スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芥川賞作家?直木賞作家?



この吉田修一氏という作家は、確か何年か前に、芥川賞を受賞してるのですよ。
なので、不勉強な私は「あ、ジュンブンガクの人ね」と、頭から決めてかかってたのでした。
しかし、タイトルが「初恋温泉」でしょう?
あまりにも「ジュンブンガク」の匂いがしないので、手に取ってみたのでした。
ウン、全然その手の匂いはしない短編小説集でした。
伊豆だの東北だの京都だのの温泉に来ている男女を中心に描かれる恋模様やら家族の葛藤やら。
さすがに大人の作家だけあって、そこにはほのかな苦みやちくっとする切なさが。
お湯にたとえて言えば、別府温泉のような硫黄臭が濃い温泉ではなく、さらっとした無色透明な伊豆あたりの温泉って感じでしょうか。
しかし、この作品の書き手が芥川賞作家って・・やっぱりわかんない。
芥川賞と言えば、文学に疎い人でも知ってる有名な賞ですが、受賞したら私のようなお先走りの人間には「ジュンブンガクの人」と思われて、かえって手を出されないというリスクもありますね。
もらった方も「なんで芥川賞?」とか思わないのかなあ。
そう思っても、なかなか辞退はしないものなんでしょうが。
(もちろん私だって作家だったらいただけるものはいただいておく(^^;))
スポンサーサイト

テーマ : 書籍紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。