スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

的確な書評~~きみがくれたぼくの星空~~

私はあまり書評を指針に本を選ぶ方ではないのだけど(斉藤美奈子さんは別よ)、朝日新聞の書評欄は割合参考にしている。
で、今日の書評は角田光代さんの「きみがくれたぼくの星空」

イタリアの作家の作品である。
深い知性の持ち主だが、皮肉屋でニヒリストの主人公は、老人ホームで暮らす孤独な老人。
子供をまだ幼い頃に事故で亡くし、その傷はまだ剣のように心に残っている。
物理学者として、世紀の大発見をする一歩手前で、その夢を砕かれ、以後天文学者となり、妻亡き後ついに脳血栓で倒れて、車いすで、おむつをつけ、介護をしてもらって暮らすことになる。
同室の老人も、ホーム内の老女たちも介護士も、訪れてくるボランティアも嫌いで、何かというと「クソッタレ」という言葉話浴びせかける偏屈な男。
そんな主人公が、80才にして、75才の老女と恋に落ちる。
かくして、訳者も出版社もこの小説を「究極のラブストーリー」という。
でも、角田さんは、「これをラブストーリーとくくってしまっていいのか?」と疑義を唱える。
「ここに描かれているのは、恋愛でも死でもない、人がその生を生ききることだと思えて仕方がない」と。

この書評に興味を持ったので、早速図書館へ車を走らせた。
一冊だけ在架しているというのが図書館のサイト検索でわかったからだ(いやあ、こういうシステムは便利ですねー。ホント。これでPCから予約までできれば言うことないんですが)。
で、早速読んでみて
私もまったく角田さんの評する通りだと思った。
初見は、老人施設内の話でもあり、ちょっと「君に読む物語」みたいな感じかな、と思ったのだが、これはそうしたラブストーリーとは違う。
この本の中で一番心に残ったのは、次の一節だ。
「(略)それを証明する夢を夢を一生持ち続けた人は、たとえそれが証明できなかったとしても、大きな夢を捨てなかったと言うことだ。そのために生きるに値するような、そしてそのために語るに足る人生を送るような、そんな夢を」
角田さんの言う「人がその生を生ききること」を端的に表している一節だと思う。

同業の作家の書く書評って、実はあんまり好きになれなかったりするが、角田さんは作家というより、本当に本が好きな「本読み」としての視点があって、そこへもってきてもちろん作家としてのボキャブラリーが豊富なわけで、こういう物語にめぐり逢う機会を与えてくれる。
ありがたや、です。
スポンサーサイト

テーマ : 本の中にあるいい言葉
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

まったく同感です。

私も朝日新聞の角田さんによる書評を見て興味をもち、図書館で同書を借りて読んでみた者です。私もまったく同意見で、これをラブストーリーとして括ってしまうのはもったいない! と思います。タイトルもなんだか安っぽい気がするし・・・。

dancingwolfさんがご指摘された一節をはじめ、さまざまな人生の局面を印象的なフレーズで表現されており、この作品をとても気に入りました。(手元に置いておきたくなったので近々購入しようかと考えています) 翻訳もまた良かったのかもしれません。村上春樹が翻訳したアメリカ小説に似た雰囲気があるなぁと思いました。

本当に、これをお涙ちょうだいのラブストーリーに格下げしてしまうのはもったいないと思い(笑)、同意見としてコメントさせていただきました。。。

朝日の書評は私もよくチェックしています。ちなみに今週の書評で気になったのは「柘榴のスープ」というイランの小説です。早速、図書館に予約を入れてみようと思います。

reireiさん、コメントありがとうございます。
そうですね、翻訳の雰囲気もとても良かったと思います。
出版社はどうしても<売りやすい>方法で帯を付けたりしますが、時々、「違うよなあ」と思うことがありますね。
これはその一冊だと思います。
少なくともreireiさんと私、二人は、角田さんの書評で、その点に気づいたわけで・・(^^)、書評の成功事例だと改めて思いますね。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。