スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ってました!伊良部~~町長選挙~~

待ってました!デブのハチャメチャ精神科医・伊良部登場の第3弾!
前作「空中ブランコ」では、巨デブのくせにサーカスで空中ブランコ乗りになってみたり、「金王神社」の表示に余計な点を加えてみたり・・と無茶してくれてますが、今回もやってくれます、さすが伊良部。

4つの短編からなる本作、そのうちの3本は、どこからどー見ても実在の人物をイメージしたもの。
日本一の人気球団のオーナーで、傲慢で知られるナベツネ、ならぬナベマンや
ラジオ局買収で気を吐くIT企業オーナー・ホリエモンならぬアンポンマンや
40代でも主演女優で頑張る黒木瞳ならぬ白木カオル。
ナベマンは暗闇恐怖症でパニックを起こしているし、
アンポンマンはひらがなだけを忘れる認知症?
白木カオルはカロリーオーバーを病的に恐れ、エアロバイクを漕ぐのをやめられない。
3人が3人とも、「実在の人物が(ナベツネが、ホリエモンが、黒木瞳が)、本当にこうなんじゃないだろうか?」と思わされる。
登場人物の言葉遣いや態度すべてが、「やっぱ○○そのものじゃない」とうなずいてしまうのだ。
この辺りがさすが。
私達が実在の人物に対して持っている思いこみを奥田英朗さんは見事にすくい上げているのだなあ。
でも、ホントにナベツネがこんなにカワイイじいさんならジャイアンツを応援するだろうし、
ホリエモンがこんなに愛すべき人間なら、同情の余地はあるし、
黒木瞳がこんなに自分と同じ悩みを抱えてるなら、「プリマダム」は力を入れて見る、だろう。

しかし、実在の人物をサカナにこんな小説書いちゃうなんて、ちょっとずるいぞ、奥田英朗。
今回も見事に伊良部にやられちゃった読者は、やっかみ込めて思うのでした。







伊良部登場の作品ラインナップ。
どれを読んでも笑えます。
松尾スズキが伊良部を演じてる映画もあり。
こっちも注目。
スポンサーサイト

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。