした。
いわんや小人においては・・
ってことで、元気出してPCに向かいましょう。
これを読んだあなたが勇気を出し、いつか売れっ子作家になったら、「あとがき」の謝辞に私の名前を入れてくれてもよろしくってよ(^^)
参考まで、こんな本です。↓

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

どこかの書評で読んだことがあります。
珍獣さんは、どうしてこんなに興味を持ちそうなものを
紹介するのでしょう。常に欲求不満状態だワ。
こりゃ、読みたいです!
珍獣さん、私が珍獣さんのお名前を出すことは夢の夢ですが、逆はお願いします!あとがきの片隅に書いてくださいね♪

いえいえ、あきえもんさんのパワーに期待してますよ!
アカデミー賞の授賞式などを見ていて思います。知り合いがあの舞台に立って、名前を出して、「thank y you」なんて言ってくれたら、最高!って。これまたすごい夢というか妄想ですが。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。