スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島崎今日子さんの本

欧米にはよく知られたインタビューライターという人たちがいるそうだけれど、日本にはまだまだ、「この人がインタビューしてるからおもしろそう、読んでみよう」という人は少ない。
島崎今日子さんは、その日本では希有なインタビューライターだと思う。

実はこの方、友人の友人でして。
何度かお会いしたことがあるのだけど、ひょろっとしたスレンダーな体で、さらさらっとした大阪弁(大阪弁って通常は結構こってりしてますが)をしゃべり、なのに存在感があるという人でした。
オススメしたのはもちろん、友人の友人だから、という理由ではなく、インタビューする相手に当てる照明のようなもの(その人のその人らしさを一番表している部分)の角度がとってもいいことです。
島崎さんにその照明を当てられると、くっきり人物の陰影が浮かび上がってきます。
それは、インタビューされる側にとっては嬉しいことだったり、困惑することだったりするかも。
有名になって、インタビューされるとしたら・・ちょっとコワイかも。
精神の贅肉とかが映し出されてしまったらたまりません(もちろん、それを暴く、という人ではないんだけど)
「きゃー、そこには照明あてないでー」って感じかな。

お薦めの本は「この国で女であるということ」
アエラに連載された「現代の肖像」を集めたものです。
ここにもきらびやかでゴージャスな女性たちが登場しますが、今までその人に持っていたイメージが変わるかも。
それも照明の当て方、なんでしょう。
きゃー、マーケットプレイスではこんなに安くなってるのね。
びっくり。お買い得かも(^^;)



スポンサーサイト

テーマ : **本の紹介**
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。