スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気軽に読めるうつの本

著者の細川貂貂(てんてん)という人は、レディスコミック誌でイグアナの漫画を書いていた漫画家さんである。
漫画と言っても、どちらかというと癒し系というか、脱力系というか、シンプルなイラストっぽい作風で、書いてる内容も、自分が飼っているイグアナの話が主。
「ダーリンは外国人」とか「毎日母さん」とか(西原さんのような毒はないが(^^;))みたいな感じかな。
その漫画に「ツレ」として時々登場するのが彼女の夫。
貂貂さんのイラストからすると、優しそうでいい感じにとぼけている旦那様だった。
その旦那さんが突然専業主婦になった、とある時描いてあったので、「大丈夫なのか?それで」と、実は心配していたのだ。
だって、どう見ても売れっ子漫画家じゃないし、連載はストーリー漫画じゃなくて、4コマ系だからページ数も少ないし。
同じく「フリー」として働いている身としては、旦那さんを専業主婦にできるほどの甲斐性ったらどんなものか、骨身にしみて解るからである。
(私には到底できない。恐ろしくって。学生になるのは許可したけど、バイトはしてるし)
それが、この本を読んでみて、理由が分かった。
旦那さんはうつ病になって会社を辞め、専業主婦になったらしい。
これは、「ツレ」さんが、うつ病を発症する前の段階からの1年間を、この作者ならではの漫画で描いた作品なのだ。

今の日本の社会では、うつ病患者はとても生きにくいに違いない。
社会の構造もそうだし、日本人のきまじめな性格からしても。
でも、この本の見所は、「さぞかし大変なんでしょう」と、頭から決めつけてかかるうつ病への先入観に、スコンと肩すかしを食わせるところにある。
確かに「ツレ」さんは大変だ。
そして、貂貂さんだって、もちろん大変だ。
でも、貂貂さんの作風は、さすがに癒し系。
肩肘張らずに、うつ病ってこんな風なんだねと思える。
そして、今の暮らしの中では、みんながかかる可能性がある病気だということも素直に解ってくる。
闘病ものって、あまりにも深刻すぎてなんか読むのが辛かったりする。
で、本から遠ざかるのと同時に、今その病気にかかっている人たちとも遠ざかりがちだ。
「なんか、辛そう」って。
でも、辛いけど、前を向いて少しずつ歩いていけば、自分を完璧だと思いこまなければ、やっていける病気なんだね、とこの本を読んだら思えてくる。
こういう、素直で、読みやすくて、肩肘張らない闘病もの、もっとあればいいのに。
できれば、文庫サイズでお値段も安くしてもらえれば、みんなもっと手に取りやすいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

【うつ】について

この人のマンガ読んだ事があるかもしれない・・・。娘が図書館で大量に借りてくる中の1冊だったような気がするの。
自分が【うつ】だから過敏になっているのかもしれないけれど、【うつ】に限らず、【心の病】に対して、まだまだ世間の認識って低い気がする。(かく言う私も自分が発症するまでは無知でした)
マンガという形をとられているけれど、【うつ】や【心の病】に対して理解を得るのに、とてもいいなぁ、と思います。

今日の朝日新聞(東京版)で、この本のことが紹介されていました。
旦那さんの写真も写ってましたが、確かに外面からはうつ病で苦しんでおられることなど想像できないタイプでした。
他人からはわかりにくいこと、なかなか他人に言いづらいことだから、こういう本に出会うことで、うつ病を理解する最初のアプローチになるかもしれないですね。
すくなくとも、言ってはいけない言葉や、無用な励ましを知るだけでもいいと思います。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。