スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しく美しいおとぎ話「トンマッコルへようこそ」

公開中の映画・「トンマッコルへようこそ」を、夫と一緒に見に行った。
宣伝を見たときから絶対見に行こうと決めていた韓国映画だ。
さすがに良いよ、韓国映画。
泣かされる、とは思っていたけど、やはり。
隣で見ていた夫は、途中から、「えぐっえぐっ」と泣き始め、終わったときには、頬には目の幅涙の跡が。
そこまで泣くか。
まあ、気持ちは分かるけど。

トンマッコルはとんでもなく山深い奥地の小さな小さな村。
時は朝鮮戦争のまっただ中、北朝鮮の人民軍と、韓国とアメリカの連合軍が血で血を洗う戦いを繰り広げている。
なのに、この村の人たちはみんな、どこかネジでもゆるんでるんではないかと言うくらいお人好しで、勤勉で、優しい。
この奥地の村までは戦火は届いていなかったのだ。
しかし、連合軍のアメリカ人大尉の乗った飛行機が、村のはずれに墜落する。
続いて、人民軍の生き残りの3人と、連合軍衛生兵と脱走兵が、それぞれ相次いで村へ落ち延びてきた。
もちろん、出会ったが最後、互いに殺し合う定めの兵士たちである。
ところが、この村の住民は、兵士たちの恐怖も、銃の怖さも、まったく知らない。
「なんだか、気の立った連中が来たなあ」くらいの感覚で、銃を向けられながらも、畑を荒らすイノシシの心配をしているくらいなのだ。
当然、兵士たちも拍子抜け。
しかも、彼らのせいで村の食料が亡くなってしまったこともあり、彼らはしばし休戦して、収穫作業を手伝うことになる。
豊かな自然、疑うことを知らない純朴な人々とのシンプルな暮らしに、それぞれ心に傷を負った兵士たちも、少しずつ癒されていく。
そして互いに友情が芽生えた頃、アメリカ人飛行士を探し、物資の安全な輸送路を確保するため、連合軍が兵士を差し向けてきた。
このままでは、このトンマッコルが、連合軍の攻撃の対象になってしまう。
村を守るために、兵士たちは互いの立場を超えて立ち上がった。
しかし、たった5人の兵士たちが、強大な連合軍の飛行体にどうやって立ち向かうのか。
その結末は・・

というようなストーリー。
夫は、「元々南北に別れることになったのも、その前の戦争のせい。日本に大きな責任があるのに、この戦争の頃は、せっせと武器を作って戦争特需で経済成長してたんだもんなぁ。見てるのが辛かった」と言う。
うん、それはそう。
でも、私がこの映画を見てずっと思っていたことは、「文明の利器」や「進歩」や「発展」と私達が呼んでいるものは、人を幸せにしないということだった。
もちろん今の世の中、こんなに美しく、争いのない、牧歌的な村は、おとぎ話の中にしか存在しないだろう。
けれど、人間はずっと、トンマッコルのようなシンプルな営みの中で、互いに支え合って生きていくことを学んできたはずなのだ。
他人よりも先んじて、他人よりも豊かに、他人よりも優れていると思われたくて・・そんなさもしい現代人の価値観が、いかにつまらないものか。
この映画はそれを教えてくれる寓話だと思えた。
夫の言うような面ももちろんあって、痛烈な反米映画と見ることもできる。
いろんな事を感じさせてくれる、美しくて悲しすぎる映画。
それってとてもいい映画って事だよね。

個人的には、脱走兵のピョ少尉がお気に入りました。
しかし、韓国映画、パワーがあるなあ。
目が離せません。
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

この映画も、行きたい映画の1本です~。でも、まだ出辛いので、これもDVDになるのを今から待っています。やっぱし、良かったですか~。TVのCMでも、穏やかな雰囲気が伝わってきますもんね。楽しみに待っていようっと~♪

トラックバックしようとしたのに・・・

素敵な記事なので、ヤフーブログにトラックバックさせて頂こうとしたのですが、失敗しました。でも、この記事をコピーした形になってしまいました。申し訳ありません。またどんな風なのか、ウチのブログを見に来てください。ほんとうにごめんなさい。

メリさん、お楽しみに!ほんと、いいですよ、トンマッコル。
韓国映画は、我が家のマイブームです。
プロフィール

dancingwolf

Author:dancingwolf
FC2ブログへようこそ!
ブラジリアンダンスとブラジル音楽、本と旅をこよなく愛する「恥かき」ならぬ「物かき」です(一応(^^;))。独断と偏見と偏った嗜好でつづるブログでございますが、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。